石井桃子「ノンちゃん雲に乗る」を読む

 鮮明に覚えている子供時代の出来事というものを誰でもがもっているのではなかろうか。不思議なもので年齢を重ねれば重ねるほどその記憶はより鮮明になってくる。
 暑い夏の日、自宅の近くの工場の裏庭に忍び込んで、そこにある木に生息しているカブトムシをとっていると工場の人に見つかって大慌てで逃げた。私はこのことを昨日のことのように覚えている。なんでもないことなのだが、この記憶がたびたび蘇ってくる。
 子供時代の記憶というのは特別なのだろうか。やはり子供時代はなつかしい母親と直結するからだろうか。
 「ノンちゃん雲に乗る」を読んで私の脳裏には子供時代のことがいろいろと浮かんだ。「ノンちゃん雲に乗る」はある春の日に起こったことが書かれているのだが、私を子供時代へと導いてくれたのである。私はなつかしさで胸が一杯になった。

 「ノンちゃん雲に乗る」はノンちゃんと呼ばれている田代ノブ子という小学校2年生の女の子がひょんなことから雲に乗ってそこにいる仙人みたいなおじいさんと話をするという物語である。
 ひょんなことから雲に乗るといっても実際に雲に乗ったわけではない。ノンちゃんは東京のはずれに住んでいた。今では東京のはずれでも都会であるが、ノンちゃんが小学生であった昭和の初めは全くの田舎であった。ノンちゃんの家族は両親とおにいちゃんとノンちゃんの4人家族である。
 ノンちゃんはお母さんがたいへん好きであった。いつもお母さんのそばにいたがった。ある春の日の朝、目を覚ましたノンちゃんは台所でお母さんが大根を切っている音を聞いた。今日はダイコンのおみおつけだとノンちゃんは胸をワクワクさせた。ところがダイコンを切っていたのはお母さんでなくおばさんであった。ノンちゃんはお母さんがいないのに気付いた。お母さんがノンちゃんに内緒でおにいちゃんと四谷のおじいちゃんの家に行ったことを知らされた。ノンちゃんは泣き叫び、外に出た。
 いつしか畑の真ん中にある氷川様の境内にノンちゃんは足を踏み入れていた。その境内には池があり、その近くにはモミジの木があった。空は青く晴れて池には真っ白な雲が浮かんでいた。ノンちゃんはモミジの木に登り、池に写った白い雲を見ようとしたところ枝が折れて、ノンちゃんは池に写る雲に吸い込まれてしまった。
 雲には仙人みたいなおじいさんがいた。おじいさん以外にも同級生の長吉がいた。おじいさんとノンちゃんはいろいろな話をした。その話の中心はノンちゃんの家族についてであった。
 ノンちゃんはお母さん・お父さん・おにいちゃんの話をした。特におにいちゃんの話を長くした。ノンちゃんのおにいちゃんは田代タケシといい、ノンちゃんの2歳年上である。おにいちゃんはことあるごとにノンちゃんのことをいじめた。ノンちゃんはそのことをおじいさんに打ち明けた。はっきりいってノンちゃんはおにいちゃんが好きではなかった。ところがおじいさんはおにいちゃんはいいおにいちゃんだと褒めた。おにいちゃんはノンちゃんより成績も悪く、いたずらもよくした。ノンちゃんのことをいじめているようでもその実、おにいちゃんはノンちゃんのことを大事に思っているのだとおじいさんはいった。おじいさんの話をきいていくうちにノンちゃんはおにいちゃんのことが理解できるようになった。ノンちゃんはお母さんとお父さんのことについても話をした。
 おじいさんは話がすむとノンちゃんをお母さんのもとへと送ってくれた。
 ノンちゃんは目をさました。ノンちゃんは自分の家の蒲団に寝ていた。そばでお母さんが泣いていた。ノンちゃんは池に落ちたのである。池が浅かったので大事には到らなかった。お母さんはノンちゃんをおいて四谷にいったことを後悔していた。お母さんはノンちゃんの看病をした。そしてノンちゃんは元気になった。

 「ノンちゃん雲に乗る」には特別なことが書いているわけではない。どこにでもあるような一家の話である。ところがこの作品にはとても大切なことが詰まっている。それは家族の絆である。特に子供にとって母親がどんなに大切な存在であるかが描かれている。
 「ノンちゃん雲に乗る」を読んで私は心が洗われる気持になった。もしかしたら児童文学とは大人のためにあるのではないかとさえ思った。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


