澤地久枝「妻たちの二・二六事件」を読む

麻布 賢崇寺 二士二士之墓 いつの間にか、日本では歴史を論ずるものは良し悪しを判定する審判になったようだ。 歴史的事実を前にして、これは悪だと判定することが歴史の直視に繋がるのであろうか。歴史学には、本来、歴史的事実の善悪の判定など必要はないはずだ。
 現在では、日本では売春は禁じられている。売春を禁ずるのは人権上の問題でもある。その人権上の問題を歴史上でも普遍化して、江戸時代の吉原は悪だという輩もいる。これが歴史を見る目なのか。
 安政の大獄を行った井伊直弼は歴史上、悪人のように扱われている。私は子供の頃、井伊直弼は悪人だと信じていた。ところがなぜ悪人なのであろうか。為政者が反対するものを殺して悪人になるならば、織田信長はさしずめ大悪人ではなかろうか。井伊直弼は日本の近代化を推し進めた人ではないのか。
 A級戦犯容疑者になって自殺した近衛文麿も評判が悪い。近衛は軍部に睨まれても必死になって日米講和の道を探った人ではないのか。
 歴史を論ずる人が審判になったとき、歴史は歴史でなくなる。私はこのことを、特に、2・26事件を考えるときに思う。
 2・26事件とは昭和11(1936)年2月26日に、陸軍の青年将校たちが起こした革命のことである。この革命は時の天皇(昭和天皇)を激怒させ、首謀者たちは半年後にはほとんど死刑になった。首謀者たちは年齢的に30歳に近く、彼らは処刑後、テロリストとして断罪され、歴史上葬られた。
 高杉晋作も伊藤博文もテロリストであった。しかし、高杉も伊藤も歴史上では英雄と評価されている。2・26事件の青年将校たちと高杉らの行動の違いは何であったのか。その違いを解明するのが歴史を見る目であって、単に青年将校たちを悪と決めつけることが歴史ではないはずだ。 
 現在では、2・26事件のことは触れられることはない。今年(2014年)の2月26日にもマスコミは一切報道しなかった。2・26事件は戦前の恥ずべき事件として永遠に語られることはないのであろう。
 青年将校たちは処刑されたが、残されたものたちがいた。彼らの妻そして子たちであった。青年将校たちはいずれも妻帯していたが、新婚ほやほやであった。残された妻たちは若くして未亡人となったのである。テロリストとして処刑された夫を持つ未亡人たちは、事件後どのような人生を歩んだのであろうか。

 澤地久枝の「妻たちの二・二六事件」は2・26事件で処刑された将校の妻たちの事件以後のことを綴ったノンフィクションである。執筆時期は、現在から40年以上前の昭和45年頃である。2・26事件からすでに30年以上の時が過ぎている。
 この本はルポルタージュともいわれるが、私にはさしずめ重厚な奥の深い私小説のように思えた。緊張感のある文章、そして事実を虚飾なく、感情を入れず冷徹に描く手法は、私には、芸術の粋に達していると思えた。出版されてから40年以上たっているのに、色あせたところは一つもない。もはやこの本は古典になった感がある。名著の中の名著であると思う。この本は13章で構成されている。おそらく、雑誌に掲載されたものを本にしたのであろう。
 第1章は「一九七一年夏」である。青年将校たちは事件後の1936年7月12日に大半が処刑された。彼らは軍法会議にかけられ問答無用に死刑宣告を受けたのである。青年将校たちの霊は麻布の賢崇寺に祀(まつ)られた。1971年7月12日に賢崇寺で法要が営まれた。35回目の命日である。青年将校たちの遺族たち30余人が集まり、故人を偲んだ。著者の澤地はこの後、数人の2・26事件の妻たちの事件以後を追ったのである。
 すべてといってよいほど、2・26の妻たちは夫のことは口に出さず、ひっそりそして強く生きてきた。彼女たちの辛さの一つは、同年輩の戦争未亡人が私の夫は戦地で死にましたといえるのに、自分たちはいえなかったことである。夫たちはテロリストとして死刑になったからだ。
 この本で心を打たれたのはテロリストとして断罪された2・26の夫たちが、妻を愛し、短い結婚生活でも妻にやさしかったことである。ほとんどの2・26の妻たちは夫の面影を胸にしまって独身を通した。彼女たちの生活は過酷で辛酸をなめた。
 最後の章では、民間人として事件に関与して処刑された水上源一の妻のことを扱っている。水上は湯河原の宿にいた牧野伸顕を襲ったのである。この2・26の妻は夫の遺骨を離さず守り続け、夫の故郷である北海道に住んでいる。彼女は紆余曲折を経て、小さな幸福を手に入れた。私はこれを読んで思わずうれしくなった。

