和辻哲郎「古寺巡礼(こじじゅんれい)」を読む

東慶寺の和辻哲郎の墓所 仏像を見るといつもあのえもいわれぬ温かな微笑はどこからくるのだろうかと思う。それこそ慈悲の心からくるのだろうか。仏像の目もやさしい。あの目も慈悲の心からくるのか。
 仏像の微笑のすばらしさに気づいたのは中学校の修学旅行で奈良に行ったときだ。法隆寺を見たあと、素朴な農村地帯を通って中宮寺に行った。そこで観音像を見た。その観音像の微笑に魅せられた。
 仏教が日本に伝わったのは6世紀半ばである。どんな形で日本に伝えられたのであろうか。お経が最初に来たのか。おそらく仏像がまず伝えられたのではないか。日本で初めて仏像を見た人はその微笑の不思議さに驚嘆したに違いない。こんな微笑をもつ仏像とは何なのか。その探求心が仏教を広める原動力になったのではないのか。慈悲の心をもった仏像の微笑は人の心を惹き付けて離さなかったに違いない。

 和辻哲郎の「古寺巡礼」は古都奈良を訪ねたときに見た仏教美術品についての印象を熱く記したものである。専門はニーチェ・キルケゴールなどの哲学であるが、和辻は文化全般に渡って考察している学者である。たくさんの著書がある。
 大正7年、まだ20代で学生であった和辻は仏像・建築物・壁画などの仏教美術品を思い切りみてやろうと友人たちと奈良を訪問する。そのとき書いた印象記が最初の「古寺巡礼」(戦後「古寺巡礼」はいくらか書き直されている)である。
 訪問したところは新薬師寺・薬師寺・浄瑠璃寺・奈良博物館・唐招提寺・法隆寺・東大寺・中宮寺・法華寺などである。

 「古寺巡礼」を読むとまず気が付くのが作者和辻の仏像などの仏教美術品に対する思い入れの深さである。仏教美術品が和辻には何物にも代えがたい宝物のように思ってしまう。まだ若かったせいか、かなり情熱を込めて印象を語っている。おおげさに感動もしている。特に、薬師寺の東院堂聖観音・中宮寺観音には手放しの褒めようである。感動をどう表現してよいのか迷っているようにみえるぐらい感動しているのである。
 また、和辻は想像をたくましくして仏像の伝来について思いを馳せる。戦後、作家の井上靖・司馬遼太郎らが東西交流について作品を書いて、東西交流史が脚光を浴びた時期があった。大正時代にすでに和辻は東西交流について深い考察を行っていたことが読みとれる。
 中東で起こった文明がギリシャに行き、そしてギリシャで文明が成熟するとインドへとその文明は伝播する。インドでは仏教と混交されそれがさらにヒマラヤを越えてシナの地へと流入する。さらに年月を経て日本へと伝わる。この流れを和辻は奈良の仏教美術品を前にして描くのである。この仏像は遠くギリシャの血が混じっているのだと思ったに違いない。
 和辻は仏像を作った人間がどんな人かとも推測する。たとへば先に挙げた聖観音の作者を次のように推測する。

<聖観音を作った偉大な天才は、恐らく玄奘三蔵と関係のあるものであろう。あるいは玄奘に従って西域から来た人であるかも知れない。あるいは遣唐使に従って入唐し、玄奘のもたらした新しい文化や新しい様式に魂を奪われた日本人かも知れない。>

 「古寺巡礼」は全編情熱がほとばしるような文で埋められ、読者の想像力を刺激してくれる。和辻の博覧強記にも恐れいる。西洋と東洋がこんなにも強くつながっていたかと驚かされる。

 仏像の微笑は慈悲の心であり、そして永遠の美であると「古寺巡礼」は教えてくれる。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


 写真上は、鎌倉東慶寺(縁切り寺)に永眠している和辻哲郎の墓です。この寺は夏目漱石と縁があり、他には文芸評論家小林秀雄、岩波書店創立者岩波茂雄、作家高見順、宗教研究家鈴木大拙、哲学者西田幾多郎をはじめ豊臣秀吉・徳川家康の孫娘天秀尼も永眠しています。

古寺巡礼 (岩波文庫)古寺巡礼 (岩波文庫)
(1979/03)
和辻 哲郎

商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 古寺巡礼

宮本常一の「イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む」を読む

中尊寺に建っている松尾芭蕉像 私は歴史が好きである。だから幕末・明治維新の歴史的事実なるものはだいたい知っているつもりだ。黒船来航・日米和親条約・日米通商条約・安政の大獄・長州征伐・大政奉還・戊辰戦争そして西南戦争までの明治維新の動乱などについては私だけでなくだれでもが知っていることであろう。だが、それで本当に歴史を知ったことになるのだろうか。
 私は民俗学に関する本を読むたびに本当の歴史とは何かと考えるようになった。上にあげた事実は政治的事実別のいいかたをすれば公的な文書に記載されて残っている事実である。公的な文書に書かれなかった事実もあるはずだ。それは民衆の声であり生活であるはずだが、その事実こそ本当の歴史的事実ではないかと私は思うようになった。教科書にはなかなかのっていない事実である。
 一般民衆が残した文書は非常にわずかである。庶民の生活を知るためにはわずかの文書と伝承だとかにたよるしかないが、まれに紀行文なるものが残されている場合がある。その紀行文から庶民の生活実態を類推することは可能である。

