渡辺京二「逝(ゆ)きし世の面影」を読む

芝増上寺に埋葬されている歴代の徳川将軍と正妻の墓所 永井荷風は明治・大正・昭和と生きた作家であるが、終生、江戸時代を偲んでいた。荷風にとって江戸時代とは生きるよすがであったのだ。荷風は大正・昭和の時代を徹底的に憎んだ。荷風にとって、日本は明治までが生きるにふさわしい時代であった。江戸時代の何が荷風をこれほどまで魅了したのであろうか。
 何も江戸時代を偲んだ作家は荷風ばかりではない。荷風が慕ってやまない森鴎外もそして夏目漱石も江戸時代を古きよき時代ととらえている。
 翻ってみるに、私たちは江戸時代についていかに教わってきたのであろうか。江戸時代は封建社会で、人々は身分制度にがんじがらめにされ、農民は武士階級に支配されていた。武士が農民から税を取るのは、苛斂誅求を極め、農民は武士に絞り取られていた。農民の生活は悲惨であり、村を逃げ出すものは跡を絶たなかった。極端にいうと、江戸時代は武士以外は暗黒の時代であったのだ。
 一体このような江戸時代に対する歴史観はいつできたのだろうか。明治時代になって権力を手に入れた薩長が徳川の時代を否定するために、江戸時代を暗黒な時代と規定したのも一つの理由であろうが、一番大きな理由は戦後、進歩派といわれたいわゆる左翼系の知識人たちが、アメリカ占領軍の意向にのっとって、過去の日本を全否定したことである。この全否定は、歴史学のベースになり、特に、江戸・明治に対しては悪い面だけを大々的に取り上げ、近世史・近代史を大いに歪めたのである。
 この傾向は現在も続いているように思われる。果たして、これが正しい歴史学といえるのであろうか。この歴史観の上に立った場合、どれだけの人が江戸時代の日本に住みたいと思うのであろうか。
 江戸時代が我々が教わった通りの時代なら、なぜあれほど、荷風も鴎外も漱石も江戸時代を懐かしむのであろうか。明治時代までは、確かに江戸時代の風情をそのまま残していた。彼ら三人は江戸時代とはどのようなものかはっきりと知っていたはずである。

 渡辺京二の「逝きし世の面影」は名著の中の名著である。これだけ詳しくそしてリアルに江戸時代の姿を見せてくれる本は他にあるのだろうか。江戸時代を知ろうとしたら、かならずや読まなければならない本である。とにかく江戸時代を扱ったぴか一の本である。 タイトルにある<逝きし世>とは江戸時代のことである。渡辺がわざわざ亡び去った江戸時代の文明を<逝きし>といっていることに、渡辺自身が江戸時代に対して深い愛惜の念を持っていることが伺われる。この本のあとがきに書かれている次の文を読めば、渡辺の江戸時代に対する思いがいかようなものかが読みとれる。

<少年の頃、私は江戸時代に生まれなくてよかったと本気で思っていた。だが今では、江戸時代に生れて長唄の師匠の二階に転がりこんだり、あるいは村里の寺小屋の先生をしたりして一生を過した方が、自分は人間として今よりまともであれただろうと心底信じている。>

 「逝きし世の面影」は文庫で六百頁の大部な本である。その内容のほとんどは幕末期そして明治初期に日本に来た外国人の見聞記の分析で占められている。この資料は膨大で、分析もするどく、とても説得力がある。この一冊の本を仕上げるのにとてつもない時間を費やしているのではないかと思われる。
 結論からいうと、日本の江戸時代の姿を見た外国人のほとんどが、<日本は世界中で一番幸せな国である>といい、<農民はいつも笑顔を絶やさず、血色がよく、のびのびと生きている>ともいっている。
 確かに江戸時代は暗い一面も持っていた。しかし、その暗い一面を差し引いても江戸時代は外国人にとっては、天国のように見えたのである。

