三浦綾子「矢島楫子伝 われ弱ければ 」を読む

東京築地に建っている女子学院発祥の地の碑
 福沢諭吉・新島襄・新渡戸稲造などの例をだすまでもなく、いい教育をするには教育者自身が優れていなければならない。教育の問題とは生徒やシステムの問題ではなく、ひとえに教育者の問題である。
 まず教育の目標とは何だろうと私は真剣に思う。やはり教育とは自立できる力を養うことにあるのではないかと思う。別の言葉でいうと、自分の力でもって物事を判断できるようにさせるということである。
 長い人生を生きていく上において、解決しなければならない問題は常に存在する。だが、その問題にはあらかじめ用意された解答はない。解答は自ら考え出さなければならないのである。この力を身に付けさせるのが教育の目標であろう。
 現在の日本は豊かである。ほぼ全員が中等教育(中学・高校の教育)を受け、中等教育を終えた人の半数以上が高等教育(大学以上の教育)を受ける。教育機関・教育環境は充実している。日本は教育大国といえる。ところが、その教育は本当の教育といえるのであろうか。
 中等教育において教育の優劣はどれだけ生徒を一流といわれている大学に入学させるかで決まる。そのため名門校といわれている学校は効率よく入試問題を解く力を養成することを教育の目的にする。
 はたして試験問題が効率よく解けるようになったからといって、人生においての難問を解くことができるようになるのであろうか。
 なぜこんな教育がまかり通っているのであろうか。それは一流大学に行けば、大企業に就職できて生活が安定するからという論理がたくさんの日本人の頭を支配しているからである。その結果、大学生は中小企業に目を向けない。大企業には定員があるから、就職できない大学生が溢れることになる。なぜ大学生は中小企業に行かないのであろうか。自らの力で人生を切り開いていこうとする気概をもてば企業の名前などにこだわらないはずだ。本当に優れている人ならば会社を起こしてもよいのではないか。
 安定した生活を求めて、大企業の社員や公務員になることをほとんどの大学生が望むというのは裏を返せば、日本の教育が貧困であるということである。センター試験で高得点を取ることといい教育を受けたということとは同値ではないのである。

 三浦綾子著「矢嶋楫子伝 われ弱ければ」は感動的な本である。私はこの本を読んで深く教育とはどうあるべきかを考えさせられた。この本は女子学院の初代院長であった敬虔なるキリスト教信者でもあった矢嶋楫子の波乱万丈の人生を綴った本である。三浦綾子も敬虔なるキリスト教信者であり、また小学校の先生でもあった。三浦は心底矢嶋楫子の生き方に共鳴している。三浦は矢嶋楫子(やじまかじこ)に対する思いを熱く語っている。
 矢嶋楫子は1833年に熊本の庄屋の第六女として生まれた。楫子の2番目の姉は横井小楠に嫁ぎ、3番目の姉は徳富家に嫁いで、蘇峰・蘆花の兄弟を生んだ。
 名門の庄屋の家に生まれたといっても楫子の半生は不幸なものであった。しかし、勤勉さとやさしさをもった楫子は明治という新しい時代に自らの運命を切り開いていった。楫子は日本矯風会の会頭としてもその名を歴史に刻まれている。私は教育者の楫子にたいへん興味をもった。
 楫子は初代の女子学院の院長になった。女子学院には校則がなかった。物事の善悪は自ら考えるというのが楫子の教育理念であった。善悪の判断基準は聖書であった。また、試験のときも教師は試験の監督をしなかった。生徒はカンニングをしようとすればできたのである。楫子の教え子の1人が楫子の教育方針について次のように語っている。

<矢嶋先生の教育方針は、今から考えると、一世紀近くも進んでいました。先生は画一教育に対して勇敢に横車を押し、個性を伸ばすということに教育の中心をおかれました>

 教育者の楫子はいつも生徒の将来を見据えて教育を施していたのである。私は教育者はすばらしい人格をもたなければならないと思った。
 「矢嶋楫子伝 われ弱ければ」をぜひとも教育者と呼ばれている人に読んでほしい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