 イザベラ・バードは19世紀のイギリスの偉大なる女性旅行家であった。アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド・ハワイ諸島・朝鮮・中国など世界各地を旅行し、その旅行記を発表している。日本には明治11年(1878)の夏に来て3ヶ月間滞在した。彼女はおもに東国日本と北海道を旅行し「日本奥地紀行」という旅行記を書いた。
 日本の偉大なる民俗学者といえば真先に柳田国男の名前があがるが、柳田に劣らず偉大なる民俗学者の一人に数えられるのが宮本常一である。宮本は民俗学の鬼のような人で柳田からその才能を見出される。宮本は日本全国を歩きまわった。歩いた距離は16万キロメートル(地球4周分)におよび、泊まった民家は1000を超えたといわれる。日本の白地図に宮本の歩いたところを赤インクで点を打つと真っ赤になるともいわれている。
 私が宮本常一の名前を知ったのは司馬遼太郎の「街道をゆく」を読んだときだ。「街道をゆく」のシリーズのなかでそれこそたびたび宮本の名前が登場するのである。司馬が宮本のことを畏敬しているのがわかった。

 「イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む」は宮本が「日本奥地紀行」の講読会で発言した内容を本にしたものである。「日本奥地紀行」に書かれたある内容に対して宮本なりの解釈をほどこしている。
 この本は私にはたいへんおもしろく新鮮で目を見開かせられた思いがした。イザベラ・バードが実際に見た内容からいろいろと類推する宮本の論理がすばらしい。宮本の論理の土台になっているのが日本中を見て回った体験と博覧強記の知識であることはいうまでもない。
 特に印象に残った内容を2つあげてみる。
 1つは当時の日本はとにかく蚤が多かったことである。イザベラ・バードも蚤には悩ませられた。この蚤のことから宮本は青森・弘前の「ねぶた」という行事に触れる。宮本によると「ねぶた」というのは「ねぶたい」ということで津軽では「ねぶた流し」といっている。夏になると蚤に悩まされてみなねむいのでそのねむ気を流してしまおうというところから「ねぶた流し」という名がついたということだ。
 もう1つはイザベラが米沢の盆地を訪れたときのことだ。それまで彼女は日本人の貧しさにかなり言及しているのであるが、米沢の村が非常に豊かであることにたいへん驚く。エデンの園とまでいっている。上杉鷹山の政策が本当に実ったのだと私は実感した。ただ平野から離れた山の中に行くと、貧しい村になるともイザベラは書いている。宮本は米沢藩の領内といえども実際には貧しさと豊かさは隣合わせになっていると指摘している。

 イザベラ・バードは偏見も先入観もなく科学的な目で見たままを書いている。このイザベラの見た事実において宮本がいろいろと解説し、その事実を踏まえて自分の考えを紹介してくれるのである。西洋と東洋の偉大なる旅行家2人の目をとおして私たちは明治初期の日本の実態に迫ることができるのである。
 民俗学的な追求なくして歴史はなりたたないとこの本を読んで私は痛切に感じた。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


 写真上は、岩手県平泉の中尊寺に建っている松尾芭蕉像。『五月雨の 降りのこしてや 光堂』の句碑が建っています。


イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む (平凡社ライブラリーoffシリーズ)イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む (平凡社ライブラリーoffシリーズ)
(2002/12)
宮本 常一
商品詳細を見る

日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)日本奥地紀行 (平凡社ライブラリー)
(2000/02)
イザベラ バード
商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む

