立花隆「21世紀 知の挑戦」を読む

 20世紀は豊かさにおいて最も飛躍した世紀であった。その飛躍の原動力になったのが科学技術の進歩であった。20世紀は科学技術の世紀であったといってもよい。
 19世紀末から準備されていた電磁気学・量子力学が20世紀になると花開き、物理学は目を瞠るような進歩をした。原爆・水爆も開発された。20世紀前半は物理学・化学がリーダー的存在として活躍したともいえる。物理学・化学は他の学問を引っ張ったのである。
 20世紀後半になると、物理学・化学に変わって、コンピューターを代表とする情報科学そして物理学・化学・生物学が合体した生命科学がリーダー的存在になった。20世紀末になると情報・バイオが科学技術の中で最先端をいくようになり、科学全般を牽引するようになった。
 バイオは遺伝子を扱った学問領域である。遺伝子の構造を扱う分野は分子生物学といわれる。分子生物学は全く新しい学問分野で、物理学・化学・生物学が一体となった領域である。分子生物学の発展に寄与したのは遺伝子いわゆるDNAである。DNAの研究とともに、分子生物学は飛躍的に進歩してきた。
 DNAを解明することによって、それまで人類が予想もしなかったことが、可能になることがわかったきた。ガンなどの難病の克服、臓器の再生(いわゆるクローン)、天才を作ることが可能になることがわかってきた。それらのことは神の領域に属することであった。人類はいよいよ神の領域を侵すところまできたのである。
 21世紀の初めは間違いなく、情報・分子生物学が科学のリーダーとなってより進歩していくに違いない。
 20世紀は「革命と戦争」の世紀でもあった。21世紀は完全に「知」の世紀であると見られている。その「知」を代表するものは情報であり、分子生物学である。

 立花隆の「21世紀 知の挑戦」は日本人にとってたいへん貴重でありかけがえのない本である。日本人は遠い将来立花に感謝しなければならなくなるかもしれない。立花は現在の日本にするどく警鐘を鳴らしている。立花は心底から日本の現在の状況を憂えているのである。
 21世紀は「知」の世紀であり、「知」を獲得したものが豊かになれるのである。「知」の獲得が国の将来の豊かさを左右する。日本は言葉の上では科学技術立国を目指すといいながら、その実情はお先真っ暗の状況である。日本人の科学離れが想像を超えるほど悪化している。ここ十数年、ゆとり教育の名のもとに小・中学校では理科・数学(算数)の授業が大幅に削られ、おまけに、小学生が科学に興味をもたなくなってきた。彼らは科学を否定的にとらえているのである。大学では、工学部へ行く人が急減した。
 曲がりなりにも私たちが豊かに暮らしていけるのは、科学技術の進歩があったからである。21世紀、日本が豊かに幸福に暮らしていけるためには「知」を獲得しなければならないことは火を見るよりあきらかである。その「知」とは情報と分子生物学であると立花は力説する。
 アメリカのエリートが学ぶハーバード・MITなどの大学では文系・理系に関係なく全員が分子生物学の授業は必修であるという。アメリカのエリート層は「知」のエキスパートとして世界と勝負するのである。日本とは大きな違いである。
 「21世紀 知の挑戦」は現在の日本の現状を踏まえての警告の書である。と同時に本当に「知」の大事さを教えてくれる書である。
 
 立花隆は、理系の専門家にその専門の講義をできる日本で唯一の文系の評論家であると私は思っている。言い換えると、バイオの専門家にバイオの講義をできる文系の人であるということである。
 立花の業績をみていると文系・理系と分けることのばからしさを痛感する。「私は文系ですから」「私は理系ですから」が日本では勉強しない理由として正々堂々とまかり通るのである。どだい「知」に文系も理系もないはずである。立花は「知」を広く深く追求していく。立花に文系・理系の概念などさらさらない。立花のすごさは固定観念のなさでもある。だからこそ立花の書くものは説得力がある。
 私たち日本人は本当の意味で「知」的な人間にならなければならない時期にきているのだと「21世紀 知の挑戦」を読んで痛感した。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


