寺田寅彦「科学と科学者のはなし」を読む

 戦前の理化学研究所では仁科芳雄・朝永振一郎など日本を代表する科学者が日夜研究に勤しんでいた。その科学者たちに混じって寺田寅彦もいた。
 寺田は物理学者で、研究するテーマが他の科学者たちとは一風変わっていた。最先端の量子力学を駆使しての原子の構造の解明をする研究などが多い中で、寺田の研究テーマは「線香花火の研究」「金平糖の角の発生」「墨流しの研究」などという奇妙なものであった。私はこのテーマを知って思わず笑ってしまったが、さすが寺田らしいと感心した。
 寺田寅彦は物理学者であると同時に優れた文学者でもあった。寺田の文学の師匠は夏目漱石である。寺田が熊本の第五高等学校の学生のとき、そこで英語を教えていたのが夏目漱石であった。また、第五高等学校には数学と物理学を教える田丸卓郎がいて、寺田は田丸の影響で物理学の道に進むことになる。
 寺田は科学者の目と文学者の目とをもっていた。寺田は文学特に俳句のことを漱石から教わり、自ら俳句をしたためている。逆に、漱石は寺田から科学全般のことを教わった。特に、寺田の最先端の科学の研究に漱石は強い興味を示した。
 漱石は寺田のことを自らの作品の登場人物のモデルにしている。「吾輩は猫である」では水島寒月、「三四郎」では野々宮として登場してくる。寒月は首吊りの力学の話などをするのだが、特に目をひくのは野々宮の研究である。その研究は光の圧力に関するものである。光に圧力があることは当時まだやっと解明されたばかりで、漱石がそのようなことを知っていたことに科学少年であった私はたいへん驚いたものである。光の圧力に関してはニュートン力学を超えて量子力学の世界の話になるが、漱石はその話を寺田から教わったのである。
 寺田の博士論文は「尺八(しゃくはち)の物理学的研究」である。寺田は身の回りのささいな現象を物理学的に解明する研究をよくしたが、最先端の量子力学の研究もした。寺田の研究した<ラウエ斑点のエックス線解析>はノーベル賞一歩手前の研究だといわれている。寺田は生涯に渡って他の科学者が思いつかないような幅広い研究をした。

 寺田は生前約300の随筆を書いた。それは寺田寅彦随筆集としてまとめられているが、その随筆の中から寺田の特徴が特ににじみ出ているおもしろいものを集めたのが「科学と科学者のはなし」<岩波少年文庫>である。タイトルが示すように科学に関する随筆が多いのだが、漱石のことや文化・伝統に関しての随筆もある。
 どの随筆も興味をそそられるものばかりである。さすがに文学者だけあって文章も味わい深いものである。金平糖や線香花火についての随筆もある。他に地震・波・音・天体・人魂などに関して、身辺の現象と絡ませて物理学的考察を行っている。生物に関しての物理学的考察をしたものもある。
 私が一番感銘した随筆は「科学者とあたま」である。寺田にいわせると、優秀な科学者になるためにはあたまがいいことは必要条件であり、十分条件ではないということである。あたまがいいことに加えてあたまが悪いことが優秀な科学者になるための必要十分条件だと寺田は力説する。読んでなるほどと思わせてくれる。あたまのいい人はとかく杓子定規に考えて本当に科学者として見なくてはならない現象を見失っていると寺田はいう。この論理は優秀な科学者だけでなく、優秀な政治家・実業家などに関してもあてはまると思う。
 「夏目漱石先生の追憶」という随筆もある。これを読むと寺田が心底から漱石を敬愛していたことがわかる。漱石はいい弟子をもったと思う。

 寺田の随筆を読むと、否応なく視野を広げてくれる。と同時に寺田のあの愛嬌のある顔が浮かんでくる。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集 (岩波少年文庫 (510))科学と科学者のはなし―寺田寅彦エッセイ集 (岩波少年文庫 (510))
(2000/06)
寺田 寅彦池内 了

