H.シュリーマン「シュリーマン旅行記 清国・日本」を読む

麻布善福寺アメリカ公使館跡  古典落語に「王子の狐」という落語がある。王子にある扇屋という料理屋が舞台で、王子の狐が人間に化かされるという噺である。この扇屋は現在も営業を続けている。
 幕末の1865年、この扇屋と思しき料理屋で昼食をとった西洋人がいた。その西洋人とはトロイア遺跡の発掘で有名になったシュリーマンである。あのシュリーマンが幕末の日本を訪問していたのである。この事実を知っている人はどれだけいるのだろうか。シュリーマンはトロイア遺跡発掘の6年前、世界一周旅行を行い途中清国・日本に立ち寄った。そのときの見聞記が「シュリーマン旅行記 清国・日本」(石井和子訳、講談社学術文庫)である。この書は幕末の日本を知る上で一級資料であることは間違いない。
 シュリーマンは1865年の夏の1ヶ月の間だけ日本に滞在するのだが、考古学者であり探検家らしく精力的に江戸並びに江戸周辺をみて廻る。
 ある1日、シュリーマンは王子に出向き、予約していた扇屋と思しき料理屋で昼食をとる。そのメニューは、ご飯・刺身・煮魚・大海老・海藻類・筍・固茹卵で、冷たいお酒もでた。料金は6分(15フラン)であった。

 「シュリーマン旅行記 清国・日本」はシュリーマンが日本を離れてアメリカに向かう船の中で書かれたものである。原文はフランス語で書かれている。シュリーマンは1865年5月に清国を訪れ、万里の長城を見てそして6月に日本の横浜に着いた。
 シュリーマンは日本にいる外国人の伝手(つて)をたよって江戸の町を見ることができた。時は尊王攘夷運動の真最中である。いつ刺客に襲われてもおかしくないときであった。4年前にはアメリカ公使館のヒュースケンが刺客に襲われ惨殺されていた。
 シュリーマンが訪れたのは横浜・八王子・江戸で、江戸ではアメリカ公使館宿館である麻布善福寺を拠点に江戸の町を散策している。
 シュリーマンが見た日本の印象はどうであったのだろうか。シュリーマンは好意的に日本のことを記している。それは清国に対して好印象を得ていないことと対照的である。いくつかの印象を挙げてみる。

<主食は米で、日本人にはまだ知られていないパンの代わりをしている。日本の米はとても質が良く、カロライナ米よりもよほど優れている>
<ところが日本に来て私は、ヨーロッパで必要不可欠だとみなされていたものの大部分は、もともとあったものではなく、文明がつくりだしたものであることに気がついた。寝室を満たしている豪華な家具調度など、ちっとも必要でないし、それらが便利だと思うのは慣れ親しんでいるからにすぎないこと、それらぬきでもじゅうぶんやっていけるのだとわかったのである。もし、正座に慣れたら、つまり椅子やテーブル、長椅子、あるいはベッドとして、この美しいござ(注:畳のこと)を用いることに慣れることができたら、今と同じくらい快適に生活できるだろう>
<田園はいたるところさわかな風景が広がっていた。高い丘の頂からの眺めはよりいっそう素晴らしいものだった>
<ここでは君主がすべてであり、労働者階級は無である。にもかかわらず、この国には平和、行き渡った満足感、豊かさ、完璧な秩序、そして世界のどの国にもましてよく耕された土地が見られる>

 シュリーマンは日本が封建社会であることを認め、目付けの存在などつねにお上がいたるところに目を光らしている実態も述べている。それでも日本はまれに見る平和な国であり、日本人の知的程度が高いことをみてとった。シュリーマンの日本を見る目はたいへん温かいものである。
 シュリーマンは横浜において将軍家茂が京都に上るときの大行列をたまたまみることができた。たいへんぎょうぎょうしい行列でその見聞も興味深いものである。普通の歴史書では経験できない興奮が沸き起こる。

 「シュリーマン旅行記 清国・日本」は私たち日本人が知ってはっとするようなことがたくさん書かれている。
 歴史好きにはたまらない本である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


横浜関内吉田橋 写真上は、麻布善福寺境内に建っているハリス記念碑。安政5年(1858)日米修好通商条約の調印後に。江戸麻布善福寺を公使館としました。この寺には慶應義塾大学を創立した福沢諭吉先生のお墓があります。
 写真左は、横浜関内にある吉田橋です。日米修好通商条約によって1859(安政)年に横浜に設置された開港場の区域を「関内」と呼びました。この関内の出入口が吉田橋です。この橋は、日本最初の無橋脚鉄橋と案内板に書かれていました。

シュリーマン旅行記清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))シュリーマン旅行記清国・日本 (講談社学術文庫 (1325))
(1998/04)
H.シュリーマン石井 和子

