FC2ブログ

石平 「なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか」を読む

奈良 飛鳥寺 飛鳥大仏


 日本は中国から強い影響を受け、様々な制度・文化を取り入れたのは厳然とした事実である。律令制も漢字も中国から伝わった。特に、漢字は日本の文化の土台を成すもので、漢字がなかったら日本の文化は語れない。韓国も同様に中国から強い影響を受けている。日本・中国・韓国は同じ中国文化圏のもとで歴史を歩んできたことになる。

 個人的なことを申せば、私は大学で中国の歴史を学んで以来、長い間、中国の古典に親しんできた。「論語」「唐詩選」は愛読書であり、「水滸伝」「金瓶梅」も何度か読んだ。私は正直いって、中国の古典に畏敬の念をもっている。

 「論語」というと、堅苦しい道徳の書で人の心を縛るものだと敬遠されがちだが、何度も読むと味わいが出てきて、何とも人間愛に満ちた書物であることがわかる。「論語」を儒教に被せて軍国主義と結びつける輩がいるがまったくの的はずれである。
 「論語」が現代日本人の行動原理の一部を成していることは否定できない。だからこそ、日本人の行動が世界から賞賛されるのである。日本人の行動原理の核を成すものは武士道であり、武士道を形成する大きな要素が「論語」であることを日本人自身が肝に銘じなければならない。

 競技において勝者は敗者をいたわれ。意外かもしれないがこれは「論語」の教えるところで、孔子はスポーツマンシップも説いているのである。下の者が上の者に対する礼儀があると同時に、上の者が下の者に対する礼儀もある。これも「論語」で繰り返し教えるところである。日本人の客が店の者に礼を尽くすのは、この教えが生きているのかもしれない。日本人の美徳のルーツを辿ると「論語」に行き着くことが多くある。

 「論語」から影響を受けた日本人の行動が世界から賞賛されるのなら、「論語」の本場の中国人や「論語」に日本より強く影響を受けた韓国人の行動は日本人よりはるかに賞賛されるはずだが、彼らの行動は非難されることはあっても、褒められるということはない。中国と韓国が高度経済成長を果たしたここ三十年ばかりの中国と韓国の行動を見ていると私は同じ「論語」を学んだ国なのかと唖然としている。中国も韓国も国を挙げて平然と約束を破り、平気で嘘をいう。中国人も韓国人も日本人とまったく異質だといわざるを得ない。日本・中国・韓国が心から仲良くする時代は永遠に来ないと確信する。

湯島聖堂 孔子像

湯島聖堂 大成殿


 なぜ、同じ「論語」を学びながら、日本と中国・韓国はこうも違うのであろうかと疑問に思っていたが、その疑問を解消してくれる本に出合った。それが石平氏の「なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか」である。

 この本を一読してまず思ったことは、石平氏が中国から帰化した日本人だからこそ、中国と日本を相対化して見れるのだということである。石平氏は、日本が中国から多大な影響を受けながら、中国文化の核ともいえる中華思想に毒されなかったことに驚いたのであろう。

 石平氏は、日本に儒教が仏教より早く伝わってきたのに、儒教を軽んじて仏教を熱心に取り入れたのは、中華思想を否定したからだという。時の日本のリーダーは儒教を本格的に取り入れると、必然的に中華思想の影響を受け、結果的に日本が中国の属国になると気が付いていた。中華思想とは、中国が世界の中心で、中国の回りの国々は文明の劣った野蛮な国だというものである。中華思想を受け入れるとは、中国の柵封体制に組み入れられるということである。

 日本ははなから中国の属国になることを否定し、インドで発生した仏教を重んじたのである。日本は中国と対等に付き合おうとした。日本は独立国家であると中国に主張をした日本のリーダーが聖徳太子である。

 江戸時代になるまで、日本では儒教は無視されたが、江戸時代になると幕府は儒教を重んじ、寛政になると朱子学を官学にした。儒教は武士の必修であったのである。ところが、日本人の儒者の中には、荻生徂徠のような朱子学を否定するものが現れ、日本独自の儒教を構築していった。いわゆる古学派といわれる人たちである。古学派は直接「論語」を研究した。古学派の成立によって中国の儒教と日本の儒教は本質的に違うものになった。 古学派の流れは国学を生む。国学は中国そのものを否定するものである。国学は日本の古典を研究することによって、日本人本来の感性を突き止めた。「ものの哀れ」を感じることが日本独自の感性だというのである。

