中村建治「メトロ誕生」を読む

早川徳次胸像  地下鉄銀座線の銀座駅の改札口を出た地下街の一角にある人物の胸像(写真)が建っている。その胸像を説明するプレートは<地下鉄の父>と紹介している。その人物は日本で最初に地下鉄を運行した早川徳次(のりつぐ)である。
 現在、大都市特に東京圏では地下鉄が交通の主役といってもよい。東京のどこにいくにも地下鉄が便利である。地下鉄があまりにも当たり前の存在になっているので、ことさら地下鉄のことを考えることはしない。ところが、日本で最初に地下鉄を通そうとしたときには一人の人間の想像を絶するような血の滲む努力があったのである。
 誰もやらない新しいことをするにあたっては気違いじみた人間が必要である。日本に地下鉄を通すにあたっても気違いじみた人間が必要であった。その人間こそ早川徳次であった。

 中村建治著「メトロ誕生」(交通新聞社)には早川が東京に地下鉄と通したときのことが詳しく書かれている。感動的な本である。早川が自分の夢・理想をどんな障害にもめげずに実現した人であるからだ。単なる経営者ではなかった。理念の人であったのだ。
 早川は明治14(1881)年、山梨県に生まれた。紆余曲折の末、早稲田大学を卒業し、後藤新平の紹介で南満州鉄道に入社する。以来生涯に渡って鉄道に身を捧げる。30代半ばで独立し、単身、鉄道と港湾に関して研究するためにロンドンにいった。はじめは港湾に鉄道を敷設することで港湾を活性化できると思っての研究であったが、ロンドンで地下鉄に乗って早川の考えは変わった。東京が最も欲しているのは地下鉄であると認識したのである。そして東京に地下鉄を通すことを決意する。当時の東京の街は拡大しつつあり、交通手段は貧弱であった。路面電車はいつもぎゅうぎゅう詰めの満員であった。東京の交通の不便さを解消するには地下鉄が一番だと早川は思ったのである。
 地下鉄を通すことを決意したものの、実際に動きだしてみるとやはり山あり谷ありの連続であった。何よりも地下鉄を作ることに理解を得られなかった。東京に地下鉄が走ることは不可能だと誰しもが思ったのである。だから、地下鉄を通す会社を起こそうにも資本金が集まらなかった。それでも早川は苦心の末、株式会社である東京地下鉄道を立ち上げた。
 山梨県人特有の粘り強さで早川が精力的に動き、政財界の大物(早稲田の創立者で元総理大臣の大隈重信もその一人)を動かし、鉄道省から認可をもらい工事に着工した。だが工事は簡単には進まなかった。何しろすべてが初めての体験であった。地下鉄を作る専門の技術者はいなかった。何度も工事は中断したがなんとか開通までこぎつけた。
 日本で最初の地下鉄は上野・浅草間で運行された。昭和2(1927)年のことである。たいへんな反響であった。開通の日、早川は号泣した。
 早川は早速、区間を延長し、区間は新橋・浅草間になった。地下鉄が交通の大きな手段になることを世間も感じ始めた。と同時に、早川の会社と競合する会社も現れた。早川の成功を見て、それまで地下鉄に批判的であった財界人が地下鉄事業に参入してきたのだ。その一人が現在の東急電鉄を創業した五島慶太であった。
 五島も東京高速鉄道の経営者として渋谷・新橋間に地下鉄を通した。五島は新橋で東京地下鉄道に直通乗り入れをさせてくれと早川に迫るが早川は応じなかった。早川と五島の確執は泥沼の様相を呈したが、最後は五島が東京地下鉄道の株を買い占めることで勝負がついた。五島が勝利し、早川は東京地下鉄道を去った。
 早川は経営者としては五島に負けたが地下鉄を日本で初めて通したという名は永遠に人々の心に刻まれた。

 早川はなぜ地下鉄を通そうとしたのか。それはひとえに人々に快適な移動を提供したかったからだ。この考えが彼の理想にまで昇華した。
 夢・理想をもった人がいかに強くそして美しいかを「メトロ誕生」は教えてくれる。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


メトロ誕生―地下鉄を拓いた早川徳次と五島慶太の攻防メトロ誕生―地下鉄を拓いた早川徳次と五島慶太の攻防
(2007/07)
中村 建治

商品詳細を見る

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : メトロ誕生