山本一生「恋と伯爵と大正デモクラシー 有馬頼寧日記1919」を読む

大井競馬場に飾っているハイセイコー号 競馬ファンならずとも有馬記念はほとんどの人が知っている。有馬記念は中央競馬会の重賞(GⅠ)レースであるが、「有馬」が日本中央競馬会第2代理事長の有馬頼寧(よりやす)の名前に因んだものであることをどれほどの人が知っているであろうか。
 有馬頼寧の経歴は華麗そのものである。元久留米藩主有馬頼萬の長男として生まれ、東京帝国大学を卒業し、大学で教鞭をとり、その後衆議院議員になる。有馬家を継いで伯爵になると、貴族院議員に変わり、農林政務次官を務め、1937年に第1次近衛文麿内閣の農林大臣になった。近衛の側近として動き、1940年には、大政翼賛会事務総長に就任し、翌年辞任した。
 戦後、A級戦犯容疑者として、巣鴨プリズンに収容されるが、無罪になり釈放される。その後は引退生活を送ったが、1955年に日本中央競馬会第2代の理事長に就任した。
 以上あげた有馬の経歴だけを見れば、有馬頼寧とは日本を破滅に追い込んだ元凶の大政翼賛会の中心人物であり、A級戦犯容疑者として巣鴨プリズンに送られるのもむべなるかなと思われるが、それはあくまでも有馬の表の顔であって、有馬には温かい血の流れる人間味溢れる裏の顔があった。

 山本一生の「恋と伯爵と大正デモクラシー 有馬頼寧日記1919」(以下「恋と伯爵」と記す)は、有馬頼寧の日記を徹底的に分析して、有馬の心象風景に迫った評伝である。著者山本は競馬にたいへん造詣が深く、競馬を研究しているときに有馬に多大なる興味を持ったのかもしれない。
 評伝と書いたが、私は「恋と伯爵」を一流の文学者が書く人物論として読んだ。「恋と伯爵」の文章はいわゆる考証家の書く文章とは違って、作家が愛おしい人を思って書く美しい文章である。知らず知らずに本の世界に引き摺り込まれる。
 もともと有馬日記は膨大なものであるが、「恋と伯爵」では、1919年前後の数年間に書かれた日記を根拠にして話を進めている。
 1920年は大正9年で、有馬が39歳のときである。この年の11月有馬は東京帝国大学農科大学付属農業教員養成所助教授になる。有馬は皇族出身の妻をもち、このとき三男三女の父親であった。傍から見ると、有馬家は仰ぎ見る雲の上の一家であった。
 しかし、有馬にとって1920年はたいへん辛い年であった。有馬の心にはぽっかりと大きな穴が空いていた。有馬が一生添え遂げようと約束した最愛の愛人と別れた直後だったからである。
 有馬は1920年の8月に、御殿場にある神山復生病院に井深八重を見舞った。
 この「恋と伯爵」は著者の山本が井深八重が誰だかを突き止めるところから始まる。井深八重は「恋と伯爵」では重要な人物である。影の主人公といってもよい。井深八重は有馬の別れた愛人美登里の友人であった。
 山本は有馬日記を調べているうちに美登里の無二の親友である井深八重にぶつかった。ところが井深八重なる人物がどのような人かはわからなかった。そしてついにその素性があきらかになった。
 井深八重は難病中の難病といわれたハンセン病(日本ではらい病とよばれていた)の疑いで、御殿場の病院に隔離された。ハンセン病になることは当時、人間的な扱いを受けないということを意味していた。ハンセン病は伝染すると信じられて、ハンセン病患者は人間界から隔離されたのである。
 井深八重は美登里と女学校時代の同級生で大の仲良しであった。親戚も見放した井深八重を病院に見舞ったのは美登里だけであった。美登里は伝染するのを恐れずに愛する友人を見舞ったのである。
 有馬は井深八重を見舞ったあとの彼女の行く末がどうなったのかは死ぬまで知らなかった。ただただ有馬は井深八重に同情した。
 井深八重はハンセン病でないことがわかり、病院を退院すると看護婦になり、1961年に日本人として初めて赤十字国際委員会よりナイチンゲール記章を受賞した。
 「恋と伯爵」は有馬と美登里の交流を描いている。美登里は有馬家で勤務していた女性で、有馬が見初めたのである。美登里は美しく気品があった。2人は恋仲になった。有馬はどうしても美登里を離したくなかったが、妻子もあり、伯爵家の跡継ぎという立場上、回りが2人の仲を引き裂こうとした。
 有馬は美登里と一緒にアメリカに行き、そこで何年間か暮らそうとしたがそれも失敗に終わった。結局、2人は別れる運命にあった。

 有馬日記には女優松井須磨子のことが書かれている。愛人島村抱月の死後、その後を追うように自殺した女優と美登里を有馬は重ねたのかもしれない。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


恋と伯爵と大正デモクラシー 有馬頼寧日記1919恋と伯爵と大正デモクラシー 有馬頼寧日記1919
(2007/09)
山本 一生

商品詳細を見る
名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 恋と伯爵と大正デモクラシー 有馬頼寧日記1919