 写真は、東京都中央区築地に建っている女子学院発祥の地の碑です。築地は明治時代初期にアメリカの居留地がありましたので、立教大学、青山学院、明治学院、工学院らの大学も築地が発祥地です。また、横井小楠の門弟の嘉悦氏房の妻である勢代(せよ)は、孫の孝を訓育し、その後に孝は嘉悦大学の前身である女子商業学校を創立しました。女子商業学校は日本ではじめての女子に商業を教える学校でした。

われ弱ければ―矢嶋楫子伝 (小学館文庫)われ弱ければ―矢嶋楫子伝 (小学館文庫)
(1998/12)
三浦 綾子

商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 矢島楫子伝 われ弱ければ

福地源一郎「幕末政治家」を読む

水戸藩邸があった小石川庭園
 幕末の幕臣で非常に英語ができたのが福沢諭吉と福地源一郎である。特に、福地の英語力はたいしたもので、福地は幕末の騒乱期に翻訳家・通訳として幕政を支えた。福地の英語の能力のことは司馬遼太郎も絶賛している。
 福地は幕府が崩壊して明治維新になると、新聞記者として健筆を振るった。福地は東京日々新聞の社長になった。以後、福地は劇の脚本・小説などを書いた。明治以降の歌舞伎について語るとき、福地はなくてはならない人である。
 勝てば官軍とはよくいったものである。歴史も勝ったものに都合がよいように書かれる。明治になって、幕末史の記述は薩長を善玉とし幕府を悪玉にしたものばかりで、いずれも権力を握った薩長の側から見た歴史である。
 私は幕末史を振り返るたびに、いつも長州藩の尊王攘夷とは何だったのであろうかと思う。長州藩は御所に向けて銃を撃った藩である。このような藩が尊王とは笑止千万である。薩長の動きを見るに、幕府を倒す口実として尊王攘夷を叫んだのではないかと思う。薩長は本気になって日本の国のことを考えたのであろうか。薩長はただ徳川家に代わって政権を取りたかっただけではないのか。逆に、幕府の方が本気になって日本の将来のことを考えていたのではないか。
 私は幕府が鎖国の方針を破って開国に踏み切ったのは正しい決断だと思っている。薩長は幕府が開国を決めると、鬼の首を取ったように幕府の政策を攻撃した。そのときの大義名分が尊王攘夷であり、尊王攘夷はあくまでも薩長にとって幕府を倒す手段で、それ以外の何ものでもなかった。だから、薩長は政権をとると攘夷のことは忘れて開国を推し進めた。
 井伊直弼は現在でも悪玉として歴史に登場する。しかし、井伊は日本を世界に押し出した人ではないのか。

 福地源一郎の「幕末政治家」は幕府の側から見た貴重な幕末史ともいえる。福地は幕府が崩壊していくときの渦中にいた人である。いわば現場を知っている人である。これ以上幕府の最後を語るにふさわしい人は他にいないであろう。
 福地がこの本を書いた動機は幕府の側から見た幕末の本があまりにも少ないからだという。福地は幕府には英明な人材がたくさんいたという。
 「幕末政治家」は幕末の幕府において重要な地位にあった政治家について書かれている。おもだった政治家は、阿部正弘・水戸斉昭・島津斉彬・堀田正睦(まさよし)・井伊直弼・間部詮房(あきふさ)・松平春嶽である。
 話の中心は開国についてである。幕府が開国を決断したのが苦渋の決断であったことがよくわかる。私が長年疑問に思ってきたことがある。それはなぜ開国をするのに天皇の勅許が必要だったかということである。政治は一切徳川幕府が行うことになっていたのであるから、開国の勅許を得ることが必要であったのか。それなら、鎖国をするとき、勅許を得たのであろうか。私は誰が勅許といいだしたのかと思った。この本を読んで、この疑問が解けた。
 ペリーが来航したときの幕府の筆頭老中は阿部正弘であった。阿部が勅許を求めたのである。それは阿部が自分ひとりでは開国の決断ができなかったからだ。阿部が勅許を求めたことが幕府崩壊の第一歩となった。ただ驚くのは、勅許問題を大きくしたのは何と幕府を支えるべき徳川御三家の一つ水戸家の徳川斉昭である。斉昭は尊王攘夷を唱えて幕府をかき回したのである。斉昭の行動を見ると本当にうんざりする。斉昭のために幕府は潰れたのではないかと思われた。斉昭はよほど息子の一橋慶喜を将軍にしたかったのだろう。 「幕末政治家」は幕府の内部抗争と幕府自身の苦悩を実にリアルに描いている。

