猪木正道「評伝吉田茂 (一) 青雲の巻」を読む

東京北の丸公園に建っている吉田茂像 国の命運を決めるのは、最後は、国のリーダーの資質である。現在、日本は豊かさを享受し、世界から認められた経済大国である。戦後の焼け野原から日本をここまで成長させる土台を築いたのは、戦後しばらくの間、首相を務めた吉田茂だと私は思っている。
 吉田は5度、内閣の総理大臣になっている。第1次吉田内閣は、1946年5月22日~1947年5月20日、第2次は、1948年10月15日~1949年2月26日、第3次は、1949年2月26日~1952年10月30日、第4次は1952年10月30日から1953年5月21日、第5次は、1953年5月21日~1954年12月7日で、合計7年近く内閣を従えたわけである。この期間に、吉田はアメリカと徹底的に交渉し、軍事を切り捨て、日本を経済国家への道に進ませ、日本をアメリカから独立させた。日本は吉田の思惑通り、アメリカの軍事力を傘にして、資源を経済に集中投資し、世界に冠たる経済大国を作り上げたのである。また、吉田は戦争をした国々と単独講和に成功し、平和国家日本を築いた。
 毀誉褒貶いろいろあるが、吉田が歴史に残る偉大なる業績を成し遂げたことは確かである。
 私は歴代の総理大臣の中では、吉田茂が一番好きである。その理由は、吉田の業績もさることながら、吉田が得も言われぬユーモア精神の持ち主だからである。学生時代、私は吉田健一の随筆が好きで、よく読んだ。吉田健一はイギリス文学者としても文芸評論家としても一流の人である。いつしか、私は吉田健一が吉田茂の息子と知るようになり、吉田健一に感心するのではなく、吉田茂に感心し、吉田茂という人間に非常に興味を持った。吉田健一もすばらしいユーモア感覚の持ち主であった。
 猪木正道の「評伝 吉田茂」は吉田茂に関しての評伝の中では、おそらく最高の評伝であるだろう。「評伝 吉田茂」は4巻から成っている。猪木は三島由紀夫が尊敬する政治学者であり、防衛大学校長にもなった人なので、どこか民族主義的な人かと勘違いしてしまうが、とんでもない。たいへんリベラルな人で、偏見なく歴史的事実に真摯に向きあう碩学の政治学者である。三島由紀夫の目は確かであった。
 猪木は、2人の先輩の学者から、「五十年後にも読める吉田茂の伝記を書いてくれ」という依頼を受けて、吉田茂の伝記を書いた。それが「評伝 吉田茂」である。2人の先輩の要望以上に、この評伝は優れたもので、100年後にも読める伝記である。
 「評伝 吉田茂① 青雲巻」を読んで、私は吉田茂のユーモア精神がどこからくるのかを知った思いがした。

 「評伝 吉田茂① 青雲巻」は吉田が生まれてから天津の総領事館勤務の時代までを扱ったものである。私がこの巻で最も感動したのは、まだ下っ端の外交官でしかなかった吉田が首相になったばかりの寺内正毅から、首相秘書官にならないかと誘われたとき、「首相なら勤まりますが、首相秘書官は勤まりません」といって誘いを断った件である。この言葉に吉田の全人格が詰まっているように私には思われた。
 吉田は1878(明治11)年、竹内綱の五男として、東京に生まれた。竹内は土佐出身の自由民権運動家で、投獄され、その間に茂が生まれた。茂は生まれてから、竹内の友人である吉田健三の庇護のもとで育てられ、3歳のときに正式に吉田健三の養子になった。茂が吉田健三のもとに預けられるとき、茂の母親は吉田健三に「まことにつまらないものですが」と言って、茂を差し出したと、後年、吉田自身が述べ、お笑いしたという。息子もすごいけれど、母親もすごかったのである。茂の母親は芸者だったらしい。
 吉田健三は横浜の貿易商で、巨万の富を築いた。その額、今のお金にしたら、100億を軽く超えていた。吉田は若くしてその巨万の富を相続したが、すべて、きれいに使ってしまった。
 茂は小学校を卒業すると、藤沢にある耕余義塾に入学した。この耕余義塾は漢学塾で、茂は論語・史記・老子・三国志など中国の古典を徹底的に読まされた。
 耕余義塾を卒業すると、日本中学などを経て、学習院に入学した。当時、学習院には大学科もあり、茂は大学科まで進むが、勉学途中に、大学科が廃止となり、茂は東京帝国大学法科大学に移った。
 1906年、法科大学政治科を卒業すると、外交官試験に合格した。合格者は全部で11人おり、首席で合格したのが、広田弘毅だった。広田と吉田はよく対比される。広田はエリートコースを歩み、吉田は紆余曲折の道を辿った。戦前に広田は首相まで上り詰めるが、吉田は戦前は次官止まりである。ところが、広田は戦後、A級戦犯となり、死刑になった。 吉田が外交官になって初めての勤務地が奉天であった。吉田は領事館補であったが、これ以後、吉田は外交官として軍部と戦っていくことになる。吉田は、政府と軍部による二重政府を徹底的に嫌った。外交政策も軍部は独自に決めようとした。政府は軍部を動かすことができなかった。これが日本を破滅に導いた最も大きな原因である。吉田が外交官になってすぐにこの二重政府に違和感を覚えるのである。吉田は、陸軍が満州を拠点に中国を侵略しようとする時期に外交官のキャリアをスタートさせたのである。

 外交官になって間もなくして、吉田はロンドンで短い間、勤務をした。このとき、吉田はシェイクスピア・ディケンズ・テニスンなどのイギリス文学を読み漁ったという。中でも特に、吉田のお気に入りは、ウッド・ハウスのユーモア小説であったという。吉田のユーモアがイギリス仕込みであることが、これでよくわかる。そういえば、夏目漱石のユーモアもイギリス仕込みであった。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




