永倉新八「新撰組顚末記」を読む

板橋 近藤勇像 新撰組とは一体何者であるか。以前は、残虐非道な殺人鬼集団という見方もあったが、現在では、新撰組の行動を評価する向きもかなりいる。
 考えてみれば、歴史を学ぶにあたり、歴史上の人物を指して、「あいつは悪い奴だ」と決めつけるほど意味のないことはない。歴史とは事実を調べ、なぜそのような事実が起こったかを考えるもので、事実そのものの良し悪しを判定するものではない。戦前は悪い時代だったという先入観のもとで、戦前を見たら、本当の戦前の日本の姿はわからないものだ。歴史に良い・悪いなどあるはずがない。
 考えてみれば、新撰組が活躍した幕末は、幕府側と反幕府側とのいわゆる戦争状態である。戦争において残虐非道な行為がなかったという方がおかしな話である。官軍だって、新撰組よりもっとひどいことをやっている。新撰組が後世、汚名を着せられるのは、とりもなおさず、幕府側が官軍に敗れたからである。近藤勇が多くの長州人を殺したのは当然であり、逆に、近藤が官軍に捕まって首を斬られるのも当然なのである。戦争とはそのようなものであり、平和である現在の価値観で、過去の戦争の是非を問うことに意味があるとはとうてい思えない。
 さて、新撰組であるが、主だった幹部は、函館戦争終結とともに皆、この世からいなくなったと思っていたが、一人永倉新八は、大正の時代まで生き残った。私はこの事実を知ったとき、何ともいえぬ、日本人の寛容さを思い知らされた。薩長政府は永倉を許したのである。特に、長州人にとっては、永倉は殺しても殺し足りないくらいの人間であったはずだ。戦争が終わったあと、勝者である明治政府は、敗者に対して水に流したのである。この明治政府の姿勢が日本を急速に近代化に向かわしめた。近代化を土台から支えたのは旧幕臣であった。

板橋 永倉新八墓碑 永倉は大正2年に、小樽新聞の記者の取材に応じて、新撰組のことを語った。それが本になったのが、「新撰組顛末記」である。永倉は晩年は小樽に住んでいた。
 「新撰組顛末記」は当事者本人が事実を語った第一級史料である。一読して、ほとんどが周知のことであるが、考えてみれば、当たり前のことであろう。この本を参考にして、多くの新撰組に関しての本が書かれているからである。
 新撰組というと、尊王攘夷を標榜する薩長の志士たちを殺す集団だと思われているが、そのなれそめは奇妙である。実は、新撰組の初めは、尊王攘夷を行うために集まった浪人たちの集団であったのである。その集団を組織したのが清川八郎である。清川は幕府をまんまと騙し、将来、幕府を倒そうとする集団に、幕府は金を出したのである。
 清川は浪士を集めて京に上った。清川のもとに集まったのが、芹沢鴨、近藤勇、沖田総司、永倉新八などである。芹沢は水戸藩出身の尊皇家で、近藤・沖田・永倉は剣術仲間である。
 京に上ると、清川の計画が露見し、幕府の怒りを買い、清川は殺されてしまう。残った浪人たちは、京都守護職松平容保の支配下になり、新撰組を結成した。隊長は芹沢と近藤がなった。
 芹沢は肝が据わり、豪傑で、戦略家であるが、非常に短気な性格で、気に喰わないことがあると、平気で暴力を振るった。芹沢の回りは皆、芹沢を恐れた。そのため、芹沢は同志に殺された。
 その後、近藤がリーダーとなり、京の警備にあたった。新撰組の一番の敵は長州であった。長州人を探しては殺した。池田屋事件が最たるものである。長州は京から撤退するが、新撰組との戦いは函館戦争まで続く。

 新撰組が長州人たちを目の仇にして、多くを殺したのは事実であるが、それがあったからこそ、長州は本気になって倒幕に向かったといえなくもない。このように考えれば、新撰組も歴史の重要な登場人物であることは間違いない。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 永倉新八 近藤勇 山岡鉄舟 清川八郎 新撰組