立花隆・利根川進「精神と物質」を読む

 いつの日か、精神の領域が物質レベルまで下げられて、説明されるのが可能になるのではないか。いい換えると心の中が科学的に読まれる日がくるかもしれないということである。昨今の脳科学そして分子生物学の進歩を聞き及ぶにつれ、脳の動きが完全に解明され、結果として心の動きまでも解明されるのではないかとつい思ってしまう。
 脳の解明といっても基本になるのは細胞であり、細胞の動きを司っているのが遺伝子というものである。細胞というのはもともとは生物学の研究領域であったが、20世紀後半になると、分子生物学という新しい学問領域が出現し、細胞とくに遺伝子(DNA)は分子生物学によって研究されている。
 分子生物学は今や生命研究の主流になり、この研究分野が人類に大きな富を提供することもわかった。分子生物学を自家薬籠中のものにするかで、その国の将来が占われるのではないかともいわれはじめた。
 分子生物学とは、細胞を分子の領域まで掘り下げて研究するものである。具体的にいうと、細胞を構成しているタンパク質、そしてタンパク質をつくっているアミノ酸の構造が何を意味するかの研究である。遺伝子の解明とはすなわちアミノ酸の構造を解明することでもある。
 20世紀後半、分子生物学は急速に進歩していった。その研究者の1人が利根川進である。利根川は1987年度のノーベル生物学・医学賞を受賞した。受賞理由は<抗体の多様性生成の遺伝学的原理の解明>であった。素人には何をいっているのか全くわからない受賞理由である。

 「精神の物質」(文春文庫)は評論家の立花隆が利根川進と20時間にも及ぶ対談をした記録である。利根川の業績、業績にいたるまでの足跡そしてなぜ分子生物学という未知の世界に飛び込んだかということが克明に記されている。ただし、分子生物学の立花による解説は、立花は高校の生物レベルの知識があればわかるといっているが、かなり難しい。それでも、立花の解説は要点をうまくとらえていて見事である。
 「精神と物質」を一読して何といっても衝撃的だったのは利根川の科学研究に対する哲学である。それはたとえば以下のような利根川の言葉によく表れている。

<まず、何より間違った実験をやるから時間がかかるのですね。科学者の研究なんてね、大部分間違ったことをやってるんです>
<ぼくもラッキーですよ。つまりね、何かを発見するということは、研究者の努力の積み重ねだけでできるというものじゃないんですね。結局、科学というのは、自然の探求のわけね>
<サイエンスでは、自分自身がコンヴィンス(確信)することが一番大切なんです>
<サイエンスというのは、最初に発見した者だけが勝利者なんです。発見というのは、一回だけしか起こらない。同じものをもう一度見つけても、発見とはいわないんです。一カ月のちがいでも、一週間のちがいでも、早い方だけが発見なんです。サイエンスでは二度目の発見なんて、意味がない。ゼロです。だから競争は激烈です>

 上のような類の発言が本書の中では到るところで見られる。そのたびに私は科学研究の世界の厳しさを思い知るのである。そして最先端で活躍する科学者たちの壮絶な戦いの姿を見る思いがした。
 特に、刺激的なことは、利根川にいわせると、

<努力すればなんとかなる>

 という言葉が単なる甘い幻想でしかないということである。努力してもほとんど報われないというのがサイエンスの世界だといっているのである。間違った方向に努力をしたら科学者は一生を棒に振るのである。それであまりにも多くの科学者が一生を棒に振るのだ。それでは、何が科学者を成功に導かせるのか。利根川はセンスと運だという。だが、そのセンスと運も偶然に支配されるとも利根川はいう。
 偶然というあいまいな中で、一位になるかその他大勢になるかの勝負に科学者は日夜挑んでいるのである。利根川は真に戦う人だけがもつ強靭な魂をもった妥協を許さない人間であると私は見た。

 「精神と物質」を読んで、立花の教養の深さそして広さに改めて驚かされた。本当によく勉強をしている人だ。この書によって利根川の業績の核心をおぼろげながらに読者に伝えられるのは立花の的を射た質問そして立花による解説にあることは疑う余地のないところである。
 立花はこの書を通じて、分子生物学も含めた世界で進行中の最先端の科学に日本人は本気になって挑戦せよといっているようだ。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか
(1990/06)
立花 隆利根川 進
商品詳細を見る

精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか (文春文庫)精神と物質―分子生物学はどこまで生命の謎を解けるか (文春文庫)
(1993/10)
立花 隆利根川 進
商品詳細を見る

テーマ : 科学・医療・心理 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 精神と物質