 福地は幕府には優秀な人がいたという。明治になって、日本が近代国家として大成長していく上において、旧幕臣がいかに活躍したかをもう一度考えてみるべきであろう。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


 写真は、東京都文京区にある小石川庭園です。江戸時代に水戸藩邸があったところです。中央の高いビル方向に東京ドームがあります。

幕末政治家 (東洋文庫)幕末政治家 (東洋文庫)
(1989/05)
福地 源一郎

商品詳細を見る

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 幕末政治家

杉本鉞子著 大岩美代訳 「武士の娘」を読む

長岡市河井継之助記念館に建っている河井継之助像です 明治の世になって、日本人は海外に出ていくようになった。欧米人にとっては開国して間もない日本は未知の国というよりも野蛮の国であった。ところが、日本人に出会った多くの欧米人は日本人が礼儀正しく倫理感が強いことに驚いた。欧米人の道徳・倫理感はキリスト教が土台となっており、宗教のないところに道徳・倫理感は育たないと思われていた。日本にはキリスト教のような土台となる宗教はなかったのである。欧米人は疑問に思った。
 この疑問に答えたのが新渡戸稲造の「武士道」であった。この本は英語で書かれた。日本にはキリスト教のような宗教はないが、それに代わって武士道があると新渡戸は主張した。新渡戸は武士道について詳しく解説をした。「武士道」は欧米においてベストセラーになった。
 杉本鉞子(すぎもとえつこ)著「武士の娘」はさしずめ武士の娘が書いた武士道についての本といえるかもしれない。この本も英語で書かれ、欧米でベストセラーになった。ただ、「武士の娘」は「武士道」とは違い、自伝的要素の強い本である。著者杉本鉞子の生きた人生を振り返ることで武士の精神とは何かが浮き上がってくるのである。
 「武士の娘」は大岩美代によって日本語に翻訳されている。私はこの翻訳を読んでその日本文の美しさに感動した。本当にすばらしい日本語である。読んでいてたいへん気持ちがよかった。訳者の大岩美代の文章能力の高さに加えて、やはり杉本自身が教養が深くそして日本文の達人であったからであろう。すばらしい英語を書くためにはやはりすばらしい日本語が書けなければならないという典型的な例である。

 杉本鉞子は1873(明治6)年、越後長岡藩の家老稲垣家の娘として生まれた。長岡藩は戊辰戦争で朝敵となり、官軍に猛攻撃されそして制圧された。その負けっぷりは悲惨の極みであった。鉞子の父親は家老であったために官軍の囚われの身となり処刑されるところであったが、一命はとりとめた。稲垣家は没落した武士の家として明治の世を過ごした。だが、形は没落したが武士の家としての精神は脈々として明治になっても受け継がれた。そんな中で鉞子は育つのである。
 「武士の娘」には鉞子の子供時代からアメリカでの結婚生活そして日本に帰ったときのことが時系列的に書かれている。自伝的に書かれた随筆といってもよい。鉞子はアメリカで商売をしている兄の友人の杉本松雄に嫁ぐ。
 「武士の娘」は家族・使用人・アメリカの「母上」そして鉞子の2人の娘など鉞子の側にいた人たちとの交流が中心に書かれている。
 鉞子の家は明治になっても武士のしきたりはそのままに残り、エツ子は武士の娘として恥ずかしくないように育てられた。鉞子の姉が嫁ぐとき、母親が姉に言った次の言葉が武士の娘とは何かを端的に表している。