 歴史は段階的に進歩するというのが、唯物史観の根本原理である。文明が発展し、日本は豊かで便利な社会になった。だが、現代の日本人は江戸時代の日本人より幸せであると胸を張っていえるのであろうか。「逝きし世の面影」を読んでつくづく私は思った。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


旧台徳院霊廟跡地 写真上は芝増上寺に埋葬されている歴代の徳川将軍と正妻の徳川霊廟です。
 二代将軍徳川秀忠とお江はこの霊廟にて永眠しています。戦前までは徳川秀忠公(戒名台徳院)の霊廟は、現在の増上寺に隣接する写真下の場所にありました。第二次世界大戦の空襲で霊廟が焼かれ、秀忠公の土葬されたご遺骸は荼毘に付されて写真上の霊廟に移されました。
 整地された公園までは、旧台徳院霊廟惣門をくぐり抜け、水路跡、惣門跡、勅額門跡の案内板を通り過ぎると整地された公園にたどり着きます。徳川幕府は秀忠公の力なしでは260年間は続かなかったのではないか思い、今更ですが秀忠公の偉大さを感じる道のりでした。
 渡辺京二「逝きし世の面影」には、ブログ「名著を読む」の中でも紹介した下記の作品が参考文献として引用されています。
杉本鉞子著 大岩美代訳「武士の娘」
今泉みね 金子光晴解説「名ごりの夢 蘭医桂川家に生れて」
山川菊栄「武家の女性」
H.シュリーマン「シュリーマン旅行記 清国・日本」
アーネスト・サトウ「一外交官の見た明治維新」
宮本常一の「イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む」

逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)逝きし世の面影 (平凡社ライブラリー)
(2005/09)
渡辺 京二

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 逝きし世の面影

坪内稔典「子規のココア・漱石のカステラ」を読む

東京根岸子規庵 夏目漱石は小説家であったが、俳人でもあった。漱石が俳句を作り始めたのは、松山中学で英語の教師をしているときである。
 漱石は二階建ての家を下宿として借りていた。二階の部屋を勉強部屋にしていた。そこに、正岡子規が居候することになる。
 子規と漱石は大学予備門時代からの友人である。二人とも大学に進学するが、子規は試験が嫌で退学してしまう。漱石は真面目に勉強して、大学院まで進み、大学教授になるエリートコースを歩む。
 漱石は子規のことが好きで、子規の故郷である松山に住みたいと思い、松山中学の英語教師になった。帝国大学を卒業したものが中学の先生になるのは異例のことであった。
 子規は大学を中退すると新聞記者になった。そして、俳句の研究を一生の仕事にしようと決心した。日清戦争が起こると、子規は従軍記者となって、戦地に赴いた。戦地からの帰途、子規は血を吐き、神戸に滞在せざるを得なかった。そのとき、漱石は松山におり、病気療養のために子規を松山に呼んだ。
 子規は漱石の親切に甘えて松山に行き、漱石の家の一階に間借りした。子規はそこで俳句の句会を開いて、松山にいる後輩たちを呼び集めた。漱石の家はいつも若い人たちで一杯になり、学校から戻った漱石は勉強どころではなかった。漱石も一緒になって俳句作りを始めた。

 坪内稔典の「子規のココア・漱石のカステラ」は子規・漱石のことに触れながら書かれたエッセイである。著者の坪内は俳人で、子規の研究家でもある。一読して坪内が子規のことをたいへん好きなのがわかる。坪内にとって子規は生涯の良き伴侶みたいなものである。このような伴侶を得られた人は幸せだと思う。
 このエッセイは主に食事と俳句について書かれている。子規は三十歳を過ぎたあたりから寝たきりの状態になった。生活一切が蒲団の上で行われた。将来を悲観した子規であったが、その反動のためか、食事に大いなる楽しみを見出した。子規は好きなものをたくさん食べた。子規の随筆「仰臥漫録」には毎日の食事の献立が載っている。
 子規は間食が好きで、団子や菓子パンをよく食べた。一緒の飲むのがココア入りの牛乳であった。ココア入りの牛乳はよほど好きだと見えて、毎日のように飲んだ。パイナップルの缶詰も好きで、子規はかなりハイカラであった。
 このエッセイの中で、私が一番興味を持ったのは、漱石が俳人としても一流であり、師匠の子規にも俳句の上で影響を与えているという件である。
 子規の俳句の中で最も有名なものの一つは

