鈴木大拙「日本的霊性(にほんてきれいせい)」を読む

麻布善福寺に建っている親鸞聖人像 仏教とははたして何であるのか。仏教に関する本がそれこそ夥しいほどに出版されているのは、畢竟仏教とはよくわからないものだからではないだろうか。
 仏教は宗教なのか哲学なのかさえよくわからない。哲学ならばそこに論理が存在するはずだが、一般の論理は仏教においては使いものにならない。
 「日本的霊性」の著者である鈴木大拙は大乗仏教の根本原理を「即非の論理」と呼んでいる。これは肯定が否定で、否定が肯定だということで論理でも何でもない。たとえば「世界は即ち世界に非ず、是れ世界なり」の類である。この考えが仏教の根本原理といわれてもとまどうばかりである。

 「日本的霊性」は日本の仏教について書かれたものである。たいへん難解ではあるが、鈴木の語り口が面白く、親しみの湧く書である。
 鈴木は日本の仏教は日本的霊性が覚醒されたときにおこったといっている。そして、日本的霊性をもって日本の仏教を解明していく。
 まず、霊性とは何かというと、次のように説明する。

<なにか2つのものを包んで、2つのものがひっきょうずるに2つでなくて1つであり、また1つであってそのまま2つであるということを見るものがなくてはならぬ。これが霊性である。>

 わかったようなわからないような説明であるが、精神と物質を超えた矛盾する要素を含みながらも全体を支配する意識みたいなものをいうのであろう。霊性の日本的なものが触発されたときに初めて日本に本当の意味で仏教がおこったと説く。その仏教とは禅宗と浄土教である。鈴木にいわせると南都北嶺の仏教は真の仏教ではないことになる。
 なぜ禅宗と浄土教であるのか。霊性は大地と直接つながっていなければならないからである。鈴木は万葉集にも古今和歌集にも宗教心は一切見えないと喝破する。万葉集や古今和歌集には恋人を思ったりする情はでてくるが、日本的霊性は自覚されていないと見る。 なぜ万葉集や古今和歌集が日本的霊性を自覚していないかというと、和歌をつくっている宮廷人たちが大地とつながっていなからだとする。宮廷人たちが国を支配している間には本来の仏教は起こらなかったのである。
 本来の仏教は鎌倉時代になって初めて現れてくる。鎌倉時代に権力が宮廷人から武士に移行したからである。武士は直接に大地につながっている。その武士が農民を支配し、ここに国全体が大地とつながったのである。

 「日本的霊性」は禅宗と浄土教を日本的霊性を自覚したためにおこった仏教と規定し、そして、浄土教は法然そしてその弟子親鸞によって完成されたとしている。
 鈴木の法然・親鸞にたいする思いには非常に熱いものがある。親鸞の唱えた絶対他力はまさに日本的なものであるといっている。法然と親鸞とは1個の人格であるともいう。親鸞は長く京を離れ、田舎にいたことで直接大地とつながり、日本的霊性を喚起させ独自の仏教を完成させたのであろう。
 親鸞の偉大さはとりもなおさず「南無阿弥陀仏」のすごさである。この6文字は誰でもが称えることができるのである。この6文字を何べんも称えると生きたまま極楽にもいける。
 鈴木は「南無阿弥陀仏」について妙好人(みょうこうにん)である浅原才市を通してくわしく言及している。妙好人とは、浄土系信者の中で特に信仰に厚く徳行に富んでいる人のことである。才市が「南無阿弥陀仏」と一体化しているのがよくわかる。

 「日本的霊性」は難しいが、浄土教がなぜ広く流布したかを納得させてくれる名著である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ



東京国立博物館において「妙心寺展」開催 写真上は、東京都港区善福寺に建っている親鸞聖人像です。
 写真下は、東京国立博物館平成館で開催された開山無相大師650年遠諱記念の「妙心寺」の看板を撮影したものです。妙心寺は、戦国時代を扱った歴史小説によく出てくるので、興味をもって見に行きました。妙心寺は室町幕府からの庇護を受けた五山派とは対照的に山隣派(さんりんは)と呼ばれ格下の扱いをうけました。しかし、室町時代から戦国の世になると、五山派は幕府より庇護が受けられなくなり、反対に妙心寺は独自の経営で頭角を現してきます。
 戦国大名は挙(こぞ)って僧侶、坊主を側近におきました。中でも妙心寺からは、今川義元の師太原雪斎(たいげんせっさい)、武田信玄の指南役快川紹喜(かいせんしょうき)、織田信長の傅役(もりやく)沢彦(たくげん)、この沢彦から織田家の人質として囚われていた徳川家康も教育を受けていたともいわれています。その他にも豊臣秀吉、後年の徳川家康など妙心寺とは縁が深いといわれています。この展示会にも快川紹喜住持の書が展示されたいました。
 快川紹喜住持は、織田信長が武田家を滅亡させた後に、恵林寺で焼き殺されました。唱えたことばは「安禅(あんぜん)は必ずしも山水を須(もら)いず 心頭滅却(しんとうめっきゃく)すれば火自(おのずか)ら涼し」です。
 最後に京都では次のような言葉があるそうです。「大徳寺の茶づら 建仁寺の学問づら 東福寺の伽藍づら 妙心寺の算盤づら」

日本的霊性 (岩波文庫)日本的霊性 (岩波文庫)
(1972/01)
鈴木 大拙

商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 日本的霊性