猪瀬直樹 磯田道史「明治維新で変わらなかった日本の核心」を読む

伊勢神宮 鳥居 宇治橋


 気のせいか、近頃出版される一般向けの歴史の本が質的に変わってきたように思う。興味本位ではなく、切実に日本の国の成り立ちを解明しようとする姿勢が垣間見えるからである。
 現在、日本という国が本質的に変わろうとしている。その顕著な例が憲法改正である。正直なところ、私は長い間、憲法とは変えられないものだと思っていたし、事実、五十年近く、安倍総理大臣以前の総理大臣が憲法改正を国会で口にするなどありえないことであった。口に出した瞬間、内閣は潰れたであろう。日本人にとって、憲法は決して変えることのできない不磨の大典の趣きがあり、憲法は戦後の日本の国の形を縛ってきた。
 国が劇的に変わろうとするとき、国民は、国の本来の姿を知りたく、作り物でない本当の歴史を求めるのであろうか。本当の歴史こそが未来への指針となるからである。
 考えてみれば、私たちはいかに作られた歴史に惑わされてきたことか。はたして江戸時代は武士を頂点とする身分社会で、農民は自由がなく年貢を絞りとられていたのか。はたして日本の資本主義は明治になって突然発展したのか。はたして、天皇は権力者として君臨したのか。
 太平洋戦争において、私は痛烈に疑問に思ったことがある。太平洋戦争といえば、日本の軍国主義ばかりが強調されるが、なぜ、日本は世界の最強大国であるアメリカと戦争をし、約四年に渡って戦いをすすめることができたのか。日本の国力はそれほどすごかったのか。また、アメリカの占領後、なぜ、GHQのマッカーサーは廃止すると計画していた天皇制を維持したのであろうか。
 おそらく、教科書のような作られた歴史では、この二つの疑問に解答を与えることは難しいだろう。解答を得るには、江戸時代の真実の歴史、歴史上天皇の本当の役割を知る必要がある。

伊勢神宮 社殿

伊勢神宮 旧社殿


 評論家猪瀬直樹と歴史学者磯田道史の対談本「明治維新で変わらなかった日本の核心」は、目からウロコのまさに歴史の啓蒙書である。古代から明治までの日本の歴史について、作られた歴史をまったく無視して、忌憚なく論じている。その主張には説得力がある。それにしても、専門家とはいえ、磯田の広く深い歴史研究には畏れ入る。
 冒頭、「赤穂事件」を扱っている。猪瀬は、吉良上野介が赤穂浪士の討ち入りで殺されたのは、徳川家の陰謀ではないかという仮説を紹介している。理由は、徳川家が高家である吉良家の禄四千石を惜しんだからである。吉良が本所に屋敷を与えられたのは左遷ともいっている。それから、天皇の権威についての討論が始まるのである。
 この徳川家の陰謀説を私は初めて知り、驚いた。この本全体を通して、私は驚きの連続であった。その中で、特に驚いた内容は次の二点である。

(1)天皇は権力をもたず、権威をもっていた。
(2)江戸時代、日本は近代的資本主義のシステムをすでにもっていた。

(1)に関していえば、日本人は権力と権威を使い分けていたというのである。江戸時代、徳川家が権力をもつが、天皇は権威をもっていた。武士が最高の名誉とされる官位は徳川家を通して天皇家から与えられるのである。その見返りに天皇家は禄を与えられていた。徳川家は天皇の権威を否定することなく、その権威を最大限利用した。天皇が権威をもつことは、ほとんどの日本の歴史を通じてあてはまるという。

(2)に関しては、この本の主要テーマであるため、かなり詳しく論じられている。目からウロコの内容は、江戸時代、農民は土地の所有権をもち、それを担保に借金ができたこと、かなりの農民が商工業を兼業していたこと、金融制度がしっかりしていたこと、農民は自由に移動でき流通が整っていたこと、信用社会であったことなどなど。極め付きは、少年二宮金次郎が背負っていた薪は、付加価値の高い燃料で、それを売っていたことである。二宮少年はいかに大量の薪を手に入れ、それをいかに効率よく売ることを情報を広く集めて常に考えていたのである。二宮金次郎とは近代的経済人であった。

 二人の主張を読んでいると、江戸時代はもはや封建時代とはいえない。

 明治になって、江戸時代のシステムを残しながら西洋のシステムを導入して、日本は資本主義を発展させ、昭和になってアメリカと戦争ができるくらいの経済大国になっていたのである。
 また、マッカーサーは天皇が日本人の侵すことのできない最高の権威であることを知ったからこそ、天皇制を残したのである。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

 





 写真は、上から伊勢神宮の鳥居が建立されている宇治橋、伊勢神宮の社殿、旧社殿です。

出雲大社 鳥居

出雲大社 社殿

 写真上から、出雲大社の鳥居、社殿です。

明治神宮 鳥居

明治神宮 明治天皇御製

明治神宮 社殿

 写真上から、明治神宮の鳥居、明治天皇御製・昭憲皇太后御歌、社殿です。

 併せて読むと、幕末から明治の激動期がよく理解できます。
ヨーゼフ・クライナー編「ケンペルのみたトクガワ・ジャパン」を読む
今泉みね 金子光晴解説「名ごりの夢 蘭医桂川家に生れて」を読む
松尾龍之介「長崎蘭学の巨人─志筑忠雄とその時代」を読む
エドゥアルド・スエンソン「江戸幕末滞在記 若き海軍士官の見た日本」を読む
エメェ・アンベール「絵で見る幕末日本」を読む
藤田覚「幕末の天皇」を読む
アーネスト・サトウ「一外交官の見た明治維新」を読む
渡辺京二「逝(ゆ)きし世の面影」を読む
宮本常一の「イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む」を読む
佐藤雅美『大君の通貨 幕末の「円ドル」戦争』を読む
ハーバート・G・ポンティング 長岡祥三訳「英国人写真家の見た明治日本 この世の楽園・日本」を読む
杉本鉞子著 大岩美代訳 「武士の娘」を読む
エリザ・R・シドモア「シドモア 日本紀行 明治の人力車ツアー」を読む
エメェ・アンベール「絵で見る幕末日本」を読む
H.シュリーマン「シュリーマン旅行記 清国・日本」を読む

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 猪瀬直樹 磯田道史 明治維新で変わらなかった日本の核心