佐藤雅美『大君の通貨 幕末の「円ドル」戦争』を読む

銀座発祥の地 銀座役所趾 幕末を論じるとき、守旧派の幕府対革新的な薩摩・長州藩という構図をとることが多い。しかし、実際には幕府の方が薩長よりはるかに革新的であった。幕府は朝廷の勅許をとらずに開国に動いた。この開国があったからこそ、日本は近代国家へと進むことになったのである。対する薩長、特に長州藩は開国には猛反対で、尊王攘夷の急先鋒であった。
 ところが薩長が天下を取るや、攘夷などどこ吹く風で、国を諸外国に対してどしどし開いていった。この方針の急回転はなぜ起こったのであろうか。小説やテレビドラマに出てくるのは英雄たちの動きばかりである。
 歴史は一部の英雄たちによって動くと思うと歴史の本質はまったくわからなくなる。なぜ幕府は潰れたのか。西郷隆盛や坂本龍馬たちだけを見ていてはわからない。おそらく、幕藩体制そのものがもはや日本という国を維持する力を失っていたのであろう。その第一の要因は経済的疲弊であろう。幕府も諸藩も借金漬けであった。幕府は貨幣を改鋳することでかろうじて財政を維持していた。
 なぜ戦争をするのか。好き好んで戦争をする国などあろうはずがない。それにはかならず経済的利害が絡んでいる。経済的利害を平和的に調整できないときに戦争は起こるのである。これは昔もそして現在も変わらない。経済的利害とは人間が存在する限りつねに存在するのであるから、世界はいつも戦争の危機に直面しているのである。これこそ、歴史が教えることである。
 ハリスといえば、日本史上たいへん有名である。アメリカでは歴史上の英雄の一人に数えられている。日米修好通商条約はアメリカが初めて外国と交わした本格的な条約である。幕府の人間が条約批准のためにアメリカに行ったとき、アメリカ人から盛大な歓迎を受けたことからもアメリカの喜びぶりがわかる。
 この日米修好通商条約を締結するにおいて、アメリカの全権は総領事のハリスであった。全権といっても交渉したアメリカ側の人間はハリス一人である。ハリスはたった一人で条約を勝ち取ったのである。当時、イギリスにしてもフランスにしても武力を用いて清と条約を交わしている。
 ハリスは唐人お吉とのラブロマンスで知られているが、日本人のほとんどはハリスに対して好印象を持っているはずだ。実際のハリスは、本当に歴史上の英雄であったのだろうか。

 佐藤雅美の『大君の通貨 幕末の「円ドル」戦争』は幕末を扱っている歴史小説であるが、一風変わっている。歴史小説というよりも経済小説といった方がよいかもしれない。薩長の英雄たちは登場しない。とにかく感銘したのは、今まで謎に思っていたことが、解明できたことである。それは、なぜ幕末に大量の小判が海外に流れたかである。この本は明確にその謎を解いている。
 主人公は幕府要人とハリスそしてイギリスのオールコックである。そして物語の中心をなすのは幕府とアメリカ・イギリスを中心とする西洋諸国との通貨戦争である。
 なぜ通貨戦争が起こったのか。それは日本において金と銀の交換比率が1:5であるのに対し、世界では1:15であったからだ。世界に較べて、日本では、銀でもって金を三分の一の値段で買うことができたのである。この仕組みを知っていると、難なく莫大な利益を得る錬金術が可能であった。
 たとえば、銀5グラムを日本で金1グラムに変えて、それを上海にもっていけば、銀15グラムになるのである。利益は銀10グラムである。これを繰り返せばいくらでも大金を手にすることができる。実際には当時の日本では、金でできた小判1両は銀でできた1分銀4個と等価であった。そして、為替は1ドル1分銀3個であった。これは、銀の含有量が同じだからだ。この仕組でいくと、4ドルは1分銀12個と等価であり、1分銀12個は小判3両と等価である。すなわち、4ドルを小判3両に両替し、上海にもっていくと、小判3両は12ドルに化けるのである。
 ハリスはこの仕組を知り、蓄財に励んだ。総領事としての特権を生かし、せっせとドルを小判に変えて、それを上海にもっていき莫大な利益を得たのである。ハリスだけではない。この仕組を知った外国人は我先にドルを小判に変えた。かくて小判は大量に海外に流れたのである。
 幕府もただ手をこまねいて見ていたのではない。1ドルを1分銀にしようとしたが、オールコックなどの反対に会い、なかなかうまくいかなかった。幕府と西洋は武力は使わないが、壮絶な戦いをしたのである。

 幕末以降、日本の貨幣とドルはつねに戦っているのだ。

続きを読む »

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 佐藤雅美 大君の通貨 円ドル戦争