上念司「経済で読み解く 大東亜戦争」を読む

東京都池袋 巣鴨プリズン跡地 永久平和を願っての石碑


 今まで、太平洋戦争についての本はたくさん読んだが、どの本を読んでもいささか違和感を覚えた。なぜあの戦争が起こったかの納得する解答がなかったからだ。表面的な取り繕った解答はある。曰く、軍部が暴走したからだ。
 なぜ戦争が起こるのか?この解答をいつも軍部に求めていたらいつまでたっても太平洋戦争の本質は掴めないであろう。
 確かに、太平洋戦争において軍部が戦争を主導したのは事実であるが、なぜ軍部が戦争をしなければならなかったのか。昭和12年の日中戦争は日本が満州に進出したことが原因といわれているが、なぜ日本は満州に進出したのか。それなりの経済的・国際的な理由があったのではないのか。日中戦争を関東軍の暴走が原因とだけいっても何の解明にもならないであろう。なぜ満州に進出したかが解明できなければ、太平洋戦争がなぜ起こったかわからない。歴史学者の書いた歴史書では、あたかも軍部の一人相撲によって戦争が起きたみたいに書かれている。
 2・26事件の首謀者である青年将校たちの第一のスローガンは、国を変えて虐げられた人たちを救うことにあった。当時の日本は不況で、多くの人たちは苦しみ、特に東北の農村地帯では農民は塗炭の苦しみを味わった。2・26事件は右翼革命でも何でもなく、ロシアで起こった社会主義革命と同じである。事件の理論的指導者の北一輝は社会主義者であった。青年将校たちは革命を起こして外国と戦争をしようとなど露とも思っていなかった。彼らは国を憂いていたが、右翼ではなかった。
 軍部が戦争を主導するのは結果であって、戦争の真の原因は他に厳然と存在する。それはとりもなおさず経済である。経済がよければ戦争はしないものである。金持ち喧嘩せずは、国同士にもあてはまる。経済のよい国が戦争をするのは、国益を大きく失う脅威に直面するときである。もし、昭和初期の日本の経済状態がよかったら、あの太平洋戦争はなかったに違いない。

広島県呉市 大和ミュージアム 戦艦大和10分の1模型


 上念司の「経済で読み解く 大東亜戦争」は目からウロコの名著である。大東亜戦争とは太平洋戦争のことである。戦後、日本に駐留したアメリカの占領軍が先の大戦のことを太平洋戦争と命名したのである。現在の太平洋戦争史観といわれているものの原型は占領軍によって意図的に作られたものである。歴史は戦争の勝者によって作り変えられることを肝に銘じるべきだ。
 上念はものの見事に太平洋戦争の元凶をあげている。それは金本位制である。金本位制は、近代史では超有名なテクニカルタームで、入試にはかならず出るといってよい。だが、金本位制という言葉は有名でもその実態はよく知られていない。金本位制が経済にどのような影響を与えるのかはわからない。そもそも金本位制がいい制度なのか悪い制度なのかもわからない。
 血盟団事件で凶弾に斃れた井上準之助は金本位制を復活させた中心人物であるが、あの城山三郎が井上のことを小説で美化していたので、私は金本位制とはいい制度なのかと思っていた。ところが、上念は井上のとった政策が日本を戦争に導いたと示唆している。経済をよく知っているという城山はこのことを認識していたのであろうか。
 上念は金本位制ほど悪いものはないといっている。その理由をわかりやすく論理的に説明しており、私はやっと金本位制なるものがよくわかった。そして、遅ればせながらデフレというものは恐ろしいものだと理解した。
 結論からいうと、金本位制のもとでは貨幣は金の保有量しか発行できないので、経済の成長は止まってしまう。資本主義社会で、経済の成長が止まるのはそれは死を意味する。結局、戦争という究極の選択をせざるを得ないのである。

 この本の中にはお決まりの軍部批判は顔を出さないし、東条英機も出てこない。戦争を起こさない方法は一つだけである。それは国を豊かにすることである。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 上念司 経済で読み解く 大東亜戦争 永久平和を願って