ノンちゃん雲に乗る (福音館創作童話シリーズ)ノンちゃん雲に乗る (福音館創作童話シリーズ)
(1967/01/20)
石井 桃子

商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : ノンちゃん雲に乗る

伊波普猷「古琉球(こりゅうきゅう)」を読む

 ここ1年多くの日本人の目が沖縄に向けられてきた。これから沖縄の米軍基地がどうなると思ってのことである。注目を浴びる沖縄であるが、私たち日本人は沖縄についてどれだけのことを知っているのであろうか。
 明治になるまで沖縄は薩摩藩の管理下におかれ、明治になってまもなく琉球が沖縄県になったことぐらいしか歴史の教科書には載っていない。沖縄のルーツになるとほとんど知らない。沖縄の人たちの祖先は一体どこからきたのであろうか。日本なのか、はたまたシナなのか。
 これからも沖縄はある意味日本本土の犠牲になって重い基地負担をしいられるのであろうか。私たちは沖縄の人たちに同情するだけでなく、やはり沖縄についてもっとよく知ることが必要なのではあるまいか。

 「沖縄学」なるものがある。これは沖縄の文化・伝統・歴史・民俗などを総合的に研究する学問である。伊波普猷(いばふゆう)が起こしたものである。伊波は沖縄出身で1876年に生まれ、三高・東京帝大へと進み、言語学を専門とした人であるが、終生沖縄の様々のことを調べた不屈の人である。
 「古琉球」は伊波の沖縄に関しての論文を集めたものである。タイトルが示す通り、古い琉球について書かれている。内容は多岐に渡っているが、中心になるのが「おもろそうし」という沖縄独特の歌集についてである。オモロとは神歌であり、室町時代から歌い継がれている。「おもろそうし」はオモロを集めた万葉集のような歌集である。オモロの言葉はたいへん難しく、伊波によって初めてオモロの解読が可能になった。
 伊波は「おもろそうし」や沖縄の言葉を通して、琉球人の祖先がどこからきたのかを解明している。琉球人は一体どこからきたのか。伊波によると、今日の沖縄人は紀元前に九州の一部から南島に殖民した者の子孫であるということである。この説の裏づけになっているのが、現在使われている琉球語のいくつかが、古事記と万葉集に同じ意味で使われているということである。たとえば、「いめ」(夢のこと。古事記に見られる)、「いくところ」(幾人ということ。古事記に見られる)、「ぬウじ」(虹のこと。古事記に見られる)、「わ」(吾のこと。万葉集に見られる)などである。この他にも古事記・万葉集との共通語をあげている。
 「古琉球」にはいろいろな歴史的事実・民俗・歌・神話などについて書かれた論文が収められている。そのタイトルをいくつかあげてみる。

 琉球人の祖先について・琉球史の趨勢・進化論より見たる沖縄の廃藩置県・琉球における倭寇の史料・官生騒動に就いて・俚諺によりて説明されたる沖縄の社会・琉球に固有の文字ありしや・琉球の国劇・オモロ七種・可憐なる八重山乙女・民謡に現われたる八重山の開拓・琉球語の係結に就いて・琉球の神話 など

 琉球の神話の中にアダムとイブの神話に非常に似たものがあるのに少し驚いた。人間がなぜ労働の苦を味わうことになったかが説かれている。
 「古琉球」は難解な論文集である。伊波の執念みたいなものを感じる。

 沖縄の人たちの祖先は日本人であるというが、琉球と日本(特に薩摩藩)との接触が頻繁になったのは豊臣時代からである。琉球はシナに朝貢をしており、そして薩摩藩の管理下に置かれているという特異な状態にあった。そのような状態の中で多くの政争があり、琉球の人たちは必死になって生きてきたのである。オモロはことあるごとに読まれた。オモロには沖縄の人々の魂が込められているようである。
 伊波は琉球人の魂を再生させたといってよい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


