田中秀雄「朝鮮で聖者と呼ばれた日本人 重松髜修(まさなお)物語」を読む

拓殖大学


 日本と韓国はどうなっていくのか。2017年の年の瀬も押し迫って、韓国政府は2015年12月の従軍慰安婦問題に関する日韓合意が妥当であったかどうかの検証結果を発表した。
 その内容は予想された通り、合意そのものを否定するものであった。政府と政府が合意されたものがいとも簡単に覆されたのである。
 ただ、今回の一連の韓国の日本に対する非難において喜ばしいことが起きている。それは、韓国の主張に対して同調する日本人の勢力が弱くなったということである。テレビに至っては韓国を擁護する意見は皆無であった。
 私は日韓問題は本質的には日本の国内問題であると思っている。戦前の日本イコール悪という公式が成り立つ内は、日韓の歴史問題はなくならない。
 本当に戦前の日本は悪だったのか。本当に日本は韓国を併合したとき、朝鮮民族に空前絶後の悲惨な目に合わせたのか。それに解答を与えるのは日本人自身である。
 私たちができることは勇気をもって正々堂々と真実を伝えていくしかないのである。

拓殖大学 創立者 初代総長桂太郎像

多磨霊園 拓殖大学第二代総長新渡戸稲造


 私が読んだ日韓併合時代のことを書いた本の中で最も感動した本の一つが田中秀雄の「朝鮮で聖者と呼ばれた日本人 重松髜修(まさなお)物語」である。
 この本を読んだとき、本のタイトルにある通り、まさに重松は聖者だと思った。正直、日本人いや人間を超えた存在だと思った。同時に、私は重松を聖書に出てくるモーゼと重ね合わせた。エジプトの奴隷となっていたユダヤ人をエジプトからユダヤ人の故郷であるイスラエルの地に想像を絶する苦難を乗り越えて連れ帰ったのがモーゼである。無知蒙昧なユダヤ人たちは奴隷でいることを望み、モーゼに反抗した。
 重松は朝鮮の八田與一とよばれているようだが、根っからの技術者の八田と重松は違うような気がする。重松は、技術者をも超えた神がかり的な人であったと言うべきか。
 それでは一体重松は具体的に韓国で何をしたのであろうか。
 重松は明治24年に松山市で生まれ、東洋協会専門学校(現拓殖大学)を卒業し、大正4(1915)年に韓国に移住し、終戦までの約30年間の大半の時間を金融組合の理事の仕事に費やした。
 金融組合とは農民相手の銀行みたいなもので、目賀田種太郎が朝鮮半島全土に展開し、旧態依然の紊乱した朝鮮の財政状況を劇的に改善するために設立した。
 当時の朝鮮は日本では中世といってよいほどの未開の地で、国の体を成しておらず、金融制度もなかった。あるのは高利貸しだけであり、農村は全く疲弊していた。
 重松は大正6(1917)年に陽徳という地の金融組合の理事になった。ここで、人生最悪の惨事に出合う。三一独立運動に遭遇し、暴徒に右太ももを拳銃で撃たれ、生死をさまよう。幸運にも一命はとりとめたが、右足は生涯不自由となった。しかしこのことにもめげず、重松は金融組合の理事に執着し、数年後、江東という地の金融組合の理事に就任した。 重松の歴史に残る業績はこの江東の地で行われた。貧しい生活を強いられ、預金ができなく、将来の見えない農民たちに、卵を売るという副業を教えたのである。
 鶏を飼育し、卵を生ませ、それを売った代金を預金することを説いた。預金は将来ある程度溜まったら、生活向上のために投資をさせる。その具体的な目標として、30円溜まったら牛を買うことにした。牛は耕作をするうえで大変重宝なもので、生産性がすこぶる高まる。ただ、多くの農民にとっては垂涎の的であり、まして、卵を売って牛を買うことなど、誰も信じなかったし、不可能なことだと思った。
 重松は不可能を可能にしようとした。こう決断したとき、重松は金融の人間の枠を大きくはみだし、養鶏事業の専門家へと突き進んだ。私財を投げうって、日本から良質の鶏を仕入れ、養鶏舎を作り、飼育に精を出した。無論、金融組合の仕事をしながらである。夫婦ともに睡眠時間をぎりぎりまで削って頑張った。鶏が有精卵を生むと、それを無償で江東の農民たちに配った。農民たちは乗り気ではなかったが、重松の熱心な説得に徐々に理解を示し、一人二人と卵を売ることを始めた。次第に卵を売る農民たちが増え、それとともに、農民たちは勤勉・努力・節約という生きていく上での貴重な資質を身に着けていくのである。重松は卵の生産の指導だけでなく、販売・マーケティングなどすべてを受け持った。まさに八面六臂の活躍である。
 養鶏事業を始めて5年もたつと、いよいよお金が溜まり、現実に牛を買う農民が現れた。夢が現実化したのである。その後、続々と牛を買う農民が増え、牛だけでなく土地を買って農地を拡大させた人が多く現われた。江東の農民たちは自立し、生活を見事に安定させた。卵を売ることによって小学校さらに上級の学校に行けるようになり、医者になるものまで出た。重松は卵によって、江東をまったくそれまで考えられなかった豊かな別天地に変えたのである。
 この本の圧巻は何といっても、終戦直後、朝鮮人が日本人に憎悪の目を向け、重松が官公吏だったという理由で警察に逮捕されたときのことである。おそらく重松は死ないし一生日本に帰れないことを予期したはずである。
 ところが重松は命からがら日本に帰国することができた。重松を取り調べた検事は金東順という人で江東の貧しい農家の出身であるが、卵の貯金で上級の学校に行き、検事になった。金は重松と二人きりになると、重松のことを「重松先生」と呼び、無事日本に帰国させることを約束した。実際金は用意周到に準備をし、見事に重松を日本に帰国させることに成功したのである。まさに、金は徳をもって重松の恩に報いたのである。この一事だけでも重松が何をしてきたかがわかるであろう。