上念司「経済で読み解く明治維新」を読む

旧江戸城天守閣跡


 明治維新とは何だったのか。明治維新についての真面目な議論の一つに、明治維新はブルジョア革命なのか、プロレタリア革命かというものがある。この議論はピンとこないが、真面目だというのは、少なくとも経済というものを考えているからだ。
 明治維新というとすぐに、尊王攘夷・薩長同盟・新撰組や下級武士たちの活躍が出てくるが、明治維新がなぜ起こったかという本質めいた話はなかなかでてこない。西郷隆盛も勝海舟も大久保利通も環境が整ったから活躍できたのであり、元禄時代に生まれても活躍できなかったのは当然である。
 明治維新は起こるべくして起こったのであり、薩長の志士たちはそれを先導しただけである。江戸幕府は潰れるべくして潰れたのである。本当の維新史とはなぜ江戸幕府が潰れたのかを解明しなければならない。
 学校で習う歴史教科書にはなぜ江戸幕府が潰れたかという正確な記述はない。江戸時代は武士が百姓(農民を含めた武士以外の人たち)から搾取したとか、武士階級が贅沢三昧に暮らしていたとかの推測で、江戸幕府の崩壊を語っている。米騒動・百姓一揆は日常茶飯事で、江戸時代は暗黒な世界であったらしい。しかし、暗黒の江戸時代がなぜ二百六十年も続いたかということは一切語られていない。本当に暗黒な時代であったら長く続くわけはないのである。
 歴史を動かすのは一体何であるのか。やはり、司馬遼太郎がいっているように、「歴史を動かすのは利害である」というのが大正解であろう。徳川幕府の存続が大多数の人の得になるのなら、徳川幕府は生き延びたはずである。
 利害をトータルに集めたものが経済である。結局、歴史の本質とは経済の動きそのものである。数々の維新史を読んでいて、腑に落ちないのは経済学的な視点が欠けているからだ。なぜか日本の歴史は政治を中心に語られる。おそらく、大多数の歴史家といわれている人たちが大学の文学部で歴史を学んだことと関係しているのかもしれない。経済学的な視点のない歴史などはっきりいって、私は邪道だと思う。

上野 西郷隆盛像


 上念司の「経済で読み解く明治維新」は目から鱗の歴史書である。明治維新とは銘打っているけれども、内容は江戸時代の統治システムの解明とそのシステムがなぜ崩壊していったのかの分析についてである。薩長の志士たちの話はほとんど出てこない。やはり、江戸時代の本質を書くことが、本来の維新史を書くことなのであろう。幕末の動乱が本当に始まるのはペリー艦隊が来日してからのことであるが、維新の本質を述べるのに、ペリー艦隊から書き起こすのはやはりほとんど意味がないであろう。江戸時代二百六十年の蓄積が明治維新を起こしたと見るべきである。
 上念は江戸時代の統治システムをマクロ経済学的な視点で見ている。非常に説得力があり、思わずなるほどと頷いてしまう。教科書では絶対に見られない合理的な歴史解釈である。
 上念にいわせると、江戸幕府の統治システムの大きな欠陥の一つは、全国の藩に徴税権を与えたことである。この視点は教科書ではないがしろにされるが、非常に重要なことである。
 幕府は自らの領地(天領)からしか年貢は取れないのである。全国で約二千五百万石あるのに、天領は約四百万石である。藩の財政は各藩でみるにしても、四百万石で二千五百万石の土地の面倒をみなければならない。幕府が財政的に破綻するのは必然だったのである。
 この本には、その他にあっと思わせる視点が次々と出てくる。結局、明治維新は起こるべくして起こったと納得するのである。

 上念は、江戸幕府の悪い点だけをあげているわけではない。優れた点もたくさんあげている。上念は、明治になって日本が急速に発展するのは、江戸時代の資産があったと力説している。これもなるほどと納得してしまう。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




 

続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 上念司 経済で読み解く明治維新