 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

である。この句は、

 鐘つけば銀杏(いちょう)ちるなり建長寺

という漱石の句が子規の頭の片隅に残っていて、無意識のうちに詠まれたものだと坪内はいう。漱石の句は平凡なものであるが、漱石の句が子規の傑作を生んだとはおもしろい。
 漱石は松山中学の教師をやめて、熊本の第五高等学校の教師になり、それからイギリスに留学した。漱石がイギリスから帰ると、子規はすでにこの世にはいなかった。漱石は終生子規の面影を偲んだ。
 
 漱石と子規の共通点は何といってもそのユーモア精神である。二人がくっつくのはさも当然のことであった。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


東京根岸子規の俳句

 写真上は、東京根岸にある子規庵です。写真下は根岸の路上に子規が詠んだ俳句が飾られていたものを撮ったものです。
 ブログ「名作を読む」には以下の通り夏目漱石と正岡子規作品の読書感想文を掲載しています。
夏目漱石:坊っちゃん  三四郎  吾輩は猫である  こころ  それから  硝子戸の中(がらすどのうち)    草枕  虞美人草  夢十夜  彼岸過迄  倫敦塔(ろんどんとう)  行人(こうじん)  道草  明暗  文鳥
正岡子規:病牀六尺(びょうしょうろくしゃく)

子規のココア・漱石のカステラ (NHKライブラリー)子規のココア・漱石のカステラ (NHKライブラリー)
(2006/11)
坪内 稔典

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 子規のココア・漱石のカステラ

松本哉「永井荷風という生き方」を読む

六本木一丁目にある偏奇館跡の案内板 永井荷風は夏目漱石ほど幅広く読者を獲得してはいないが、数は少ないけれども熱狂的な読者を持つ作家である。私は荷風の大ファンである。私だけでなく、荷風が好きなのは、作品の良さ以上に荷風の生き方に共感するからではないだろうか。
 荷風の生き方を一言でいうならば、何にも囚われることなく自由に生きるということだろう。日本の近代以降の文学者において、荷風ほど自由気ままに飄々と生きたものはいなかったのではないか。
 高等商業付属外国語学校(現在の東京外国語大学)を中退した荷風はすでに文学者として生きていこうと内心決めていた。明治時代、文学者というものは決して人に自慢できる職業ではなかった。どこか日陰者の職業のように思われていた。正業に就けないものがしょうがなくやる仕事とも思われていた。
 荷風は生まれ落ちたときから、自分は日陰の道を歩むことになるだろうと思っていた節があった。それは父親に対するコンプレックスであったかもしれない。荷風の父親は内務省の高級官僚であり、たいへんな金持ちであった。父親は学校を勝手にやめて正業に就かない息子の壮吉(荷風の本名)を思いやり、実業を学ばせようと渡米させた。アメリカに渡った壮吉は横浜正金銀行の事務をやったりしたが、ほとんど遊んで暮らした。その後フランスにどうしても行きたくて父親に頼み、横浜正金銀行のリヨン支店に勤めるという約束でフランスに渡った。しかし、どうしても銀行の仕事が性に合わず、誰に相談することもせず、銀行を辞めてしまった。これには父親は激怒した。
 帰国した荷風は「あめりか物語」「ふらんす物語」の成功により、作家としての不動の地位を築いた。そして、慶応義塾大学の文学部教授になって、「三田文学」の創設に尽力した。荷風は名誉も地位も得たのであるが、慶応義塾大学の教授もまもなくして辞めてしまった。それ以来、荷風は何に縛られることなく信念の赴くままに、たくさんの玄人の女を相手に自由に生きた。荷風は2度結婚している。1度目は親の決めた結婚ですぐに離婚し、2度目は芸者との結婚であったが、これもすぐに破局を迎えた。その後は、数々の妾を抱えたが、結婚はしなかった。

