頼山陽「日本外史(下)」を読む

広島県竹原市 頼山陽銅像


 「日本外史(下)」は大きく徳川氏の歴史を扱っている。巻之十五から巻之二十二までである。

 巻之十五 徳川氏前記 豊臣氏 上
 巻之十六 徳川氏前記 豊臣氏 中
 巻之十七 徳川氏前記 豊臣氏 下
 巻之十八 徳川氏正記 徳川氏 一
 巻之十九 徳川氏正記 徳川氏 二
 巻之二十 徳川氏正記 徳川氏 三
 巻之二十一徳川氏正記 徳川氏 四
 巻之二十二徳川氏正記 徳川氏 五

 豊臣氏の盛衰を描き、徳川氏が大坂夏の陣に勝利して真に天下統一をなし、長い平和な時代の礎を作ったところで、この大部の歴史書は幕を閉じる。

広島県竹原市 頼山陽詩碑


 「日本外史」はいわゆる通史ではない。「史記」の列伝のように、一人の人間に焦点をあてて、それらを時代順に書き並べている。そのため、最終局面は、織田氏・豊臣氏・徳川氏の三氏の歴史をそれぞれ扱うが、内容的に重複している。しかし、織田氏は織田信長、豊臣氏は豊臣秀吉、徳川氏は徳川家康を中心に描かれるので、同じ内容であっても、見方が違うので新鮮である。
 長い時間をかけて「日本外史」を読み終わったのであるが、最後の文に出会って、私はなぜ、頼山陽がこの膨大な歴史書を書いたのかに思い当たった。その文とは以下の文である。

 嗚呼。これ其の長く天下を有(たも)ち、以て今日の盛業を基(もとい)する所以なるか。

 私は初め、「日本外史」とは日本の黎明期から書き起こしたものと思っていたが、実際は、平安時代末期の平家の盛衰から書き起こしている。いはば武士の時代の歴史を書いているのである。
 「日本外史」を読んでみるに、平家の時代から大坂夏の陣までは、国は乱れに乱れていたと、いまさらながら思う。内乱につぐ内乱、戦につぐ戦である。約500年もの間、日本は平和から遠ざかっていたのである。そんな中、徳川家康は政権をとると、日本はそれまでになかった長い平和な時代を享受することになる。それまでの過程を頼山陽は思い入れたっぷりに書き上げているのである。
 次は、家康が近臣を諭した言葉である。

 凡そ所謂(いわゆ)る忠とは、豈に独り徳川氏に忠なるのみならんや。乃ち天に忠なるなり。我もまた天に忠なる者なり。

 この「天」が何を意味するかは、議論百出するところであるが、「日本外史」の大きな流れの中で、天皇ととってもよいのではないか。
 「日本外史」の大きな流れとはやんごとない天皇家の存在である。天皇家をないがしろにする輩は亡びていくのである。この大きな流れの中で、足利尊氏は悪しざまにいわれ、新田義貞は褒められる。 
 徳川家は新田義貞から出ていると頼山陽は記す。長い格闘の末、天皇に忠を尽くした徳川家が天皇を上に頂きながら、天下を平和に導いたと、頼山陽はいいたかったのであろうか。
 本当のところ、勝海舟もいっているように、徳川幕府はかなりの援助を天皇家にしている。この「日本外史」が松平定信に献じられたとき、定信が喜んだのもわかる。

 「日本外史」は歴史書というより、「平家物語」「太平記」などと同様に、歴史文学であると私は思った。
 「日本外史」は漢文(岩波文庫は読み下し文)で書かれている。文章は簡潔でリズミカルで力強い。一級の文学作品である。
 江戸時代の文学というと、井原西鶴・近松門左衛門の作品のようにかなで書かれているものを思い浮かべるが、漢文で書かれた名作も豊富にあることを知るべきである。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


