出町譲「九転十起 事業の鬼・浅野総一郎」を読む

江東区佐賀町に建っている浅野総一郎像 戦後の日本は製造業を中心とした経済復興をはたした。その製造業の拠点になったのは、京浜工業地帯・中京工業地帯・阪神工業地帯・北九州工業地帯のいわゆる4大工業地帯であった。
 小学校の社会の教科書では、4大工業地帯のことが強調されていたのをよく覚えている。中でも京浜工業地帯の規模は最も大きく、文字通り、日本経済発展の牽引車となったのである。
 京浜工業地帯というのは、東京から横浜までの海岸線のベルト地帯である。明治のある時期まで、京浜工業地帯の中心をなす川崎・鶴見の海岸線はのどかな遠浅の海であった。遠浅の海を埋め立てて、工業地帯を作ろうとしたのが浅野総一郎である。
 浅野は日本が少しでも欧米に追い付くには、産業力を高めることが重要だと思った。そのためには、大きな船が出入りできる港湾の整備が必要だと考えた。浅野は、乾坤一擲、川崎・鶴見の海岸線を埋め立てて、港湾を整備し、その周辺に工業地帯を造成しようと動いた。
 川崎・鶴見は浅野のおかげで、大きく成長した。いうなれば、京浜工業地帯の生みの親は浅野であり、ひいては日本経済を大きく成長させた大恩人の1人が浅野であった。
 短い距離ではあるが、鶴見と横浜・川崎市内を結ぶ鉄道にJR鶴見線がある。この鶴見線の駅に、浅野の名前に因んだ「浅野」駅がある。また、「安善」という駅もある。安善とは安田善次郎のことである。安田は安田財閥の総帥で、日本一の金持ちであった。安田は浅野に惚れ込み、浅野に巨額の援助をした。安田は浅野の強力な後ろ盾であった。工業地帯という、本来国がやるべき途方もない事業を、私人である一事業家の浅野が全うできたのは、安田がいたからである。
江東区佐賀町にあるセメント工業発祥の石碑 浅野は、三井・三菱・住友・安田に次ぐ財閥だといわれた浅野財閥の総帥であった。浅野と安田は同じ富山県の出身である。浅野も安田と同様に、想像を絶する苦労と努力によって、一代を築いたのである。

 出町譲の「九転十起 事業の鬼・浅野総一郎」は、浅野総一郎の全人生を描いた伝記である。筆者の浅野に対する思いが強く伝わってくる本である。経営者にぜひとも読んでほしい本である。
 経営の本というと、すぐ、マーケティングなどの理論を扱った本を思い浮かべるが、そのような類の本を100冊読んでも、浅野のような大実業家の自伝にはかなわないと私は思う。
 浅野は1848(嘉永元)年、富山県で生まれた。代々医者の家に生まれたが、医者は性に合わないとあきらめ、若くして商売人になることを決めた。
 いろいろな仕事に手をだすが、すべて失敗し、大きな借金だけが残った。母親の助けがあって、浅野は富山県から夜逃げをし、東京に向かった。
 東京にきたからといって何かするあてもなかったが、元手のかからない砂糖水を売ることから始めた。横浜に移り、竹の皮を売り、薪そして炭を売るようになった。
 炭を売ることによって力をつけた浅野は、深川のセメント工場の買収に乗り出した。この工場は官営であったが、多額の金を投じても赤字経営が続いていた。国は、将来セメントは日本の発展に不可欠のものと考え、このセメント工場を払い下げることにした。三井・三菱も手をあげたが、結局、浅野に払い下げられた。三井・三菱もセメント工場を継続して経営する気はなく、セメント工場を潰して跡地を利用しようとしたからだ。
 深川のセメント工場の経営が浅野の大実業家への第一歩となった。浅野はすさまじい情熱と努力と才覚とでもって、赤字続きの工場を黒字化した。セメントの需要は日本の近代化とともに、うなぎ上りになり、セメント工場はどんどん大きくなっていった。
 セメント事業が成功すると、浅野の事業欲はますます大きくなり、浅野は新しい事業に手をだした。浅野がセメントの次に力をいれたのが、海運業である。当時は、横浜とサンフランシスコを結ぶ航路はアメリカの船会社に独占されていた。浅野はこれに対抗して、横浜とサンフランシスコを結ぶ独自の航路を開こうと、東洋汽船という船会社を創立した。大型の船を建造するのに巨額の資金が必要であったが、渋沢栄一や安田善次郎らが協力してくれ、アメリカの旅客船より立派な船を就航させた。
 浅野の事業欲は82歳でこの世を去るまで衰えることはなかった。

 九転十起とは、九回転んでも十回目に起き上がるという浅野の座右の銘である。七転び八起きのさらに上をいったのである。浅野はどんなに失敗しても挫けることはなかった。
 浅野には事業をする上での哲学があった。それは浅野が手掛ける事業が国のためになるということである。安田善次郎も同じ哲学を持っていた。この哲学が二人を結びつけた。
 それにしても、北陸からとてつもなく偉大な実業家が輩出するのはなぜだろうか。

続きを読む »

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 九転十起 事業の鬼浅野総一郎