 松本哉の「荷風という生き方」はタイトル通り、荷風の生き方を論じた本である。一読して、著者の松本が荷風の大ファンであることがわかる。松本は作家であるが、荷風の研究者のごとく、荷風に関しては隅々まで調べている。いわゆる評論家の書く荷風ものとは一線を劃していて、興味深く荷風のことを描いている。荷風ものの名著である。
 荷風は小説・随筆をたくさん書いているが、傑作といわれている日記も残している。「断腸亭日乗」は1917(大正6)年9月16日から、死の前日の1959(昭和34)年4月29日まで書き継がれた日記である。この日記は現存していて、松本は日記というより、美術品だといっている。おそらく国宝級の美術品といってよいかもしれない。
 おもに「断腸亭日乗」を参考にして、松本は荷風の生き方を述べている。私がおもしろかったのは、荷風の人間嫌いについて書かれたところである。
 荷風は本当に人間嫌いであったのか。私は、荷風はただ、わずらわしいことを嫌ったのであって、人間そのものを本質的に嫌っていたとは思えない。
 ある新聞記者が荷風にインタビューしようと思い、荷風を追いかけ回し、やっと捕まえて、名刺を渡してから荷風の話を引き出そうとした。荷風は何も語らず、その記者の目の前で渡された名刺を引きちぎったという。私はこの荷風の行為は人間嫌いからきているとは思えない。
 また、有名人である荷風のもとには正月になると、夥しいほどの年賀状が舞い込む。ところが、荷風は見知らぬ人からの年賀状は読みもしないで、ゴミ箱に捨てた。知らない人間に年賀状を送るということが荷風には腹立たしかったのである。これもまともなことだと思う。
 「荷風という生き方」には興味深いことがたくさん載っている。

 荷風の生き方を見ると、現代の日本人が置き忘れてしまった日本人としての尊厳を思い出させてくれる。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


 写真上は、地下鉄六本木一丁目駅上にある偏奇館跡の案内板です。現在、駅の周りにはアメリカ大使館をはじめ各国の大使館やホテルオークラなどの建物があります。東京でも地価がとても高いところです。偏奇館の案内板には次のように説明されています。
< 小説家永井荷風が、大正九年に木造洋風2階建の偏奇館を新築し、二十五年ほど独居自適の生活を送りましたが、昭和二十年三月十日の空襲で焼失しました。荷風はここで「雨瀟瀟(あめしょうしょう)」「濹東綺譚(ぼくとうきたん)」などの名作を書いています。
 偏奇館というのはペンキ塗りの洋館をもじったまでですが、軽佻浮薄な日本近代を憎み、市井に隠れて滅びゆく江戸情緒に郷愁をみいだすといった当時の荷風の心境・作風とよく合致したものです。

冀(ねが)くば来たりてわが門を敲(たた)くことなかれ
われ一人住むといへど
幾年月の過ぎ来(こ)しかた
思い出の夢のかすかず限り知られず
「偏奇館吟章」より   >

旧横浜正金銀行本店本館 写真左は、横浜にある旧横浜正金銀行本店本館建物です。現在は神奈川県立歴史博物館になっています。建物の中に資料室があり、永井荷風のことを係の人に訪ねてみるとかすかな痕跡がありました。横浜正金銀行は、当時の世界三大外国為替銀行の一つでした。
 ブログ「名作を読む」には以下の通り永井荷風作品の読書感想文を掲載しています。
二人妻
ふらんす物語
雨瀟瀟(あめしょうしょう)
おかめ笹
腕くらべ
すみだ川
つゆのあとさき
墨東綺譚(ぼくとうきたん)
あめりか物語