商品詳細を見る

テーマ : 自然科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 科学と科学者のはなし

宮本常一「家郷の訓(おしえ)」を読む

 現在ではさいたま市になっているが、まだ与野市とよばれていたとき、私は与野市のある町に数年間住んだことがある。その町は、畑・田んぼ・原野などを造成して住宅街にしたような土地であった。東京からわずかな時間でいけるところにあるのだが、いたるところ武蔵野の風情を漂わしていた。
 その町に神田なる名前の地域があった。私はその名前を当たり前のように「かんだ」と読んでしまったら、その土地の人から「じんで」と直された。私はその名前が強く印象に残っている。
 宮本常一の「家郷の訓」を読んでいたら、神田という名前の土地の話がでてきた。宮本の故郷の家が小作していたのは学校の近くの田であった。学校のあるあたりをジンデといい、神田と書くのであると説明しさらに、その土地は昔、氏神様の田であったと解説してくれている。私は神田とは神の田の意味で、神社の土地であったことを理解した。
 日本には同じ名前の土地がたくさんある。田町・大手町・瓦町などはどこの都市にでもあるような名前だ。それらの名前にはある意味があったに違いない。その意味を考えるのはたいへんおもしろい作業であろう。
 私は川を隔てた東京の隣の市に住んでいる。私はこの市で生まれ育った。いわゆる私のふるさとなのであるが、どこをみても住宅ばかりでふるさとというイメージとは程遠い。当然、昔の名残をとどめているものはほとんどない。ただ、土地の名前だけは昔のままである。おそらくその名前は江戸時代から続いているものに違いない。因みにバス停の名前を挙げてみると、下作延・上作延・日向(ひなた)・宮下・神木(しぼく)・八幡前などである。名前を聞いただけでその土地が昔どのような役割を荷っていたかがわかる。昔はのどかな田園地帯であったのだろうと想像できる。今では家が密集する住宅街になってしまったが、やはり私のよきふるさとである。

 宮本常一の「家郷の訓」は宮本が自身のふるさとについて書いた本である。宮本は民俗学者であるから、きっと、ふるさとの事物を材料として民俗学的考察を施したものであろうと思いたくなるような本である。私もそう思って読んでみた。ところが、この本は民俗学的な臭いのない本であった。民俗学というよりは、生まれ育った村での生活のことを細々と綴った回顧録みたいな感じである。私小説を読んでいる気がした。太宰治がふるさとの津軽を偲んだ文章を読んだときと同じような雰囲気を感じた。なめらかな文章で最高の文学書といってもよいかと思う。
 私は宮本の著作が好きである。その理由の1つが文章のうまさである。たいへん味わい深い文章である。宮本は一流の文学者の資質をもった人だとつくづく思う。
 宮本は山口県大島郡白木村に生まれ育った。「家郷の訓」は幼少期・少年期・青年期の初めまでのことをいろいろな角度から記述したものである。各章のタイトルをあげてみると次のようになる。

 私の家・女中奉公・年寄と孫・臍繰りの行方・母親の心・夫と妻・母親の躾・父親の躾・成育の祝い・子供の遊び・子供仲間・若者組と娘仲間・よき村人・私のふるさと

 当然のことながら私は宮本と同じ体験はしていない。ところが、いずれの内容もなつかしい感じがするのである。私はやはり、日本人は都会・田舎で育ったこととは関係なく同じ原風景をもっているのではないかと思った。
 「母親の躾」の章では、宮本は自分の母親のことを縷々と述べているのだが、それはとりもなおさず私の亡くなった母親の姿でもあった。日本の母親は程度の差はあるがだれでもが子供の幸福を心底願っているのである。母親が他郷に出た子供のために毎日氏神様にお祈りをする件(くだり)は感動的である。
 
 よく「村社会」という言葉が使われる。がいして悪い意味で使われることが多い。かくいう私もその意味で使っている。しかし、「家郷の訓」を読んで、村というものに対して考えを改めなければならないと思うようになった。村は因習的な慣習で村民をしばる窮屈な存在であるのは確かであるが、それは表面的なことで村の本質的な機能は村という共同体に住む人々の幸福をつねに追求しているシステムなのではないかと思えるのだ。
 宮本は「よき村人」の章で人間の幸福について次のように述べている。

<本来幸福とは単に産を成し名を成すことではなかった。祖先の祭祀をあつくし、祖先の意志を帯(たい)し、村民一同が同様の生活と感情に生きて、孤独を感じないことである。われわれの周囲には生活と感情を一にする多くの仲間がいるということの自覚は、その者をして何よりも心安からしめたのである。>

 村は私たち日本人のすべての心のふるさとであると、しみじみと感じた。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


家郷の訓 (岩波文庫 青 164-2)家郷の訓 (岩波文庫 青 164-2)
(1984/07)
宮本 常一

商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 家郷の訓