評伝吉田茂 (1) (ちくま学芸文庫)評伝吉田茂 (1) (ちくま学芸文庫)
(1995/01)
猪木 正道

商品詳細を見る

名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 評伝吉田茂

白崎秀雄「鈍翁・益田孝」を読む

日本橋室町旧三井本館 明治の日本を代表する二大財閥が三井・三菱であることに異論を唱える人は誰もいないはずである。
 三井・三菱は明治に財閥となり、両者は規模拡大に鎬を削った。三井は元禄期に創業され、呉服業・両替商を中心にして業容を拡大し、三菱は明治になって岩崎弥太郎に創業され、海運業を中心に拡大した。三井・三菱は折りにふれてぶつかり、お互いにライバルというより仇敵といった存在であった。

 三井・三菱はすさまじい勢いで事業を拡大していったが、三菱はつねに三井の後塵を拝し、三菱は三井を追い越すことができなかった。なぜ三菱は三井を追い越すことができなかったのか。理由はいろいろあるが、大きな理由は三井が三井物産という世界を股にかけた貿易会社を擁していたからである。三井物産は三井財閥の強力なエンジンの役割をした。何も三井物産は三井財閥のエンジンばかりではなく、新生近代日本が成長するためのエンジンでもあった。近代日本が産業立国になる上で、財閥特に三井・三菱の果たした役割は言葉では言い尽くせないほど大きい。

 坂本龍馬は薩長同盟を成立させる上で重要な働きをしたことで、歴史上のヒーローとして扱われているが、私は龍馬のすごさは、薩長同盟の功労者というよりも龍馬の先見性にあると思っている。龍馬の将来の夢は政治家になることでなく、世界を相手に貿易業をやることであった。海援隊はそのために組織されたものである。龍馬亡き後、龍馬と因縁浅からぬ岩崎弥太郎が海運業で成功し三菱を作ったのも、龍馬の影響がないとはいえない。龍馬の遺志を継いだ人はたくさん輩出し、近代日本の礎を築いた。さしずめ三井物産を創立した益田孝は龍馬の申し子といえるような存在であった。


一橋大学に建っている校長をつとめた矢野二郎像 白崎秀夫の「鈍翁・益田孝」は益田孝について書かれた少し変わった本である。生まれてから死ぬまでを時系列的に書いた評伝とは違う。益田が催した茶席を中心にして書かれたものである。
 白崎は作家であると同時に美術評論家でもある。白崎は茶器などの美術品を研究しているうちに、鈍翁という名前に何度となくぶつかった。白崎は調べていくうちに、鈍翁とは益田孝のことで、益田は茶器だけでなく、絵・書・仏像など国宝級の美術品をたくさん所蔵していたことがわかった。白崎は益田のことを書いてみようと思い立ったのである。
 私はこの本を読むまでは、三井物産は三井一族が創立したものとばかり思っていたのであるが、実際はほとんど益田個人が創立したものだとわかった。三井は名前だけを貸して資本は出していない。三井物産は1876(明治9)年に創立されるが、その前身は先収会社という貿易会社であった。先収会社は井上馨と益田が作った会社である。
 益田は1848(嘉永元)年、佐渡で生まれた。父親は幕臣であった。益田は少年期に箱館に一時住み、外国に興味を持った。青年になって江戸に出て、ヘボン塾で英語を学び、アメリカ公使館にも勤務した。特筆すべきは、益田が幕府の使節団の一員として、フランスに派遣されたことである。益田は自分の目で、西洋文明をはっきりと見たのである。
 幕府が亡び明治になると、英語が堪能で西洋のことを知っている元幕臣の益田には活躍の場が提供された。益田の能力を最も買ったのは井上馨である。益田は井上にとって生涯に渡るよき相棒であり、西郷隆盛は井上のことを三井の番頭さんと揶揄した。
 益田の創立した三井物産はすばらしい業績をあげた。三井財閥には3つの柱があった三井銀行・三井物産そして三井三池炭鉱である。この3つがフル回転し、三井を日本一の財閥に押し上げた。三井三池炭鉱は国が払い下げた三池炭鉱を三井が買ったものである。このときも三菱と競争した。このときの買収額は現在の価値でいったら何兆円もするのではないだろうか。三井銀行は反対したが、益田は三井銀行を説得して買収した。三池炭鉱の買収は益田の人生で最も重大な決断の1つであった。
 三井物産は三池炭鉱から産出される石炭を世界中に売りまくった。それにともなって、日本に外貨が入り、日本は産業立国へと発展することができた。

昵懇の中だった荏原製作所創業者畠山一清旧邸茶室 益田の報酬は利益が出れば出るほど増える仕組みになっており、その額たるや莫大なものであった。江戸時代の大名以上の金持であった。月収は優に20万円を超えていた。当時、高収入といわれた夏目漱石の朝日新聞からもらう報酬が月額200円であった。益田は恐るべき金持であった。
 益田は莫大な収入がある一方、金に糸目をつけず、日本古来の美術品を買い漁った。その理由は日本の美術品が海外に流れるのを阻止するためである。その美術品には現在では、博物館や美術館でしか見られない国宝もある。

 益田は事あるごとにお茶の会を開いた。お茶の会を催し、自らお茶を点てることが、国をも動かす大実業家益田孝のストレス解消だったのかもしれない。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


鈍翁・益田孝〈上巻〉 (中公文庫)鈍翁・益田孝〈上巻〉 (中公文庫)
(1998/09)
白崎 秀雄

商品詳細を見る

名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 成功の為の気付き - ジャンル : 就職・お仕事

Tag : 益田孝