21世紀 知の挑戦 (文春文庫)21世紀 知の挑戦 (文春文庫)
(2002/08)
立花 隆
商品詳細を見る


21世紀 知の挑戦21世紀 知の挑戦
(2000/07)
立花 隆
商品詳細を見る

テーマ : 科学・医療・心理 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 21世紀 知の挑戦

立花隆「小林・益川理論の証明」を読む

 2008年のノーベル物理学賞の日本人受賞者は小林誠・益川敏英・南部陽一郎の3氏であった。他に化学賞で下村脩が受賞したので合計4人の日本人が2008年のノーベル賞を受賞した。1回のノーベル賞で4人もの受賞者をだすのはむろん初めてであったから、日本中が湧きに湧いた。
 ところが、はたしてどれだけの人がこれら4人の人たちの受賞理由を理解していたのであろうか。何で彼らはノーベル賞を受賞したのだろうか。テレビでも一応は説明するが、それはほとんど説明になっていなかった。なぜなら説明する側のテレビ局などのいわゆるマスコミの人間たちがほとんど理解していなかったからだ。
 日本のマスコミの科学に対する理解度の低さを立花隆は嘆いているが、その原因を立花はマスコミの勉強不足ではなく、日本全体が科学離れを起こしていることとして、警鐘を鳴らしている。このままでは、日本の科学はどうなっていくのであろうか。立花は心の底から憂えている。
 小林・益川の2人は小林・益川理論を提唱したこと、南部は「『自発的対称性の破れ』のメカニズムを解明した」ことが受賞理由である。さすがにこれだけの説明では本当に専門的に勉強している人にしかわからないであろう。
 
 立花隆の「小林・益川理論の証明」は小林・益川理論とは何かという解説書ではなく、なぜ小林・益川理論が証明されたかを説明した解説書いや啓蒙の書ともいえる。実は、小林・益川理論を証明するためには陰の主役がいたのである。
 物理学というとガリレオ・ファラデーのような天才が何でも1人でやって理論をうちたてるイメージがあるが、現代のように物理が発展すると1つの理論を証明するのにたくさんの物理学者が協力して行う。小林・益川理論もその典型で多くの物理学者の協力があったから証明されたのである。突き詰めていうと、小林・益川2人のノーベル賞受賞に関して理論は間違いなく2人が提唱したのであるが、その受賞を可能にしたのはそれを証明した裏方のそれこそ大勢の日本の物理学者たちであったといえる。日本物理学界の総力で勝ち取ったノーベル賞といえなくはない。逆にいうと、小林・益川理論の証明はそれほどたいへんな作業でもあったということである。
 物理学には大きく分けて理論物理学と実験物理学とがある。19世紀末の急激な物理学の進歩によって、理論を担当する人と実験をする人とに分離されていった。日本で初めてノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹は理論物理学者であった。湯川は実験が大の苦手であったという。湯川は理論的に中間子の存在を予言したのである。それが戦後までに証明されてノーベル賞受賞になった。
 理論物理学者の小林・益川の2人はまだ若い京大の助手時代に小林・益川理論を提唱したのである。因みに、小林・益川の2人は名古屋大学の大学院に通い、坂田昌一研究室で研究している。2人は坂田昌一の愛弟子なのである。坂田は湯川の右腕として湯川が中間子理論を発表する上で大車輪の働きをした研究者である。そのような意味からいえば、小林・益川も湯川の流れを汲む人たちなのかもしれない。
 小林・益川理論というのは立花の言葉を借りると次のようになる。

<小林・益川理論には、重要な柱が2本ある。1つはクォークが3世代6個なければならないという予言。もう1つは「CP対称性の破れ」はクォークが3世代あることから生まれるだろうという予言で、それが2つながらに正しいと確認されたのはごく最近のことである>

 クオークとは中性子や中間子をつくる下部構造体であり、小林・益川理論が発表された1972年では3個しか発見されていなかった。それから4つ目、5つ目、6つ目が発見され、いよいよCP対称性の破れの謎の解明に進むのである。
 そして、この謎を解明するのに裏で活躍したのが加速器というものである。加速器とは電子や陽電子などの素粒子を縦横無尽に扱うことによっていろいろなデータを読み取る巨大な実験器具(または顕微鏡ともいわれている)みたいなものである。CP対称性の破れの謎を解明するのに日本ではBファクトリーなる加速器が大活躍をする。そして立花は小林・益川のノーベル賞受賞の立役者はこのBファクトリーだと力説するのである。

 「小林・益川理論の証明」にはBファクトリーの構造と実験内容がかなり詳しくそして高度に語られている。現代の最先端の物理学が何に直面し、どこに向かっているのかがおぼろげにわかってくる。科学を専門としない人にもぜひとも読んでほしい本である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


立花隆 小林・益川理論の証明 陰の主役Bファクトリーの腕力立花隆 小林・益川理論の証明 陰の主役Bファクトリーの腕力
(2009/01/20)
立花 隆

商品詳細を見る

テーマ : 科学・医療・心理 - ジャンル : 学問・文化・芸術