 江戸時代の後期は儒教と国学が並立しいるが、儒教が衰えることはなかった。それよりも、明治になると、儒教は国民全体に浸透してくる。教育勅語は儒教がベースになっている。
 石平氏は、なぜ明治になって儒教が日本に江戸時代以上に浸透したかについて、またその影響が現代にどう及ぼしているかは、今後の研究課題だとしている。

 この本を読むと、江戸時代までの日本は儒教にしろ仏教にしろ盲目的に受け入れるのではなく、受けいれても日本の風土にあったように作り変える知恵があったことがよくわかる。それだけ、日本人は独立自尊の気概をもっていたのであろう。

 これからますます国際化に進む現代の日本は、果たして、先人たちのように独立自尊の気概をもつことができるのであろうか。この本はある意味、盲目的に外国の文化を取り入れる現代日本人たちへの警告の書かもしれない。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

 



 写真上から、奈良飛鳥寺にある飛鳥大仏、湯島聖堂に建立されている孔子像、大成殿です。

奈良 飛鳥寺

奈良 飛鳥寺 652年壬申の乱の石碑

奈良 飛鳥寺 

 写真上から、奈良飛鳥寺の山門、飛鳥寺に建っている672年壬申の乱の石碑、飛鳥寺西門跡の案内板です。

奈良 談山神社

奈良 談山神社鳥居

 写真上から、奈良県桜井市にある藤原鎌足が祭神の談山神社の石碑と鳥居です。

湯島聖堂 昌平黌跡

港区 荻生徂徠墓所

港区 荻生徂徠墓所の案内板

 写真上から、千代田区湯島聖堂、港区にある荻生徂徠の墓所と案内板です。


テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 石平 なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか

石平「なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか」を読む

聖徳太子生誕地 奈良県明日香橘寺太子堂


 「教育勅語」がマスコミ界を賑わしている。ある大手新聞の記者が文部科学大臣に対し、「教育勅語を教えるということは、戦前に戻るのですか?」と質問をした。何かあるといわれるフレーズにあきれながらも、やはり怒りを禁じ得ない。この日本の良心を代表していると自認している新聞社の記者ははなから「戦前の日本は悪」と決めつけているのだ。
 自らの国の歴史を否定する国に未来はあるのかというのはよくいわれるが、正直、この新聞社の記者のような人間が言論の最前線にいる国の未来ははたしてだいじょうぶかと不安になる。
 歴史論争といえば日本と中国・韓国との間の問題のようにとられがちだが、歴史問題の根本的な問題はすべて日本人自身にあるといわざるを得ない。
 日本の戦前を否定する人たちの決定的な間違いは、歴史と真剣に向き合わないことである。あたかも「戦前の日本は悪」が否定できない公理として、歴史を見ることである。この先入観のもとでは、歴史をどんなに学んでも無意味である。
 「戦前の日本は悪」という公理に都合のよい事実だけをあげつらって、自説が正しいことを主張するだけである。このような論法では、歴史の真実が見えてくるはずがない。
 日本が満州を侵略していたというが、そのときの満州そして中国がどのような状況にあったかを本当に調べたのか?日韓併合は悪だというが、大半の朝鮮人が望み、西洋諸国が認めたことを知っているのか?
 歴史に真剣に向き合うというのは、先入観なしに、その時代を時間的にも地理的にも相対化して見るということだ。いい換えると、現代の見方で、日本の事情だけでその時代を見てはいけないということだ。
 教育勅語が悪いという人間たちは、教育勅語がどのような過程でできたかを知っているのか、それ以上に教育勅語を本当に読みこなしたのか。少なくとも十回読んでみれば、この勅語が日本を戦争に導いたなどといえるはずがない。要は、日本人がお互いに尊重しあって日本のために協力しようということで、当たり前のことをいっているにすぎない。また、勅語は法律でないことも肝に銘じておくべきだ。
 戦前、世界で最も尊敬された日本人の一人にリベラリストの新渡戸稲造がいる。新渡戸はヨーロッパに滞在しているとき、「日本にはキリスト教のような宗教はないが、倫理・道徳教育はどうしているのか?」という質問を受けた。この西洋人は無宗教の日本人がなぜ道徳心に満ち溢れた人間かと驚嘆しているのである。新渡戸はすかさず、「日本人は武士道を学びます」と答えた。新渡戸は欧米人に武士道を理解してもらうために英語で「武士道について」という本を書いている。
 教育勅語を悪という人間は、武士道も悪というであろう。ところが、武士道は倫理・道徳のような行動規範であって、日本人に根強く植え付けられたものである。現在、日本人の道徳観念は高いと世界中から称賛されるが、実は、これも武士道のおかげなのである。武士道と戦争とはまったく関係がない。教育勅語と武士道はかなり似通っている。
 歴史を学ぶというのはたいへんな精神的な苦痛を伴うものである。とにかく、主観を排して、客観的に見なければならない。いい事も悪い事も事実として受け止め、論理的にその裏側にある真実に迫らなければならない。そのため、日本に住んだことのある外国人の方が、日本並びに日本の歴史をより客観的に記述してくれる。
 幕末から明治にかけてたくさんの西洋人が日本を訪れ、日本のことについて本を書いている。その本を読んでみると、びっくりするぐらい日本のことを称賛している(もちろん日本のことを貶していることもあるが)。それらの本を読み尽くせば、江戸時代に対する見方が劇的に変わるであろう。