 2・26の夫たちはみんな真面目で心底国の安泰を願っていた。私利私欲のために行動した人は一人もいなかった。そして、2・26の妻たちは口に出さずとも夫たちのことを死ぬまで思い続けたのである。

続きを読む »

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 澤地久枝 妻たちの二・二六事件

澤地久枝「火はわが胸中にあり 忘れられた近衛兵士の叛乱 竹橋事件」を読む

旧大日本帝国陸軍近衛師団司令部庁舎 大日本帝国陸軍史上最悪の兵士の反乱は2・26事件だと思っていたが、刑死者がそれを上回る反乱があった。竹橋事件である。
 高等学校で学習する日本史の教科書では、竹橋事件の扱いは小さい。事件そのものの言及というより、その事件の結果、軍人勅諭そして教育勅語ができたという関連性の中で記述されている。
 竹橋事件というのは明治11(1878)年に起こった近衛兵の反乱である。その1年前には西南戦争が起きている。西南戦争は日本史上最大の内戦であった。近代的な組織になった官軍は西郷隆盛率いる薩摩軍を制圧した。この戦争によって、明治の社会は完全に封建的武士社会から脱皮したともいわれる。
 竹橋事件は西南戦争の余韻が残っている最中の出来事であった。それも近衛兵という天皇を守るべき兵の反乱であった。明治政府の驚きはいかばかりであったろうか。時の陸軍卿の山県有朋は蒼ざめたに違いない。
 考えてみれば竹橋事件というのは日本史においてとてつもなく重要な事件であるのに、この事件の詳細を書いた本は意外と少ない。近代史の本には記述があるが、高校の教科書のように、軍人勅諭・教育勅語との関連で述べられることがほとんどである。

 澤地久枝著「火はわが胸中にあり 忘れられた近衛兵士の叛乱竹橋事件」は竹橋事件を克明に追った本である。私はいろいろな意味でこの本に感動した。まず、著者の澤地の竹橋事件に対する執念には畏れいった。歴史の闇に光を当てようとした真摯な姿が窺われる。公的な資料はわずかである。そのわずかばかりの資料を徹底的に分析し、処刑された兵士たちの親戚縁者を訪ねまわり、事件当時の新聞を渉猟し、事件について言及した政治家・言論人の日記・手紙などにあたっている。
 公的な資料は少ない上に、事件の性質上、改竄されていないとはいえない。また、事件の核心になるものは隠されているに違いない。そのような状況の中で澤地は真実を解明しようとした。
 竹橋事件は時の政府にとっては大打撃であった。ある意味、革命であったのかもしれないのである。竹橋事件とは近衛兵たちの反乱である。彼らは兵士であるけれども職業軍人ではない。徴兵された兵士である。別の言い方をすれば強制的に兵士として国に召し上げられた人たちなのである。当然のように、戦争になると彼らは最前線に送られる。1年前の西南戦争では、彼らは体を張り、命を賭けて戦ったのである。彼らは真っ先に報いられるべきであった。
 ところが、報いられたのは軍の上層のものたちで、懲兵された兵士たちには何の恩典もなかった。賞与がないばかりか、給与までも下げられた。ただでさえ低い給与がさらに下げられたのである。兵士たちは不満だらけであった。この不満がマグマとなって噴き出したのである。
 澤地は、待遇に対する不満が反乱の大きな原因であるとしているが、国そのものを変えてやろうといういわゆる革命的な思想もあった可能性は排除していない。それが自由民権運動に繋がる要素もあったわけである。
 兵士の反乱がなぜ失敗したのか。これは、リーダーが不在であったからである。もし、優れたリーダーがいれば歴史は変わっていたかもしれない。

 竹橋事件は政府を動揺させたが、したたかな政府はこの事件を奇貨として、軍人の規律を強化した。軍人勅諭が出されたのである。軍人勅諭によって軍隊は天皇直属であることが徹底され、天皇はより強固に神格化された。天皇の軍隊の誕生といってもよい。この軍隊が無謀な戦争を起こし、国を亡ぼしたことは歴史の証明することである。
 竹橋事件は日本の歴史においてたいへん大きな事件であった。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
素晴らしい すごい とても良い 良い

 写真は、東京都千代田区北の丸に明治43(1910)年に建てられた旧大日本帝国陸軍近衛師団司令部庁舎です。現在は東京国立近代美術館工芸館になっています。

火はわが胸中にあり―忘れられた近衛兵士の叛乱 竹橋事件 (岩波現代文庫)火はわが胸中にあり―忘れられた近衛兵士の叛乱 竹橋事件 (岩波現代文庫)
(2008/09/17)
澤地 久枝

商品詳細を見る

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 火はわが胸中にあり