伊藤氏貴「エチ先生と『銀の匙』の子供たち 奇跡の教室」を読む

 灘校といえば誰もが知る名門中の名門である中高一貫教育の学校である。東大合格者は長い間1位で、ほとんどの生徒が東大か京大か国立の医学部に行く。
 灘校は神戸にある私立学校である。3つのお酒の会社が共同で創立した学校である。戦前に旧制の中学校として創立された。創立から灘校は優秀な学校であったわけではない。戦前は、優秀な生徒は公立の中学校に進学し、公立の中学校にいけない生徒が私立の中学校にいった。私立の中学校はいはば落ちこぼれのいく学校であった。灘校もそのような学校であった。
 灘校は昭和43年に初めて東大合格者数のトップになった。私立高校として初めてであった。なぜ灘校はそんなにも優秀になったのか。予備校みたいな授業をスパルタ的にやっているのではないかといろいろと憶測をよんだが、実はそうではなかった。灘校の生徒が優秀になるにおいて忘れてはならない伝説の国語の教師がいたのである。

 伊藤氏貴著「奇跡の教室」は灘校の国語の教師であった橋本武(通称エチ先生)のことを書いた本である。私はこの本を読んで深く感動した。本当にエチ先生みたいな人がいたのかと疑ってしまうほど、エチ先生の授業は常識はずれのものであった。
 エチ先生は明治45(1912)年生まれで、現在98歳である(数え年でいうと白寿である)。昭和9年に東京高等師範学校を卒業すると灘校の国語の教師になった。以後定年まで灘校の国語の教師を勤めた。戦争中、神戸の空襲も経験している。
 エチ先生は戦後、画期的な授業を行った。考えに考え抜いた結果の授業であった。その授業とは教科書を一切使わずに、中勘助の「銀の匙」を3年間かけて読み通すというものである。岩波文庫1冊が3年間を通してのテキストであった。なんともすごい授業である。それよりもよくこのような授業を学校が許したものである。灘校は本当に自由な学校だったのであろう。
 エチ先生は将来に渡って役に立つ授業は何かと考えてこの授業を思いついたのである。ここで考えさせられるのはエチ先生の考えに受験に役に立つという観点がまったくなかったことである。エチ先生は国語力が生きていく上での一番基本になるものと考えていた。そして国語力を身に付けるためには、優れた小説をじっくり読むことが大切だと考えたのである。その優れた小説が「銀の匙」であった。
 授業は毎回エチ先生がプリントを配り、そのプリントの設問に生徒が答えるというものである。設問はほとんど自分で調べて自分の考えを書かせるというものである。生徒たちは自分の考えや意見を述べるという表現力を自然と身に付けていった。また、エチ先生の授業は本の内容から派生していろいろと横道にそれた。ねずみ算のことが出てくると、和算のことまで詳しく話した。明治時代の子供の遊びやお菓子のことまで調べて生徒に話した。よほど教養がないとできない授業である。生徒たちは幅広く知識を吸収した。1回の授業では1ページぐらいしか進まなかった。
 授業があまりにも遅く、そして受験に役に立ちそうもないということで、ある生徒が授業の進み方が遅いと先生に質問したことがあった。エチ先生は、スピードは関係ないといい、さらに、すぐに役に立つことはすぐ役に立たなくなるといった。私にはこのエチ先生の言葉が重く響いた。まさにその通りである。
 このようなエチ先生の授業を受けた生徒たちが続々と東大に合格していったのである。教え子たちは異口同音にエチ先生の授業は世の中に出て役に立ったといっている。その教え子たちの中には東大総長もいる。

 「奇跡の教室」を読んで、教えるとはどのようなことかと深く考えた。先生と呼ばれている人たちにはぜひとも読んでほしい本である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


ブログ<名作を読む>には、中勘助「銀の匙」の読書感想文を掲載しています。

奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち奇跡の教室 エチ先生と『銀の匙』の子どもたち
(2010/11/29)
伊藤 氏貴

商品詳細を見る

テーマ : 政治・経済・時事問題 - ジャンル : 政治・経済

Tag : 奇跡の教室