司馬遼太郎「殉死(じゅんし)」を読む

青山墓地に永眠している乃木将軍 乃木希典(まれすけ)とは一体何者であろうか。日露戦争の際、203高地を攻略するために6万人近い軍人の命を失わしめた陸軍大将である。
 太平洋戦争中、陸軍の兵隊であった司馬遼太郎ははっきりと乃木のことを、司令官として無能であったといっている。しかし、乃木は明治天皇の御大葬の日に、妻静子とともに自刃して以来、現在に至るまで軍神として多くの日本人から崇められている。
 夏目漱石は乃木のことを明治の精神といい、「こころ」の先生は乃木の殉死を自殺の一つの理由にしている。
 森鴎外は乃木のことを畏敬しており、日露戦争において2人の息子を戦場で失なった乃木のことを漢詩で偲んでいる。乃木の殉死の報を聞くや、殉死をテーマにした小説を夜を徹して書き上げた。漱石と鴎外は乃木の死をもって明治の終焉を実感した。
 司馬は乃木について「殉死」という、本人にいわせると、覚書みたいな作品を書いている。この作品を出版するとき、かなり躊躇したらしい。そのときは、まだ、乃木の学習院院長時代の教え子である昭和天皇が存命であったからだ。昭和天皇は司馬の「殉死」を読んで、「こんなもんだろう」と話したようである。

 「殉死」はある意味衝撃的な本である。何しろ、神様になった乃木を無能呼ばわりしているからだ。ただし、あくまでも軍事技術においてだが。司馬は陸軍に対しては、拭い難い嫌な思い出を持っていた。私は陸軍時代のことを懐かしむ元陸軍軍人を知らない。
 「坂の上の雲」によって、日露戦争という近代戦争を書いた司馬は、終生、昭和の戦争を作品として書くことはなかった。書けなかったのだろう。
 陸軍の大先輩であり、神様になった乃木を批判的に書くことに、司馬はよほどの覚悟があったことは想像できる。その覚悟があったからこそ、「殉死」は司馬の膨大な作品群の中でもとりわけ際立っている。明治の精神と乃木のことを知る上では、最高の本である。 司馬は乃木を通して、明治の精神を見事に描いている。「殉死」の文章は重厚である。この文章を書いているときの司馬は、漱石・鴎外のレベルまで、明治の精神に思いを馳せていただろう。
 乃木は明治の精神の象徴である。それでは、明治の精神とは何であろうか。明治の精神と切っても切れない関係にあるのが、江戸時代の兵法学者の山鹿素行である。素行は<それ、天下の本(もと)は国家にあり、国家の本は民にあり、民の本は君にあり>といっている。君とは天子であり、明治においては天皇である。
 明治とは、この素行の理想が具現化した国家であった。吉田松陰が目指したのもこのような国家である。乃木は松陰の師匠で叔父にあたる玉木文之進の縁族の一人である。乃木は玉木の弟子になったため、松陰は乃木の兄弟子ということになる。乃木は松陰と同じように、素行の思想を少年時代から身につけていたのである。
 乃木にとって天子(明治天皇)は特別なものであった。天子は民である日本人の本であるからだ。日本人にとって、天皇の赤子(せきし)という言葉が素直に心に響いたのが明治の世であった。
 明治天皇は乃木を愛した。おそらく明治天皇が一番愛した臣下は乃木ではなかったか。だからこそ、幼い皇孫(のちの昭和天皇)の教育を任せたのではないのか。乃木が学習院院長になったのは、明治天皇の推薦があったからである。その点、乃木は福沢諭吉・新渡戸稲造のような根っからの教育者ではなかった。

 司馬は明治という時代を<明治という国家>と呼ぶほど、明治を特別な時代と思っていた。明治時代は、日本の歴史上、天皇が本当に民の本になった時代であったのかもしれない。少なくとも、漱石と鴎外はそのことを肌で感じていたはずである。
 「殉死」は明治の本質をするどく衝いた名著である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


青山墓地に永眠している秋山真之中将 青山墓地には、乃木希典(写真上)、秋山真之(写真左)以外にも小説「坂の上の雲」に登場する加藤友三郎、島村速雄、広瀬武夫、黒木為、奥保鞏、野津道貫、伊地知幸介、長岡外史らの名前もパンフレットには見えます。春には墓地全域で桜が見事に咲き乱れます。東京の桜の名所になっています。下の写真は乃木邸です。乃木大将夫妻が自刃した部屋や静子夫人の居間など保存され見学ができます。青山墓地からは徒歩で数分です。


乃木邸


乃木大将夫妻殉死の場所


故静子夫人の居間


乃木将軍の銅像


殉死 (文春文庫)殉死 (文春文庫)
(2009/08/04)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 殉死