<毎日、この鏡をごらんなさい。もし心に我儘や勝気があれば、必ず顔に表れるものです。よっくごらんなさい。松のように強く、竹のようにもの柔らかに素直で、しかも雪に咲きほこる梅のように、女の操をお守りなさい。>

 鉞子の人生は上に述べた母親の言葉通りであった。芯が強く思いやりがあり、決して利己的でない鉞子の性格が行間から滲み出てくる。
 「武士の娘」には言い伝えや風習などについての話がいろいろとでてくる。どれも興味深いものである。鬼子母神や姥捨て山の話はとくに印象に残った。「武士の娘」には古きよき日本の面影がたくさん出てくる。とてもなつかしくなる。

 「武士」というとたいへ堅苦しいものに感じられるが、「武士の娘」を読むと、武士の生き方とはたいへん美しい生き方に思えてくる。現代の日本人が置き忘れてきた人間として本当に大事なことが「武士の娘」には詰まっているように思われた。その人間として大事なことが欧米人の共感を誘ったのであろう。「武士の娘」が欧米でベストセラーになったのも頷ける。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


 写真上は、新潟県長岡市河井継之助記念館に建っている河井継之助像です。杉本鉞子の実家稲垣家は2000石の上席家老、後年山本五十六元帥を輩出した山本家は1300石の次席家老でした。北越戦争を指揮した河井継之助は120石の中堅家臣でした。河井継之助記念館から頂戴したパンフレットの中に河井継之助の言葉として次のように記されています。
<学問というものは、実行しなければ、何のやくにも建たないものである。
英雄の気質を備えているものほど、なおいっそう危険にあうものだ。
法の制度は清廉で能力のある人がいて、始めてその成果がでるものだ。
人を得ずして法だけあるのは、かえって危険である。
無理には使わず、快く承知をさせて、使うものも使わるるものも、互いに愉快に仕事をするのが得。
従者の外山修造(寅太)に
この世の中は大変に面白くなってきた。寅や、何でもこれからのことは商人が早道だ。思い切って商人になりやい。>
 外山修造は、その後、慶応義塾を卒業して、関西財界の重鎮まで上り詰めます。アサヒビール、阪神電鉄社長、プロ野球球団阪神タイガースの生みの親として、その他多数の事業の創業、設立に携わりました。

江戸城天守閣跡より丸の内を撮影  写真左は、江戸城天守閣跡より丸の内方面を撮影したものです。手前の芝生が大奥の跡地です。先に見えるビル群は、江戸時代は譜代大名の屋敷がありました。 長岡藩は老中を輩出する名門の譜代大名です。また、この土地からは、日本医科大学の前身の済生学舎を創立した長谷川泰、東京帝国大学医学部の解剖学の第一人者となった森鴎外の義弟で、作家星新一の祖父である小金井良精、東京医科歯科大学の前身である東京高等歯科医学校を設置した島峰徹らを輩出しています。
 ブログ「名著を読む」には星新一「祖父・小金井良精の記」、ブログ「名作を読む」には山本有三「米百俵」の感想文を掲載しています。

