砂川幸雄「大倉喜八郎の豪快な生涯」を読む

ホテルオークラ大倉集古館に座っている大倉喜八郎像です 大倉喜八郎という実業家がいた。私が大学生の頃、大倉喜八郎は「死の商人」と呼ばれていた。戊辰の役や日清・日露戦争で巨大な利益をあげたといわれ、日露戦争では石の缶詰を日本陸軍に納めたとまことしやかにいい伝えられた。とにかく大倉喜八郎は悪徳商人の最たるもので、政府と結託して日本国民を騙し、私腹を肥やしていたと私たちは教えられた。
 何も大倉喜八郎に限ったことではない。明治の偉大な実業家たち、たとえば安田善次郎・益田孝・岩崎弥太郎なども程度の差はあれ、悪徳商人に数えられた。
 何故、近代日本の土台を体を張って築いた明治の実業家たちを歴史家たちは悪しざまにいったのであろうか。その大きな理由の1つがアメリカ占領軍(GHQ)による日本の戦前を完全に否定する政策である。占領軍は、日本の戦前を完全否定することによって、自らの占領政策を肯定しようとしたのである。戦前の日本イコール悪の方程式は日本の各界に多大なる影響を与えた。特に影響を与えたのは歴史学会である。歴史学会では、戦前の日本を少しでも美化しようとしたら、袋叩きにあった。少なくとも、私たちが大学生の頃の進歩的だといわれている学者というのはほとんどが戦前の日本を否定していた。その一環であろう、大倉喜八郎が槍玉にあがったのは。大倉の業績から見て、大倉が悪くいいやすかったからであろう。
 戦前の日本イコール悪という方程式は薄らいだとはいえ、いまだに歴史学会・マスコミ界に残っている。東大が秋入学を検討しているという報道がなされたとき、すべてのテレビは、現在の世界の大学の状況をその理由としていたが、戦前、今の大学にあたる高等学校が秋入学であることに言及したテレビは1社もなかった。中高一貫教育にしても、飛び級にしても戦前の日本に存在した制度である。東大の前身である第一高等学校には推薦入学があった。GHQの教えをマスコミは今なお無意識のうちに守り続けているのである。
 日本を代表するホテルといえば帝国ホテルとホテルオークラである。この2つは大倉喜八郎とたいへん縁が深い。大倉喜八郎がいなければこの世に存在しなかったといってよいかもしれない。帝国ホテルは渋沢栄一が作ったようにいわれているが、金を出したのは大倉である。帝国劇場もしかりで、ホテルオークラにいたっては、大倉の本邸に建てられたものである。
 日本で最初に地下鉄が通ったのは上野・浅草間である。早川徳治がこの日本初の地下鉄開通をすすめたのであるが、元になる金がうまく集まらなかった。このとき、早川に手を差し伸べたのが大倉であった。大倉は自分の経営する会社である大倉土木が工事を請けおい、その工事代金の支払いは工事が終了してから1年後でよいと提案した。これによって早川は金の心配することなく地下鉄工事をすることができたのである。この地下鉄は成長して銀座線になり、さらに地下鉄は成長して、現在では日本の地下鉄は世界一のシステムになっている。
 大倉喜八郎の「男気」と将来を見据える冷静な目がなければ日本の地下鉄の普及はかなり遅れたかもしれない。この大倉土木は現在の大成建設である。
 大倉は教育にも熱心だった。将来の日本を考えれば教育が大事だと大倉は常々考えていた。大倉はきちんと商業の理論を学ぶための大倉商業学校を創立した。その他にも学校を作り、拓殖大学の前身の学校も創立した。大倉商業学校は現在の東京経済大学である。
 大倉はたくさんの会社の設立に尽力した。それらの会社のいくつかは現在でも存続している。私たちは、大倉の恩恵を知らずに受けているのである。その主だった会社をあげると、帝国ホテル・ホテルオークラ・大成建設・大倉商事・千代田火災海上・サッポロビール・東京製綱・日本無線・富士銀行・太陽生命などである。

 以上の大倉喜八郎の業績については砂川幸雄の「大倉喜八郎の豪快な生涯」に書かれている。この本を読むと、巷間いわれ続けた大倉に対する誹謗中傷がまったくのデマであることがわかる。
 大倉喜八郎批判の急先鋒になったのが東大の経済学の学者たちであるが、これら学者の話はまったく根拠のないものである。
 私は著者砂川幸雄の明治の実業家についての著作は好きでよく読む。砂川の著作のすばらしいのは、砂川が現実のビジネスについてその本質をよく知っているからである。大倉を批判する学者たちは本当に大倉の会社が缶詰に石を詰めたと思っていたのであろうか。もしそうならその時点で、この学者はビジネスについて論じる資格がないことになる。
 ビジネスにおいて、もし揺るぎない法則というものがあるとすれば、その1つは<信用のない会社は潰れる>というものである。缶詰に石を詰めたらその会社は間違いなく潰れる。市場経済社会において成功するためには、まず信用を築くことである。信用がなくては企業は絶対に成長しない。
 大倉喜八郎はその人生において人を裏切らなかった。そしてお客や社員を大事にし、なによりも日本の国の行く末のことを思った。大倉喜八郎の人格の偉大さが大倉を大実業家にしたのである。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


大倉喜八郎の豪快なる生涯 (草思社文庫)大倉喜八郎の豪快なる生涯 (草思社文庫)
(2012/10/04)
砂川 幸雄

商品詳細を見る
名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 大倉喜八郎の豪快な生涯