戸田山和久「『科学的思考』のレッスン」を読む

昔の姿を取り戻した東京駅 東日本大震災は日本人の特質を嫌というほど見せ付けてくれた。その1つは度し難いほどの科学に対する無知である。新聞もテレビもそれから情報を得る国民も科学を知らないから、不毛な数値だけが一人歩きをする。
 放射能の単位であるベクレルとシーベルトは一体どう違うのか。この違いを正確に言える人はどれくらいいるのであろうか。私はテレビでこの2つの違いをわかりやすく説明したのを見たことがない。報道されるのは「何々シーベルト以下は安全だ」という類のことばかりである。その数値すらいろいろと変わる。一体私たちは何を信じたらよいのか。
 政府が安全だという数値を、ある専門家は「いや安全ではない」という。何が何やらわからない状態で、震災から1年以上たってしまった。未だに、震災地は瓦礫の山である。
 日本国民の放射能アレルギーはエスカレートし、放射能に汚染されていない瓦礫の処分すらしり込みする自治体がびっくりするぐらい多い。何が絆なのかわからない。これも日本人の特質なのか。どれもこれも、結局は政府が信用がないからであるといってしまえばそれまでである。
 だが、私は政府だけが悪いとは思わない。もし、政府が悪いとすれば、日本人全員も悪いと思う。今回の放射能パニックは日本人の科学に対する無知が原因であると思うからだ。おそらく、科学を知った人ならあまりにも基本的なマイクロという用語すら理解している人は少ないであろう。マイクロとは10のマイナス6乗という意味で、1シーベルトと1マイクロシーベルトとは天と地ほども違う。
 日本人は知らないことは専門家にまかせればよいとする傾向がある。何も不必要な専門的知識を持てとはいわないが、こと科学に関しては、専門家にすべてをまかせていてはいけない。特に、原子力がそうである。今回の大震災は原子力の専門家といわれた東大の教授たちが単なる御用学者でしかなかったことが露呈した。これも、日本国民が彼らにまかせっきりにしたからである。
 原子力に限らず、わからないことはすべて専門家にまかせていたら、日本は将来もっとひどい目にあうであろう。少なくとも、ひどい目にあわないために論理的な批判ができる力を持たなければならない。そのために書かれたのが、戸田山和久の<「科学的思考」のレッスン>である。

 <「科学的思考」のレッスン>は単なる科学の知識を得るための本ではない。「科学的思考」とは何かを詳しく論じた本である。おそらく高校・大学でも教わらない内容である。この本の副題として「学校で教えてくれないサイエンス」とある。
 まず、戸田山は、本書の初めに、「科学が語る言葉」と「科学を語る言葉」について述べている。よく考えてみると、科学の本とは「科学が語る言葉」についての解説だけであり、「科学を語る言葉」についての解説は皆無である。因みに、ウィルス・遺伝子・水素結合・DNA・プレート・超新星・質量・加速度・電磁波・ウラン・エネルギー・エントロピーなどが「科学が語る言葉」であり、理論・仮説・測定・観察・予言・アドホック・説明・原因・相関・有意差・法則・普遍的・一般的などが「科学を語る言葉」である。
 私たちは科学といえばすぐ理論という言葉を思い浮かべる。ところが、理論とは何かを詳しく教わったことがない。理論と事実とはどう違うのであろうか。そもそも何をもって理論と決めるのか。
 2011年に、ある物理の実験結果が世界中を驚かせた。光より速い物質が見つかったというのである。物理学会はパニックに陥った。なにしろアインシュタインの理論によると、光より速い物質は存在しないからだ。このパニックは実験上のミスがあったことで終息したが、はからずも理論とは何かを考えさせてくれた。

 「科学を語る言葉」を理解することが、科学的思考力をもつことにつながると私は思った。そして、科学的思考力を持ってはじめて、原子力などに対して論理的な批判力を持つことができるのであると理解した。科学的思考力がないと、反対がただ反対のためだけのものになってしまう。原子力に賛成する人も反対する人も科学的思考力を持ってほしい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ
 

旧江戸城天守閣跡から眺めた丸の内ビル群 写真上は、昔の姿に戻った東京駅です。東京駅は、辰野金吾博士設計で大正3(1914)年に開業しました。ドームの屋根が復元されてモダンな駅舎になりました。写真下は、江戸城天守閣跡から眺めた丸の内ビル群です。

 1990年に日本経済はバブルが弾けて、現在まで「失われた20年」などと言いマスコミや通俗的な経済関連書物が不況感を煽っています。筆者は1990年以前から東京駅や東京駅周辺を見ていますが、実感としてこの20年で東京駅や東京駅周辺の景色は様変わりしました。東京駅から新幹線が青森まで延伸し、西は直通運転はありませんが九州の鹿児島まで開通しました。丸の内側には丸ビルが新装され、新丸ビルが新築し、八重洲側にも高層ビルが立ち並ぶようになりました。いまでも東京駅周辺は工事中のビルがあり、高度成長期の光景を見ているようです。同じような光景は、山手線のいくつかの駅周辺でも見られます。たしかに日経平均株価はこの20年で4分の1になり、サラリーマンの給与も目減りしています。しかし、日本のGDPや失業率などの数値はさほど大きくは変化していません。これらは何を意味のするのかを考察し日本の将来に対して提言するのも科学です。
 これからの日本は世界に類を見ない少子化に伴い人口減少と高齢化対策、財政問題、原発問題など難問が山積します。科学リテラシーを結集して対処していかねばなりません。

 数学、算数は自然科学の基礎言語です。基礎言語がわからなければ物理や化学そして生物は理解できません。また、大学で文系に分類されている経済学、商学、経営学なども数学、算数が基礎言語の一つになります。科学を理解すにはまずは数学の理解が必要です。数学は数式ではありません言葉です。

「科学的思考」のレッスン―学校で教えてくれないサイエンス (NHK出版新書)「科学的思考」のレッスン―学校で教えてくれないサイエンス (NHK出版新書)
(2011/11/08)
戸田山 和久

商品詳細を見る

テーマ : お勧め - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 「科学的思考」のレッスン