武士の娘 (ちくま文庫)武士の娘 (ちくま文庫)
(1994/01)
杉本 鉞子

商品詳細を見る
 

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 武士の娘

江藤淳「閉された言語空間 占領軍の検閲と戦後日本」を読む

連合国総司令部が置かれた旧第一生命館
 日本のテレビ・新聞などを中心としたマスコミ報道にはいつも違和感を覚えるし、ときには腹立たしさを感じる。はっきりとした理念も主張もなくやたらに政府非難を繰り返すだけで、とても真のジャーナリズムとは言い難い。極め付きは太平洋戦争に対する見方である。ほとんどのマスコミが判で押したように太平洋戦争を否定している。否定するのは構わない。問題はその否定の仕方である。彼らは客観的な事実を踏まえて自ら判断しているのであろうか。
 少なくともマスコミは正しい情報を偏らずに伝えるのが使命であるはずなのに、この使命を果たしていないように私は思えてならない。一方的に太平洋戦争は日本が100%悪いようにいう。はたして一方が100%悪い戦争などというものが存在するのであろうか。アメリカは100%正しかったのか。日本の戦争は侵略戦争だと極東裁判で断罪されたが、アメリカを含めた西洋諸国が19世紀以降アジアにおいて行ってきたことは侵略ではなかったのか。アメリカが日本を嫌ったのは自分が満州の利権をとりたかったからではないのか。 太平洋戦争という名前からしておかしい。太平戦争とは戦後アメリカが勝手に命名したものである。日本では大東亜戦争といった。大東亜が太平洋になると戦争の意味も大きく変わってくる。
 また、極東裁判は裁判として成立するのであろうか。この裁判は勝った国が負けた国を裁くというもので当事者が裁判を行っている。本来なら戦争とは関係ない第3者機関が行うべきものではないのか。戦犯は人道に対する罪で裁かれた。人道に対する罪はニュルンベルグ裁判で突然登場してきたものであきらかに事後法である。日本はあくまでもポツダム宣言に則って降伏したのであって、ポツダム宣言には人道に対する罪で戦争責任者を裁くとは明記されていない。
 以上のことを私はマスコミ報道できいたことがない。

 江藤淳の「閉された言語空間 占領軍の検閲と戦後日本」を読んだとき大きな衝撃を受けた。と同時に江藤の勇気に感動した。本当にここまで真実を暴露してもよいのかと思った。本来なら真実を伝えるマスコミがキャンペーンを張ってでも報道すべきことである。江藤はよほど日本に対する危機意識があったに違いない。私は江藤のような文化人をもったことを誇りに思う。
 「閉された言語空間」は戦後GHQが行った検閲についての赤裸々な記録である。検閲はGHQの判断で行われたのではない。当然、アメリカ本国の意向によってである。日本に言論の自由、出版の自由を与えたと自我礼賛していた当のアメリカが徹底した言論封殺をしていたのである。その実態は恐ろしく非人道的であった。
 この記録を読むと怒りに体が震えてくる。戦争に負けるとは何とも悲惨なものである。アメリカの行動原理は国益を一番に考えるということである。アメリカの日本の占領政策もアメリカの国益のために行われた。アメリカの国益とは日本が2度とアメリカに歯向かわないようにすることであり、アメリカの対日戦争を正義の戦いだったと日本人に洗脳することであった。そして、広島・長崎の原爆も日本が悪いことをした当然の報いであるという論理を日本人に浸透させようとした。それは日本人に自らの頭で考えさせることを停止させることであり、日本の国の消滅を意味していた。
 占領軍の検閲は徹底的に行われた。新聞・雑誌・書籍は事前検閲であった。ゲラを検閲局に持参して検閲してもらうのである。適切でない内容は削除を命じられた。一般人の郵便までも検閲された。アメリカおよびアメリカ軍に対する非難、日本軍の行動を肯定することなどは一切公にされなかった。広島・長崎の原爆のことも非難できなかった。
 「閉された言語空間」は恐ろしい本である。しかし、私たち日本人はもう一度真剣に占領期間中にアメリカが日本に行ったことに目を向けなければならないのではなかろうか。占領政策は現在でも影を落としている。

 <真の自由主義者とは今こそ天皇陛下万歳といえる人だ>と喝破したのは太宰治である。終戦直後、天皇万歳と言える人はいなかったのである。いや言えなかったのかもしれない。太宰は戦争が終わったあとの世の中の窮屈さを肌で感じていたのかも知れない。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


 写真は、皇居の前に建っている連合国総司令部(GHQ)が置かれた旧第一生命館です。旧第一生命館でマッカーサー総司令官は執務を行っていました。

閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫)閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫)
(1994/01/10)
江藤 淳