 私は重松のような日本人がいたことを心底誇りに思う。日韓併合時代、日本が韓国に何をしたかを知りたい人にはぜひとも読んでほしい本である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ







 写真は、上から重松髜修の出身校である東洋協会専門学校(現拓殖大学)です。写真中は、拓殖大学創立者で初代総長の桂太郎像です。桂太郎は日露戦争時の内閣総理大臣でした。写真下は、多磨霊園で写した拓殖大学第二代総長の新渡戸稲造像です。ちなみに第三代総長は、内務大臣、関東大震災時の東京市長だった後藤新平です。拓殖大学は内務省管轄の学校でした。戦前の朝鮮や台湾で活躍した人に拓殖大学出身者が多くいます。

 併せて読むと、幕末から明治の激動期がよく理解できます。
ヨーゼフ・クライナー編「ケンペルのみたトクガワ・ジャパン」を読む
今泉みね 金子光晴解説「名ごりの夢 蘭医桂川家に生れて」を読む
松尾龍之介「長崎蘭学の巨人─志筑忠雄とその時代」を読む
エドゥアルド・スエンソン「江戸幕末滞在記 若き海軍士官の見た日本」を読む
エメェ・アンベール「絵で見る幕末日本」を読む
藤田覚「幕末の天皇」を読む
アーネスト・サトウ「一外交官の見た明治維新」を読む
渡辺京二「逝(ゆ)きし世の面影」を読む
宮本常一の「イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む」を読む
佐藤雅美『大君の通貨 幕末の「円ドル」戦争』を読む
ハーバート・G・ポンティング 長岡祥三訳「英国人写真家の見た明治日本 この世の楽園・日本」を読む
杉本鉞子著 大岩美代訳 「武士の娘」を読む
エリザ・R・シドモア「シドモア 日本紀行 明治の人力車ツアー」を読む
エメェ・アンベール「絵で見る幕末日本」を読む
H.シュリーマン「シュリーマン旅行記 清国・日本」を読む


テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学