星新一「明治・父・アメリカ」「人民は弱し 官吏は強し」を読む

いわき市勿来市民会館に建っている星一像  あまり目立たないけれど、ある研究分野では名を轟かせている大学がある。さしずめ星薬科大学はその1つであろう。
 慶応大学の例を出すまでもなく、大学は創業者の理念が根っこになって成長していく。創業者の理念が崇高で現実性に富むものであればあるほど大学は長く生き続ける。
 星薬科大学の創業者は星一(はじめ)である。大学の教育方針は「世界に奉仕する人材の育成」「親切第一」である。この教育方針が星一の生きかたから導きだされたことはいうまでもない。
 星一は作家星新一の父親である。「明治・父・アメリカ」「人民は弱し 官僚は強し」の2つの作品は星一について書かれたものである。
 私はこの2冊の本によって星一という人の存在を知った。私は学生時代、星新一のショート・ショートはよく読んだがこの2つの作品は読まなかった。今回この2冊を読んで、私は深く感銘した。すばらしい人間に出会った気がした。
 星一は進取の気性に富んだたいへん優れた経営者であった。間違いなく偉大な経営者の1人に数えあげられるだろう。星の生き様は近代国家になって間もない成長過程にある日本の混乱・矛盾・不合理・貧しさそして理想と夢を炙(あぶ)りだしているようだ。
 星は明治6(1873)年、福島県に生まれた。今のいわき市である。苦学して東京商業学校(一橋大学の前身の学校とは違う)を卒業して、それから単身アメリカに渡る。アメリカに渡った当初はスクールボーイなる仕事についた。アメリカ人の家に住み込み、家の中の雑用をこなしながら学校に通わせてもらうのである。星は勤勉・誠実・真面目な人間で、アメリカ人の主人はすぐ星のことを気にいった。星は努力してコロンビア大学を卒業する。星はいろいろ苦労しながら、ニューヨークで日本のことを紹介した新聞を発行し、この事業を成功させた。
 日本に帰った星は新しい事業を考えた。それは薬の販売であった。症状が軽いうちに薬を飲めば病気を悪化させなくてもすむというアメリカにいたときの経験を生かしたものだ。星は星製薬株式会社を創立した。開発から販売までを一手に荷ったのである。
 星製薬は星の斬新なアイディアのもと業績を伸ばしていった。京橋に当時めずらしい5階建てのビルももった。星の才能は開発だけでなく、販売においても遺憾なく発揮された。星は日本全国に特約店を作り、販売網を組織化していった。
 星はアルカイドを薬にすることを思いつく。アルカイドとは植物に含まれていて、人体に特有な生理作用をもたらすものである。星は最初のアルカイド商品としてモルヒネの精製を考えだした。モルヒネはアヘンから精製される。だがその技術は誰ももっていなかった。すさまじい努力の末、星製薬はアヘンからモルヒネの精製に成功する。
 この成功を機会に星の会社はさらに成長軌道に乗る。だが出る杭は打たれるであった。星の会社に大きく立ちはだかるものが現れた。国である。国を官吏といってもよい。政権が憲政党の加藤高明(三菱創業者岩崎弥太郎の女婿)の手に委ねられると、官吏の星いじめは本格化する。星のアルカイド事業をつぶそうと手を変え品を変えて執拗に攻めてくる。
 星は政友会の後藤新平に親炙(しんしゃ)していた。これが大きく災いした。後藤は加藤の政敵なのであった。
 順風満帆に成長してきた星製薬は官吏からの根も葉もない罪を着せられて信用を失墜する。銀行との取引もできなくなり、いよいよ資金繰りに行き詰まり倒産するところまで追い詰められた。
 星は感極まって、投資家たちの前で「人民は弱し 官吏は強し」と言葉をはく。この言葉でもって物語は終わる。

 私はこの2冊の本を読み終わって、もし官吏たちが星製薬の行く手を阻まなければ星製薬は巨大な製薬会社として現在でも存続していたろうと思った。ただし、その場合、ショート・ショートの名作家星新一は誕生していなかったかもしれないが。
 星製薬はなくなったが、星一は偉大な人であり、彼の人類に対する崇高な理念は永遠に残るであろう。星は理想を追い、国を思い、人を大事にしそして自ら個人の利益は一切考えなかった人である。星のすべては会社のために捧げられた。会社の発展が日本という貧しい国を豊かにしてくれるものと星は考えていた。この2冊の本は星一の立志伝といってもよい。
 官吏たちの異常ともいえる攻撃を星新一は見事な文章で描いている。だが、それ以上に星新一の父親に対する敬愛の念が十分に伝わってきた。
 この2冊の本は勇気を与えてくれる。特に、経営者・教育者そしてこれから理想を追いかけようとする人たちにぜひとも読んでほしい名著である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


五反田星薬科大学発祥の地碑 写真上、福島県いわき市勿来市民会館に建っている星一像。この地で星一は衆議院選挙に初めて立候補したとき、アメリカ仕込の「選挙とは何か」「民主主義とは何か」をわかりやすく県民に訴えました。結果は落選しました。しかし、当時の選挙は普通選挙になるまえです。
 写真左は、五反田TOCの花壇に建っている星薬科大学発祥の地碑です。この土地は1926年星製薬として創業しました。戦後、経営権がホテルニューオータニの創業者である大谷米太郎に渡り、その後に合併してTOCになりました。

明治・父・アメリカ (新潮文庫)明治・父・アメリカ (新潮文庫)
(1978/08)
星 新一

商品詳細を見る
人民は弱し 官吏は強し (新潮文庫)人民は弱し 官吏は強し (新潮文庫)
(1978/07)
星 新一

商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 明治・父・アメリカ、人民は弱し 官吏は強し