永井荷風という生き方 (集英社新書)永井荷風という生き方 (集英社新書)
(2006/10/17)
松本 哉

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 永井荷風という生き方

井上ひさし「日本語教室」を読む

 井上ひさしの創作のモットーは<難しいことをわかりやすく、わかりやすいことを深く、深いことをおもしろく>である。井上は深刻なこともわかりやすくそしておもしろく書いてくれる。
 日本語に関しての本はたくさん出ているが、概しておもしろくない。まして日本語の文法に関してのものは全くといってよいほどつまらない。日本語という深い歴史を持った言語を解説するとなると、どうしても難しくなってしまうのかもしれない。
 ところが、井上の日本語に関する本はとてもわかりやすくおもしろい。私は井上の本を読んで何度、目から鱗が落ちたことやら。
 何故、井上の書いた日本語についての本がわかりやすいのかと考えたことがある。それは井上のモットーだといえばそうなのだが、それ以上に井上が日本語を直接の道具として仕事をしているからであると思う。
 日本語の研究者にとって、日本語は研究の対象ではあっても、自分を表現する道具だという認識は薄い。このような文章・言葉では読者はよくわからないのではという意識がどうもないように思える。しかし、井上にとって日本語は唯一にして最強の道具である。その道具のことを徹底的に知らないと、納得のいく仕事ができないのである。
 井上は芝居のセリフを考えるとき、日本語の属性をよく吟味する。たとえば次のようにである。

<私は芝居を書いていますが、なるべく「い」の音を生かすように気をつけています。たとえば銀行を使うのなら、もう三菱に決まりです。銀行の内容とか、そういうことではありません。音だけの問題です。「みつびし」だと、四つの母音のうち三つが「い」の音ですからね。ところが上に東京がついてしまったので、ちょっとやりにくくなりました。(笑)。住友は、俳優さんがどんなにしっかり発音しても、最初の「す」という音が消えるのです。だから、客席の後ろのほうの人には「みとも銀行」というふうに聞こえてしまいます。これは、どんな名優でも、杉村春子さんでもそうです。つまり、「う」という母音は、口のなかを通るときに半分ぐらい力を落とされて外へ出るので、途中で消えてしまうわけです。ですから、私の芝居では銀行はすべて三菱になっています。それは、「みつびし」と言うと、僕らの声でも遠くまで届くから、という理由によるものです。>

 これは「日本語教室」という講演の中で井上が述べたものである。実作者にしか言えない内容である。
 井上は芝居だけでなく、小説もたくさん書いている。心に響くのはどのような言葉なのかと井上は必死に考えたに違いない。行き着いたところが、日本語には和語と漢語があるということである。日本語学者に言わせると、和語は訓読み、漢語は音読みという陳腐な解釈になる。井上は和語と漢語について持論を展開する。この持論がずば抜けているのである。私は井上の和語と漢語についての意見を読んだとき、井上を神のごとく崇め奉ったものである。
 
 「日本語教室」(新潮新書)は井上が母校上智大学で4日間行った日本語に関しての講演である。井上のすさまじいばかりの日本語に対する愛着が読み取れる。その内容は次の通りである。

第一講 日本語はいまどうなっているのか
第二講 日本語はどうつくられたのか
第三講 日本語はどのように話されるのか
第四講 日本語はどのように表現されるのか

 どの講義も深い内容であるが、やさしくかつおもしろく語ってくれている。当然、和語と漢語のことが出てくるが、現代においての外来語すなわちカタカナ語についてかなり言及している。
 特に、私が感銘したのは母語についてである。井上は、いくら外国語を勉強しても母語以上には上達しないと言っている。日本語も満足にできないものが、日本語を勉強せずに英語を勉強するのはおかしいと言っているのだ。

 井上は日本語の現状について非常に強い危機意識を持っていた。日本人を日本人たらしめるのは日本語であることを井上は力説したかったに違いない。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


日本語教室 (新潮新書) 日本語教室 (新潮新書)
(2011/03)
井上 ひさし

商品詳細を見る

テーマ : お勧め - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 日本語教室