古琉球 (岩波文庫)古琉球 (岩波文庫)
(2000/12)
伊波 普猷外間 守善

商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 古琉球

杉原幸子・杉原弘樹「杉原千畝物語(すぎはらちうねものがたり)」を読む

早稲田大学構内にある杉原千畝顕彰碑 日本は日露戦争において辛うじて勝利したが、財政事情は悲惨そのものであった。日本が大国ロシアとの戦争を決意したとき、多額の戦費を国債を外国に売って賄わなければならない状態であった。
 国債を売る責任をまかされたのが後の蔵相高橋是清であった。高橋は欧米を回り必死になって日本国債を売ろうとしたが、日本はロシアに負けると思っていた欧米の投資家たちは誰も見向きもしなかった。
 ところが困り果てた高橋のところにあるアメリカの銀行家が近づいてきた。彼は日本国債を買いたいといった。彼はユダヤ系アメリカ人であった。当時というよりもいつの時代でもだが、ヨーロッパではユダヤ人が迫害されていた。ロシアでもその例に漏れずユダヤ人は虐げられていた。それに憤慨して銀行家は日露戦争において日本を応援しようとしたのである。それがきっかけとなり銀行家の紹介もあり、日本国債は売れ始め、そして無事に戦費を調達することができたのである。日本がロシアに勝ったのはユダヤ人のおかげだといっても過言ではない。
 シェークスピアの「ベニスの商人」をあげるまでもなく、ヨーロッパでは遠い過去から第2次世界大戦までユダヤ人は迫害され続けてきた。ユダヤ人がなぜ嫌われたのかはいろいろな理由があるが、大きな理由としては2つある。1つは彼らがキリスト教信者ではなく、ユダヤ教信者であることである。もう1つは彼らは非常に優秀な民族で、金融業を支配し、厖大な富を得ていたことである。
 ユダヤ人迫害の最たるものは第2次大戦中のナチスの行為である。ナチスを率いるヒトラーはユダヤ民族の殲滅を目論んだ。この世からユダヤ人を抹消しようとしたのである。このためヨーロッパ特にナチス支配下の国のユダヤ人はナチスに身柄を拘束され収容所に送られて殺された。その数は数百万人ともいわれている。史上稀にみる非人道的暴挙であった。

 「杉原千畝物語」(フォア文庫)は勇気ある外交官杉原千畝について書かれた感動的な本である。著者は杉原幸子・杉原弘樹で、杉原幸子は千畝の夫人、杉原弘樹は千畝の長男である。
 千畝は1939年リトアニアの領事館の領事代行に任命された。領事代行といっても領事館には外交官は千畝1人しかいなかったから、千畝が領事みたいなものであった。
 当時ヨーロッパではナチスが戦線を拡大し、勢いを増していた。ナチスはユダヤ人を捕まえ収容所に送って殺そうとしていた。いわゆる<ユダヤ人狩り>であった。
 ある日、朝目覚めてカーテンを開けると、千畝は外の異様な光景に驚いた。大勢の人が領事館の門の前に佇んで領事館を見つめていたのである。
 その人たちはポーランドから身一つで命からがら逃げてきたユダヤ人たちであった。ポーランドはナチスの支配下にあり、彼らは収容所に送られるところだったのである。
 彼らの要望は領事館から日本に行くビザを発給してもらうことであった。ビザが発給されれば、ソ連経由で日本に行き、そして<ユダヤ人狩り>のないアメリカに行くことができたのである。
 ビザを発給するかどうかの判断は千畝にはできなかった。千畝は本国の外務省に問い合わせた。返答は発給を許可してはならないということであった。千畝は悩みに悩んだ。命を助けるか、それとも命令に従うかの二者択一に迫られた。
 千畝はビザを発給することを決断した。そして懸命に腕も折れよとばかりにビザを書いた。リトアニアはソ連に併合されたのでリトアニアの日本領事館は閉鎖される寸前であった。千畝が書いたビザは6000を超えていた。6000人以上の人が助かったのである。

 「杉原千畝物語」は人間が人間を愛するということがどのようなことなのかを見事に語ってくれる。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


 写真は、早稲田大学構内にある杉原千畝の功績を讃えた石碑です。

杉原千畝物語―命のビザをありがとう (フォア文庫)杉原千畝物語―命のビザをありがとう (フォア文庫)
(2003/06)
杉原 幸子杉原 弘樹

商品詳細を見る

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 杉原千畝物語