杉森久英「近衛文麿(上)(下)」を読む

荻窪にある近衛文麿旧邸荻外荘 戦前の日本では、内閣総理大臣は選挙で選ばれなかった。天皇が任命するのである。これを大命降下といった。ただ、天皇は誰が総理大臣にふさわしいかを知らない。そこで、推薦のあった人を任命するのである。総理大臣を推薦するのが元老であった。
 元老とは幕府を倒して明治維新を成し遂げるにおいて、大原動力になった者たちで、伊藤博文・井上馨・山県有朋などがいた。明治も末になり大正になると、元老たちがぽつぽつと死んでいき、昭和になると、元老は西園寺公望ただ1人という状況になった。ということは、総理大臣は西園寺の一存で決まるということである。そのため西園寺の力は相当なもので、総理大臣になりたい者は、いかに西園寺に取り入るかを考えた。
 西園寺は公家であった。満州事変が起こり、日本と中国の関係が悪化し、それが日中戦争につながっていく時期、日本の政界は混迷を極めた。軍部が台頭し、軍部が政治そのものを牛耳るようになった。当然、軍部は軍部に都合のよい総理大臣が就任することを望んだ。
 西園寺は若い頃にヨーロッパに留学して自由主義を身に付けた人であった。西園寺が自分の後継者としてふさわしいと思っていたのが、同じ公家である近衛文麿であった。
 昭和12年6月、近衛に大命が降下され、近衛は内閣総理大臣になった。総理大臣に就任してまもなく盧溝橋事件が起こって日中戦争になり、日本は長い泥沼の戦争に突き進んだのである。
 戦後、近衛文麿の評判は悪い。その根拠は近衛がA級戦犯容疑者になり、巣鴨プリズンに収監される前夜、服毒自殺したからである。責任逃れの卑怯な振る舞いだと現在でも思われている。
 日本は戦後長らく極東軍事裁判史観というものに縛られてきた。21世紀になって、この史観の見直しが叫ばれるようになったが、現在でも、これを金科玉条のごとく振りかざす歴史家・評論家は多い。極東軍事裁判史観を一言でいうと、<先の大戦はA級戦犯が始めたもので、責任はすべてA級戦犯が負う>というものである。
 はたしてそうなのであろうか?近代史の本を読めば読むほど私は極東軍事裁判史観のいかがわしさを疑わざるを得ない。私はあの戦争の責任はA級戦犯だけでなく日本人全体でとるべきだと思っている。A級戦犯はある意味、国民に背中を押されて戦争に突き進んだのだと思わざるを得ない。
 近衛が弱冠45歳で総理大臣になったのは、西園寺公望に可愛がられたと同時に国民の絶大なる期待があったからである。その頃、近衛は国民的ヒーローで、軍部を含めて日本人全体が近衛の総理大臣就任を望んだのである。それが、戦争に負けて、A級戦犯容疑者になると、手の平を返したように、日本中で近衛を罵倒する声があがった。近衛を総理大臣にした国民に責任はないのか。いつまでもあの戦争の責任をA級戦犯だけにかぶせるだけでは、私たちは本当の歴史を見逃すことになる。

 杉森久英の「近衛文麿」はたいへんな名著である。近衛文麿を多面的に分析した評伝である。
 近衛家は五摂家の一つである。五摂家とは藤原氏の嫡流で、近衛家・九条家・二条家・一条家・鷹司家がある。関白・摂政は五摂家の者がなった。近衛家は五摂家の中でも筆頭格の家で、天皇家の次に位置するような家である。近衛家の先祖はあの大化の改新を行った中臣鎌足に行き着く。
 公家は江戸時代は冷遇されたが、明治になると俄然、脚光を浴びた。明治は天皇が主権の世であり、近衛家は天皇家の側近中の側近である。近衛文麿は生まれると同時に日本のリーダーになることを運命づけられていたのである。
 文麿は父は近衛篤麿(あつまろ)である。篤麿は国家主義の人で、学習院の院長として教育に熱心であった。文麿は近衛家の固いしきたりの中で成長し、学習院中学を卒業すると、ふつう公家の息子は学習院高校に進むのだが、一高に入学した。文麿は家柄だけでなく、頭もよかったのである。
 一高時代に文麿の精神の基盤が作られた。文麿は文学・哲学に没頭した。文学では、トルストイ・徳富蘆花に特に傾注し、哲学では西田哲学に興味をもった。その頃は、将来は哲学の大学教授になることを考えていた。
 しかし、京都帝大を卒業すると、文麿は政界の道を歩んだ。とんとん拍子に出世して総理大臣になった。文麿が総理大臣になった頃は、日中関係はもうどうにもならない関係であった。軍部は統帥権を盾に政府のいうことをきかなかった。

 近衛文麿が3次までの内閣で全身全霊を傾けたのは日中・日米の和平である。特に、近衛は日米の開戦を全力で阻止しようとした。
 近衛は思想的には国家主義者であるが、広く深い教養をもち、元文学青年だけあって、相手の国の文化を理解する能力をもっており、相手の国を気遣う気持ちももっていた。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

続きを読む »

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 近衛文麿