渡辺淳一「花埋(はなうず)み」を読む

東京都雑司ヶ谷霊園に眠る荻野吟子女史 渡辺淳一の「花埋み」は感動的な小説である。この小説は日本で最初の女医になった荻野吟子(ぎんこ)の生涯を描いたものである。
 現代では女性が医者になることに何の支障もないが、荻野が育った時代には女医になることは制度的そして因襲的に不可能であった。誰もが女性が医者になるとは思っていなかったのである。
 最初の女医と書いたが、国が認めた最初の女性の医者という意味である。幕末から明治にかけてオランダおいねと呼ばれたシーボルトの娘お稲は医者として活動していたが、国が認めた正式な医者ではなかった。
 実は、正式に国が医者を医者として認めたのは明治からであった。前時代の江戸時代までは誰でもが医者になれた。明治の世になっても医者は引き続き医者でいられたが、明治政府は国の体制を形作っていく中で、医者の制度も充実させていった。まず医者になるためには、西洋医学を学び、医術開業試験(今の医師国家試験みたいなもの)に合格しなければならないものとした。この試験を免除されるのは森鴎外のように官立の医学校を卒業するか、公立の医学専門学校か外国の大学の医学部を卒業することが必要であった。それ以外の人は私学の医学塾で医学の勉強をして、試験に合格しなければならなかったのである。 荻野が医者を志したときは、医術開業試験どころか、医学を勉強する教育機関すべてが女性を門前払いにしていた。女性が医者になる道はなかったといってもよい。それでも荻野は医者になろうとした。なぜ、荻野は医者を目指したのか。

 荻野吟子は1851(嘉永4)年に北埼玉で生まれた。荻野家は名主を勤める名家であった。吟子は2男5女の末っ子で、16歳のときに豪農の稲村家へと嫁ぐ。しかし、結婚してまもなくして吟子は実家へと戻ってきた。吟子は病気にかかったのである。その病気とは今でいう淋病であり、夫からうつされたものであった。
 吟子は結局離婚をして、病気の治療のために東京に行った。西洋医学の病院として名高い順天堂病院を訪れた。そこで、吟子は屈辱的な体験をした。診察台に寝かされた吟子は若い医師たちに無理やり膝を開かせられ、局部を露出して検診を受けたのである。
 当時の医学は漢方医学が主で、漢方医学では患部を直接見ることはなく薬だけで治療をしていた。西洋医学では当然直接患部を見る。
 吟子は診察されているとき、医者が女性であったらどれだけ気が楽であろうかと思い、医者になることを決心する。
 それからの吟子は想像を超えた努力と忍耐とで見事医者になった。
 吟子は女子師範学校(現在の御茶ノ水女子大)の第1期生である。吟子はこの学校を卒業すると男子禁門の私立の医学塾に入学し、そして卒業すると官僚を動かして医術開業試験の受験を可能にしてもらった。
 吟子が医者になるにおいて、吟子の行く手を阻むものはやはり世の中の偏見であった。女性は家庭にいて、子供を生み育てることに専念し、仕事を持つなどもってのほかであるというのが世の女性を見る目であった。まして医者という地位の高いものに女性がなるとはほとんどの人が思ってもみないことであった。
 荻野吟子の功績は国の制度を変え、そして世間の女性の見方を変えたことであろう。
 医者になった吟子はだんだんと社会の矛盾に悩んでいき、キリスト教の洗礼を受けた。吟子は社会運動家としても活躍する。39歳のとき13歳年下の同志社出身の青年と結婚し、2人で理想を追い求めて北海道に移住する。しかし夢破れて夫は北海道の地で死に、吟子は再び東京に舞い戻り、1913(大正2)年、養女だけに看取られて寂しく死んでいった。吟子の結婚生活は決して幸福なものとはいえなかったかもしれない。

 「花埋み」には、明治時代の医学・教育・政治・風俗の状況がよく調べられて書かれている。また、吟子の内面もうまく描かれ、吟子の怨念みたいなものが強く感じられる。人間の魂の奥底を覗く思いがする。
 「花埋み」は荻野吟子という偉大なる医者そして荻野吟子という女性を描いた名作であり、そして名著である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


 写真は、東京都豊島区雑司ヶ谷にある荻野吟子墓所です。

花埋み (集英社文庫)花埋み (集英社文庫)
(1993/03/19)
渡辺 淳一

商品詳細を見る

テーマ : 科学・医療・心理 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 花埋み