若山三郎「東武王国 小説根津嘉一郎」を読む

武蔵学園大講堂に建っている根津嘉一郎像 戦前は、高等学校を卒業すれば、東京帝国大学を始めとする帝国大学に自由に入学することができた。昔は、大学入試なるものは存在しなかったのだ。
 しかし、昔はよかったと思う勿れ。大学に入るのは簡単であったが、高等学校に入るのはたいへん難しかった。高等学校は現在の大学教養課程に当たるもので、高等学校受験は現在の大学受験に相当するわけで、実は受験戦争は今も昔も変わらないのである。
 高等学校で有名なのは、ナンバースクールと呼ばれた第一高等学校から第八高等学校までの8つの高等学校で、その他に、東京高等学校・浦和高等学校・静岡高等学校などの高等学校があった。これらの高等学校はすべて官立であったが、私立の高等学校も存在した。ただし、私立の高等学校は、武蔵高等学校・成蹊高等学校・成城高等学校・甲南高等学校の4校しかなかった。学習院高等学校も存在したが、これは官立であった。
 武蔵高等学校は、尋常科4年・高等科3年の7年生の学校であった。普通、官立の学校を進む場合、中学校5年・高等学校3年(優秀な生徒の場合、中学を4年で終了して高等学校に入学する者もいた)であったから、武蔵高等学校は1年短かったのである。元総理大臣の宮沢喜一は武蔵高等学校の出身である。
 戦後、武蔵高等学校は、武蔵大学・武蔵高校・武蔵中学になった。武蔵高校はたくさんの東大合格者を輩出する絶大なる人気を誇る高校である。
 武蔵高等学校は、東武鉄道を一流の会社に成長させ、鉄道王という異名をとった根津嘉一郎が私財を投じて創立した学校であった。
 武蔵高等学校の教育理念は<自主独立の精神を涵養する>ことである。福沢諭吉の創立した慶応義塾と似ているが、この教育理念はとりもなおさず根津嘉一郎の人生哲学そのものであった。
 根津は学校を作ったが、運営は元東京帝国大学総長の山川健次郎などにまかせ、一切口を出さなかった。<金は出すが、口は出さない>が根津の方針であった。
 根津が高等学校を作ったきっかけは、アメリカに視察に行ったときである。アメリカで大成功した実業家は惜しげもなく公共のために寄付をしていた。根津もそれにならい公共のために寄付をすることを考えた。大倉商業学校を創立した大倉喜八郎の影響もあって、根津は学校の創立を思い立った。それが武蔵高等学校であった。根津は学校だけでなく、数えきれないくらい多額の金をいろいろなところに寄付をしている。
 根津はこれからの日本を豊かにするには、自主独立の精神を持った若い人間をどしどし養成しなければと思ったのである。根津の生き方は自主独立を地でいくものであった。

 若山三郎の「東武王国 小説根津嘉一郎」は波乱万丈に富んだ根津の生涯を描いた小説である。小説とはいえ、事実に基づいて物語は展開されていく。
 根津の生涯を一言でいうと、まさに<己の道を行く>である。根津は子供の頃から、喧嘩は滅法強く、人に頭を下げるのがたいへん嫌いであった。山梨の庄屋の次男坊として生まれたが、自分が正しいと思ったことは何が何でもやり抜いた。負けん気と努力と時代を見通す洞察力が根津を大成功者に導いた。
 当然、順風満帆な人生ではなかった。塗炭の苦しみを味わったことは何度もある。最も苦しんだのは、株が暴落したときである。日清戦争を期に株は上がり続けた。根津は銀行から金を借りまくって株の信用取引を行った。株が上がり続けているうちはよかったが、株は値上がり続けるものではない。株が下落し始めたときも、周囲の意見には耳を貸さずに株をやめなかった。結局、株は暴落し、根津は財産をすべて失い、莫大な借金が残った。血反吐を出すくらい苦しんだが、弱音を吐かずに踏ん張った。これを機に、株で儲けることは考えないで、実業で儲けることを考えた。
 どん底から這い上がった男の力は強大で、根津は潰れかかった会社を経営し、そして見違えるように再生させた。東武鉄道もそのような会社の1つであった。根津が経営する前の東武鉄道は赤字続きで、いつ倒産してもおかしくなかった。しかし、これからは鉄道の時代だと確信していた根津は東武鉄道を経営するや、次々と緻密な計算のもと、大胆な投資を行い、東武鉄道を日光まで延伸し、利用客を爆発的に増やした。この東武鉄道の再生は根津の大実業家としての地位を不動のものにした。
 根津は鉄道以外にもいろいろな分野に進出し、成功をおさめていく。いつしか、根津のグループ企業は根津財閥といわれるようになった。

 昔の成功した実業家は金に糸目をつけず、どんどん公共のために寄付をした。現在私たちが豊かな暮らしができるのもこれらの寄付が土台になっていることを、私たちは決して忘れてはならない。

続きを読む »

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 東武王国 小説根津嘉一郎