日本外史 上 (岩波文庫 黄 231-1)日本外史 上 (岩波文庫 黄 231-1)
(1976/09/16)
頼 山陽

商品詳細を見る

日本外史 中 (岩波文庫 黄 231-2)日本外史 中 (岩波文庫 黄 231-2)
(1977/05/16)
頼 山陽

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 頼山陽 日本外史 竹原 マッサン 竹鶴酒造

頼山陽「日本外史(上)(中)」を読む

皇居外苑 楠正成像 皇居前広場に、後ろ足で立ち、前足を高く掲げた馬に跨って、今にも合戦に出向こうとする勇壮な武将の銅像がある。この武将こそ楠木正成である。恥ずかしながら、私は長いこと、この銅像の主が楠木正成であることを知らなかった。なぜ、楠木正成の像が天皇家のお住まいの皇居にあるのか。少なくとも、学校では教わらなかった。
 私の住んでいるのは川崎市の田園都市であるが、多摩川を越えて、さほど遠くないところに分倍河原(ぶばいがわら)という土地がある。分倍河原は鎌倉時代末期、北条泰家率いる鎌倉幕府軍と新田義貞率いる反幕府軍が戦ったところである。歴史上、元弘の乱といわれている。総勢十万の兵を擁する幕府軍は初めは善戦するが、結果的には負け戦となり、幕府軍は鎌倉へと敗走する。
 この戦いが決めてになり、鎌倉幕府は滅亡に向かう。分倍河原には古戦場碑があるし、分倍河原の駅前広場には楠木正成の像と似たような勇猛な新田義貞の銅像が設置されてある。
 楠木正成と新田義貞。二人とも現代において立派な銅像になっている武将であるが、実のところ、ほとんどの人がこの二人のことを知らない。ただし、例外がある。戦前に教育を受けた高齢の方は、逆に、たいへんよく知っている。
 楠木正成と新田義貞を知っているか知らないかが、戦前に教育を受けたか、戦後に教育を受けたかの分かれ道になりそうである。
JR南武線分倍河原駅前 新田義貞像 戦国の武将のことを描いたテレビドラマ・映画は数多いが、楠木正成と新田義貞を描いたテレビドラマ・映画はあまりない。少なくとも私は見たことがない。私には、意図的に楠木・新田のことが避けられているように思えてならないのだ。
 楠木正成と新田義貞の逆の立場になった足利尊氏についても同じで、足利尊氏も人気がない。というより、ほとんど話題にならない。
 楠木・新田・足利尊氏は歴史上、南北朝といわれる時代の中心人物である。この時代、朝廷は二つあった。一つは京都にあり、もう一つは奈良の吉野にあった。京都を北朝、吉野を南朝という。南朝を立ち上げたのが、後醍醐天皇である。
 何しろ、朝廷が二つに分かれているのだから、国が二つに分かれているのと同じである。国は大いに乱れた。このとき、南朝側についたのが、楠木・新田であり、北朝の側についたのが、足利尊氏であった。
 楠木・新田が戦後、教育界から抹殺されたのは、どうやら、南朝側について、命を懸けて後醍醐天皇を守ったことにありそうである。
 明治時代になって、天皇の主権を確立させるために、政府は天皇を神格化するためにいろいろな手を打った。その一つが楠木・新田を英雄とすることであり、足利尊氏を否定することであった。
 楠木・新田は天皇家の忠臣であり、足利尊氏は天皇家に刃を向けた悪人だと教えたのである。楠木・新田は天皇を神格化する上で、たいへん都合のよい人間だったのだ。
東京府中 分倍河原古戦場跡の石碑 それでは、一体、誰が楠木・新田を英雄にしようと考えたのであろうか。明治になってぽっと楠木・新田が浮かび上がったのであろうか。実は、楠木・新田を英雄視する見方は江戸時代からあったのである。
 江戸時代も末期、武士の子弟が藩校などで学ぶ歴史の教科書には、頼山陽の「日本外史」が多く採用された。この「日本外史」が、楠木・新田を英雄にし、足利尊氏を悪人にしたのである。
 「日本外史」は江戸時代のベストセラーであると同時に、明治から終戦までの日本歴史の土台になった歴史書である。学校での日本史は、「日本外史」を踏まえて生徒たちに教えられた。生徒たちは否応なく、楠木・新田という武将を崇拝し、足利尊氏を蔑んだ。皇居前に楠木の銅像が建てられ、分倍河原の駅前広場に新田の銅像が建てられたのも納得できよう。

 私は「日本外史」は名前は知っていたが、読んでみようという気にはならなかった。私が「日本外史」を読もうと思ったのは、森鴎外の「伊沢蘭軒」を読んだときだ。この史伝には、伊沢家と頼家は福山藩を通じて交流があり、蘭軒と山陽が友人であることが記されている。山陽は若い頃、破天荒な生き方をした人であり、蘭軒に少なからぬ影響を与えた人である。私は思わず「日本外史」を手に取った。
 「日本外史」は日本の古代からの歴史をまとめた通史ではなく、武士の時代の歴史を書いたものである。全二十二巻からなり、巻のタイトルは次の通りである。

巻之一 源氏前記  巻之二 源氏正記  巻之三 源氏正記  巻之四 源氏後記
巻之五 新田氏前記 巻之六 新田氏正記 巻之七 足利氏正記 巻之八 足利氏正記
巻之九 足利氏正記 巻之十 足利氏後記 巻之十一足利氏後記 巻之十二足利氏後記
巻之十三徳川氏前記 巻之十四徳川氏前記 巻之十五徳川氏前記 巻之十六徳川氏前記
巻之十七徳川氏前記 巻之十八徳川氏正記 巻之十九徳川氏正記 巻之二十徳川氏正記
巻之二十一徳川氏正記 巻之二十二徳川氏正記

 現在の時代区分では南北朝時代としているところを、新田時代としているのがたいへん興味深い。巻之五の新田氏前記では楠木正成を中心に、巻之六の新田氏正記では新田義貞を中心に描いている。
 「日本外史」はいわゆる現代の歴史書とは違って、第一次資料にあたり、現地調査などをして作られたものではない。膨大な過去の歴史書・文学書などをベースに書かれたものである。ただ、歴史文学とは違う。司馬遷の「史記」みたいなものである。事実と思われることが忠実に書かれているのだが、ときには、山陽の感情が移入される部分も見うけられる。
 もともと「日本外史」は漢文で書かれたものであり、岩波文庫の「日本外史」は漢文を読み下し文にしたものである。漢文だけあって、その文章は、簡潔で力強く、リズミカルである。ほとんどが、戦いの場面であるが、非常に緊張感がある。戦いを描くには漢文がうってつけだと発見した。
 「日本外史」は長い歴史の書であるが、平氏の勃興から徳川の時代までを通して、その底に流れている理念は、まさに皇国史観である。天皇を敬い大事にするものが善で、天皇を畏怖しないものが悪と言い切っている。
 楠木・新田軍は官軍であり、足利軍は賊軍である。織田信長・豊臣秀吉・徳川家康が天下の覇者になったのも天皇家を敬っていたからだという。
 皇国史観とはいえ、内容はかなり客観的で、歴史書としてかなり高度である。と同時に非常におもしろい。ときには、「平家物語」「太平記」を読んでいるようなわくわくした気持になった。

 江戸時代、天皇家は徳川家の影の存在のように思われたが、実は、この「日本外史」を読むと、江戸時代においても、天皇は徳川家よりはるかに偉い存在であったことがわかる。皇国史観とは明治に起こったものではないのである。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 頼山陽 日本外史 楠正成 新田義貞