多磨霊園 武士道著作者新渡戸稲造像

独協学園創立者西周像


 石平氏の「なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか」はすばらしい本である。中国人から日本人になった石平氏は、日本の歴史を相対化できる人である。
 タイトルから、この本はいかにも中国・韓国を貶す本だと思われがちだが、実際に読んでみると、この本は日本人の歴史の見方に警鐘を鳴らしたものであることがわかる。石平氏は中国人・韓国人に怒っているのではなく、日本人に対して怒っているのである。日本人よ、歴史を正しく学べといっているようだ。
 日本がなぜ、世界に冠たる自由市場経済国になったかは、江戸時代という西洋型の封建時代があったからだといっている。江戸時代は暗黒時代ではないと力説しているのである。その論理的な記述には説得力がある。私はただただ頷くだけである。

 日本の歴史を知りたい人にはかならず読んでほしい。

世田谷松陰神社 吉田松陰像

浅草 吾妻橋に建っている勝海舟像

金沢八景 憲法草創ノ碑


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




 写真上から、聖徳太子生誕の地である奈良県明日香橘寺の太子堂です。聖徳太子は、十七条の憲法を制定しました。十七条の憲法は「和を以て貴しと為し、」から始まります。日本人の心の中には「和を以て貴しと為し、」が刻み込まれています。
 文中の写真上は、武士道の著作者であり、国際連盟事務局長、旧制第一高等学校長など要職を歴任した新渡戸稲造の像です。
 写真下は、啓蒙家、教育者で独協学園創立者の一人で初代校長を務めた西周です。開校式の演説において「そもそも、学をなす道はまず志を立つるにあり」「志を立てて学問に従事すれば、これに次ぐものは勉強にあり」と述べています。
 1948年(昭和23年)6月19日、教育勅語などと共に失効したものに軍人勅語があります。軍人勅語は西周が起草し、教育勅語を起草した井上毅が加筆しました。
 西周は、福沢諭吉と共に多くの西洋の言葉を訳語にしています。「芸術」「理性」「科学」「技術」「心理学」「意識」「知識」「概念」「帰納」「演繹」「定義」「命題」「分解」など現在でも重用されています。
 写真下は、世田谷の松陰神社に座っている思想家吉田松陰像です。下は、幕末に西洋列強国からどのように日本を守ることを第一に考えて行動した浅草吾妻橋に建っている勝海舟像です。
 最後の写真は、金沢八景に建っている憲法草創の碑です。この地で井上毅、金子堅太郎、伊藤巳代治らによって明治憲法が草創されました。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 石平 なぜ中韓はいつまでも日本のようになれないのか 武士道

