中村健之介訳「ニコライの見た幕末日本」を読む

お茶の水 ニコライ堂


 神田駿河台にあるニコライ堂はロシア正教の宣教師ニコライに由来するという。
 ニコライは1836年にロシアの田舎で生まれ、首都ペテルブルグの神学大学に進み、1861(文久元)年領事館付き司祭として日本の箱館に来た。極東の異教徒に宣教することを決意したのである。1869(明治2)年に一旦ロシアに帰るが、1871(明治4)年に再び箱館に戻ってきた。その後、ロシアに帰ることなく、日本に骨を埋めた。
 特筆すべきは、1904(明治37)年に始まった日露戦争のとき、ニコライは日本に留まることに決め、日本人正教徒たちに、日本人の義務として日本が勝つように祈ることを勧めたことである。
 ニコライは箱館の地に着くや、日本に関して猛勉強した。日本語をまず学び、日本の歴史・文化そして宗教を研究した。当時、箱館にはまだアメリカに密航しない新島襄がいて、ニコライは新島から「古事記」を教わり、逆に新島に英語と世界情勢について教えた。 ニコライは、1869年にロシアに戻るが、このとき、ロシア報知という新聞に日本についての論文を発表した。ロシア報知はドストエフスキーの「罪と罰」が掲載された新聞でもある。
 この論文が、中村健之介訳「ニコライの見た幕末日本」(講談社学術文庫)である。

函館 高田屋嘉兵衛像


 「ニコライの見た幕末日本」はニコライが自ら見た日本についての感想と、研究した日本の歴史・宗教などについて言及したものである。
 まず、ニコライが驚いたのが日本人の民度の高さである。極東の未開の野蛮人だと思っていた日本人が予想に反して、聡明で礼儀正しいことに正直驚いている。国自身も平和であった。
 ロシア正教を布教するニコライとしては当然、日本人の宗教に多大なる関心をもち、歴史的にそれを研究している。この論文の大半は日本の宗教に関するものである。
 ニコライは日本には、大きく四つの宗教があることを発見する。一つは、日本古来の神道であり、二つ目はインドから来た仏教であり、三つ目は中国から来た儒教であり、四つ目は西洋から来たキリスト教である。
 調べていくうちに最もニコライを悩ませたのは仏教である。まず、日本古来の神道の核心の存在である日本の神々と仏教の神々が融合していることが、ニコライにはわからなかったというか不思議そのものであった。また、仏教はたくさんの宗派に分かれており、教えも行動規範もまったく違うことに驚いた。僧侶は妻帯しないものだが、妻帯してもよい宗派もある。
 ニコライが驚きそして感動したのは、日本にキリスト教信者がいたことである。ニコライが来日したときはまだ江戸時代で、キリスト教は邪教として、信じてはいけないことになっていた。過去、日本で隠れキリシタンが迫害されたことをニコライは知っていたが、長崎にその隠れキリシタンが多数いることにニコライは感激した。
 ニコライは幕末から明治維新を経験し、そして明治という時代を生き抜いた。ニコライは明治45年、すなわち明治の最終年まで日本を見続けて没したのである。明治になって、日本は急速に過去の日本を捨て、西洋文明を貪欲に吸収した。ニコライはこの日本の姿に疑問をもちつつも、日本をこよなく愛した。ニコライにとって、日本はおそらく、母国ロシア以上のものだったに違いない。

 訳者の中村健之介は宗教家ではなく、比較文学者であり、ドストエフスキーの研究家でもある。中村がニコライに興味をもったのは、ニコライがロシア正教の宣教師であるからだ。ロシア正教とは、ドストエフスキーの世界を解明する上で重要なキーポイントである。実際、ドストエフスキーはニコライの書いた論文に興味をもったという。
 世界で一番ドストエフスキーが読まれるのは日本であるという。日本人とロシアはロシア正教でも繋がっているのである。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ



続きを読む »

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 中村健之介 ニコライの見た幕末日本