商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : シュリーマン旅行記 清国・日本

岡倉天心「東洋の理想」を読む

東京藝術大学内の岡倉天心坐像 1868年の明治維新によって日本は本格的に西洋の文化・文明の吸収に邁進した。それまでの攘夷思想とは一体何であったのか。まして政府の一翼を荷う長州藩は攘夷運動の急先鋒ではなかったのか。薩摩藩も似たようなものであった。
 一旦振り子が右に振れると猫も杓子も右に振れる。日本人にはそんな気質があるのか。明治政府は学制を整え、大学を作り、さかんに西洋の学問を輸入しようとした。西洋人を新設された東京大学に御雇(おやとい)外国人教師として高額な報酬で招聘した。
 御雇外国人教師の1人にアメリカ人のフェノロサがいた。フェノロサは哲学の教師であったが、日本の美術品に興味をもち、日本美術を研究した。フェノロサが美術研究のために京都・奈良などの古都に行ったとき、通訳をしたのが東京大学での教え子であった岡倉天心であった。
 岡倉天心は横浜で生まれ、幼いときから英語を学んだ。18歳で東京大学を卒業した俊英である。卒業論文は「美術論」である。
 岡倉は大学を卒業すると文部省で勤務し、フェノロサの日本美術研究に協力する。1884年、岡倉とフェノロサがそれまで1000年以上秘仏とされていて人の目に触れさせなかった法隆寺の「夢殿観音」を検分したのは有名である。岡倉は明治23(1890)年、新設されて間もない東京美術学校(現在の東京芸術大学)の校長に就任する。

 「東洋の理想」は1903年、ロンドンで刊行されたものである。もちろん英語で書かれている。この本は当然、欧米の人たちに東洋とくに日本の文化の紹介を意図して書かれたものであるが、その裏では、無批判に西洋の文明を吸収している日本に対し警鐘する意図もあったように思える。
 「東洋の理想」は<アジアは一つ。>という文で始まっている。アジアが文化的・地理的に一つだというのでなく、インド・中国などアジアで発生した思想・宗教などが日本に一緒くたに流れ込み、それらが日本的なものに変化していったものだという意味である。 この本は過去から現在までをいくつかの時代に分けて、その時代ごとに文化・美術品のことに言及している。目次は次の通りである。

  序文
1 理想の範囲
2 日本の原始芸術
3 儒教──北方中国
4 老荘思想と道教──南方中国
5 仏教とインド芸術
6 飛鳥時代(550年─700年)
7 奈良時代(700年─800年)
8 平安時代(800年─900年)
9 藤原時代(900年─1200年)
10 鎌倉時代(1200年─1400年)
11 足利時代(1400年─1600年)
12 豊臣および初期徳川時代(1600年─1700年)
13 後期徳川時代(1700年─1850年)
14 明治時代(1850年─現在)
15 展望

 中国の思想(とくに儒教)とインドの仏教がいかに日本文化の基礎になっているかをまず考究している。そして、その基礎の上に日本独自の文化が作られそれに伴なって美術品が制作されてきたことに論が及ぶ。岡倉の論理展開は見事である。
 「東洋の理想」をつらぬく主題はタイトルが示すように理想である。日本芸術の基礎は理想であると言い切っている。この理想の前からすると浮世絵も通俗の域をでないと岡倉は力説する。

<かれらの唯一の表現であった浮世絵は、色彩と描画においては熟練の域に達したが、日本芸術の基礎である理想性を欠いている。歌麿、俊満、清信、春信、清長、豊国、北斎、などの、活気と変通に富むあの魅力的な色刷の木版画は、奈良時代以来連綿としてその進化をつづけてきている日本芸術の発展の主幹の経路からは外れているものである。印籠(いんろう)、根附(ねつけ)、刀の鍔(つば)、およびこの時代のたのしい漆器(しっき)類も、おもちゃであって、そういうものとして、そこにのみおよそ真の芸術が存在するところの、国民的熱誠の具現ではけっしてなかった。偉大な芸術とは、その前でわれわれが死にたいと願うところのものである。>(講談社学術文庫『東洋の理想』)

 岡倉は日本芸術の底に流れる理想を熱くかたる。岡倉にかかっては北斎もかたなしである。岡倉は日本の伝統ということをことのほか重要視する。
 日本とは何か、そして日本美術の理想とは何かを考える上で「東洋の理想」は最高の書である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


東京藝術大学内の高村光雲像 写真上は、東京藝術大学内の岡倉天心坐像です。威厳のある坐像です。
 写真下は、東京藝術大学内の高村光雲像です。高村は、上野公園の西郷隆盛像や皇居前広場の楠木正成像などを制作しました。高村光太郎は息子です。

東洋の理想 (講談社学術文庫)東洋の理想 (講談社学術文庫)
(1986/02)
岡倉 天心
商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 東洋の理想