石平「韓民族こそ歴史の加害者である」を読む

上野公園 征韓論 西郷隆盛像


 昨今の中国・韓国の歴史問題における日本非難がすさまじい。日本は歴史を直視せよとの大合唱である。特に、韓国は慰安婦問題を取り上げ、日本・韓国両国政府での合意を無視して恥じることがなく、あろうことかさらに日本を責めている。
 韓国の国際常識無視を糾弾するのは簡単であるが、まず、考えなければならないことは、何故、慰安婦問題がこれほどまでに大きくこじれることになったかである。
 そもそも、慰安婦問題は韓国から提起されたものではない。朝日新聞の捏造記事によって、突然歴史に登場したのである。朝日新聞は三十年以上もこの記事が誤報であることを認めなかった。私が問題視するのは、日本国民が三十年以上も朝日新聞に誤報を認めさせることができなかったことである。
 これは、国民が心の底で、「日本は過去、韓国に対して非道なことをしたのではないか」と思っているからでないか。日本人は、戦後、当たり前のように、戦前の日本は諸外国に多大なる被害を与えたと教わってきた。学校の日本史の授業では日本の悪口のオンパレードであった。テレビでは現在でも戦前の日本を否定的に堂々と報じている。いわば、生まれ落ちたときから、私たちは、戦前の日本は悪だと刷り込みされて育ってきたのである。歴史問題の根本は日本人の歴史認識にあるのではないかと、私は思う。
 はたして、戦前の日本は本当に悪であったのか。ぜひとも、日本人は自ら学習して確かめなければならない。とりもなおさず、歴史問題は日本人が歴史に対して無知であるという問題でもある。中国人・韓国人の問題ではない。

品川 伊藤博文霊廟


 韓国の歴史は現在それこそ数え切れないほど出版されているが、韓国の全歴史を通じて本質的かつ論理的かつわかりやすく述べている本の一つとして石平氏の「韓民族こそ歴史の加害者である」を上げる。
 この本は非常にわかりやすくそして説得力がある。おそらく、この本一冊で、韓国という国がどのようにして諸外国(中国・日本・ロシア・アメリカ)と通じていたのかがわかる。そして、韓国という国の他の国とは全く違う性格がよくわかる。
 結論からいうと、韓国は自らがいうような、被害者であることは歴史上一度たりともなく、つねに、諸外国を自国の紛争に巻き込む加害者であったことである。中国も日本もアメリカも被害国であったのだ。
 時代を、三国(高句麗・新羅・百済)時代・高麗時代(元寇の時代)・朝鮮王朝(近代化の時代)・朝鮮戦争の時代(戦後)の四つの時代に分けて、詳しく述べている。
 たとえば、一番新しい歴史である朝鮮戦争のことである。この戦争では、五百万人以上の人が死んでいる。中国軍もアメリカ軍も多大なる戦死者をだした。しかし、本来なら、この戦争は三か月で終了し、被害もごくわずかであった。それを韓国初代の大統領である李承晩が、何の戦略も知恵もなく、ただ自らの願望のために、いたずらに戦線を拡大していった。結局、朝鮮は統一されず、五百万の死者をだしながら、三十八度線はなくならなかった。これなら、金日成の北朝鮮軍が攻めて来てから三か月でやめてもよかったのである。李承晩の野望のために三年以上も戦争を継続した。中国とアメリカは多大なる被害を蒙ったのである。
 韓国は自分の国の始末を自分の国の力で行うことができないのである。つねに外国にたよる。そして、かならずその協力してくれる外国を裏切る。これは韓国の歴史を通して一貫している。現在も同じような状況である。

常盤橋 渋沢栄一像

ホテルオークラ 大倉喜八郎像


 この本を読むと、日本人の独立の精神がいかにすばらしかったのかをしみじみと思いだす。なぜ、勝海舟が江戸城の無血開城を許したのか。大きな理由は外国が日本の内乱に介入することを防ぐためだ。韓国は同じ韓国人の政敵を排除するために、外国の力を借りた。韓国には根本的に自主独立の精神がないのである。このような国が本当に北朝鮮と統一できるのであろうか。ドイツとは全く似ても似つかない国である。
 韓国に関する本を揶揄して嫌韓本というらしいが、石平氏のこの本は韓国を卑下したものではない。まさに、歴史的事実を述べているだけである。ぜひとも、韓国を批判する前に読んでほしい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




 上の写真は、明治時代に朝鮮半島に関係した人たちです。日本では尊敬されている偉人ばかりです。上から上野公園に建っている征韓論の西郷隆盛像、大井町にある初代朝鮮統監の伊藤博文霊廟、朝鮮人を雇用してインフラを整備し、学校を設立して人材を育てた常盤橋に建っている渋沢栄一像とホテルオークラ大倉集古館にある大倉喜八郎像です。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 石平 韓民族こそ歴史の加害者である