商品詳細を見る

テーマ : 歴史 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 閉された言語空間

清水幾太郎「日本よ 国家たれ 核の選択」を読む

 1990年のバブル崩壊以後日本の国力は落ち続けている。21世紀になっても止まることなく落ち続け、2011年を迎えていよいよ日本も滅びるのではないかという声さえ聞こえはじめた。
 バブル後の日本の国力低下を称して江藤淳は第2の敗戦と言った。さしずめリーマンショック後の日本は第3の敗戦かもしれない。
 日本の国力がなぜ落ちたのか。理由はいろいろあるけれど、その1つは本当に大事なこと、本当に重要なことを議論しないで隠し続けたからではないのか。その大事なことというのは国家とは何かということである。国家について考えることは長い間タブーであった。戦後一貫して平和であり、国家としての体面をまがりなりにも維持してきたのはアメリカの軍事力と天皇制があったからである。
 特にアメリカの軍事力の存在は大きく、日米同盟があればこそ、諸外国も日本に手をだすようなことはなかった。日米同盟は日本を表向きには守ってくれるが、その反面、日本はアメリカの意のままにならなければならない。今のままでは日本は永遠にアメリカに対し、平和を保証してくれる代わりに基地を提供し続けなくてはならないのである。日本は安全保障に関して自分の行く道を自分で決定できないのである。
 戦後65年たっても日本はあの太平洋戦争の傷跡を癒してはいない。沖縄には米軍が居座ったままである。日本はアメリカの属国といってもよい。国家の核心になることはアメリカに決定された。天皇制が存続したのも日本人の力でなく、アメリカの力によってなされた。
 終戦直後、日本を占領したアメリカ軍はテロの恐怖に襲われた。戦争継続を叫ぶ多くの日本兵がテロを起こすのではないかと思ったのだ。だが、テロは1度たりとも起こらなかった。日本人はアメリカ軍にたいして従順であった。天皇が日本国民に武装解除を命じたからである。アメリカは天皇の偉大さを知り、天皇制廃止の方針を撤回した。
 日本国憲法はアメリカから強制的に与えられたものである。アメリカはこの憲法によって、日本が2度と軍事力をもつことを禁じた。アメリカは日本から国家の体を取り上げたのである。日本は去勢されたといってもよい。憲法を押し付けられた国がはたして独立国家といえるのであろうか。それでも戦後の経済的繁栄が国家の体をなしていない日本の問題を覆い隠した。
 21世紀、日本はグローバル化した世界の中で戦わなければならない。経済・外交も戦いである。日本はその戦いの中で負けがこんでいる。国家の体をなしていない日本がその弱さを露呈しているのである。
 
 清水幾太郎著「日本よ国家たれ 核の選択」は衝撃的な本である。1980年に書かれたものであるが、1980年当時よりも現在の方がよりこの本は切実な問題を提起しているのではないだろうか。
 清水は戦後60年安保までは平和運動に身を捧げてきたのであるが、60年過ぎから日本の軍備について過激なことを言うようになった。清水は変節したと論壇から非難された。清水の主張は1点に尽きる。国家は軍事力の裏づけがあって初めて国家たりえるということである。
 清水は1980年当時の日本の軍事力の貧弱さを嘆き、清水流の防衛力向上の指針を示した。おそらく平和ボケした口だけの平和論者には読むに耐えない本であろう。清水は当然のことながら核武装も提案している。最低でも軍事費をGDPの3パーセントに引き上げろとも主張する。清水は本当の平和そして豊かさを得るには軍事力を増強させることであると力説する。そして日本国憲法の改正を提案する。その論理には説得力がある。
 清水は果敢にタブーに挑戦しているのである。

 平和を築くためには武器を捨てればよいのであろうか。話し合いで世界と仲良くやっていけるのであろうか。昨今の日本を取り巻く東アジアの情勢を見ると、これらの議論に意味があるとは思われない。日本以外の国が軍事力イコール国力とみなしているのである。 自分の国は自分の国の軍隊で守らなければならない。この単純明快な真理は長い間議論されないままであった。清水は日本が国家として何をなすべきかを主張している。国家の体をなしていない国にもはや成長は訪れないのは確かであろう。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


日本よ国家たれ―核の選択 (1980年)

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 日本よ 国家たれ 核の選択