猪木正道「評伝吉田茂(二) 獅子の巻」を読む

東京北の丸公園に建っている吉田茂像 理想主義者は一流の政治家にはなれない。一流の政治家とは、内に向かっては、国民のことを思いながら、現実的な対応をするものであり、外に向かっては、相手国の立場を思いやりながら、国益のために現実的な対応をするものである。現実的な対応ができることが、一流の政治家かそうでない政治家の分かれ目になる。
 考えてみれば、大久保利通・伊藤博文・山県有朋など明治維新を成し遂げ、明治国家の礎を築いた維新の志士たちは、やはり、超がつくほど一流であった。彼らが、維新という革命をなした原動力は尊皇攘夷であったが、革命が達成されるや攘夷はいとも簡単に捨てられた。攘夷は現実的でなかったからだ。当時の日本は、西洋と較べて、文明ははるかに低く、国は貧しく、国力はほとんどなかった。大久保らは、西洋のすごさを目の当たりにして、西洋に追いつくことを国の目標とした。攘夷などもってのほかで、西洋から学ぶことを推進した。
 後に元老と呼ばれた維新の志士たちが元気なうちは、日本にはいろいろな問題があったが、国は立派に体を成していた。日清・日露の戦争に勝利し、第一次世界大戦も戦勝国の一つになり、大正時代には、日本は世界の大国の一つになった。元老たちが現実的な政治をしたからである。
 元老たちが政府の中枢にいるときは、陸軍も海軍もおとなしく政府に従った。統帥権干犯などという難癖をついて、軍部が政府を苛めることもなかった。ところが、元老が一人去り、二人去っていくうちに、軍部に対する箍(たが)が緩み、軍部はやりたいようにやるようになった。そして、元老がほとんどいなくなると、政治の実権を軍部が掌握することになり、日本は破滅への道を歩み始めることになる。
 国のシステムを決める憲法がしっかりしていれば、軍部がやりたいようにはできなかったのであろうが、明治憲法は元老が存在してはじめて機能するような作りになっていた。憲法はいくらでも拡大解釈できた。

 猪木正道著「評伝 吉田茂②獅子の巻」は吉田茂が大正14(1925)年に奉天総領事になってから、昭和11(1936)年の2・26事件までを扱っている。この期間に、太平洋戦争への道が完璧に準備された。
 そもそも日本が太平洋戦争に突入する根源的な原因は、日本が日露戦争に勝利して、満州鉄道の管轄権を手に入れたことである。陸軍はこの管轄権を大義名分にして、満州全土を侵食しようとした。これはあきらかにポーツマス条約違反であり、伊藤博文は警鐘を鳴らしたが、伊藤そして陸軍の大御所の山県有朋がこの世からいなくなると、陸軍は政府の意向を無視して、ついには、満州国建設まで進む。このような時に、吉田は奉天の総領事に就任するのである。
 吉田は理想主義者ではない。現実的に世界を見て、陸軍の満州国建設の企てを非難する。理由はアメリカの存在である。吉田は根っからの親英米派で、アメリカとイギリスを敵に回しては、絶対に日本はうまく立ち回れないと思っていた。この頃から、吉田は外交官というより、政治家の目でもって、外交を考えている。アメリカを怒らせるなと吉田は訴えた。事実、アメリカは日露戦争後、満州全土に食指を動かした日本の動きを見て、オレンジ計画を立てた。この計画は日本を仮想敵国とみなすもので、結局、太平洋戦争となって結実した。
 吉田は軍部に対して、何も満州を放棄しろといっているのではなく、満州に対する中国の主権を認めて、満州を委任統治しろといっているのである。当然、陸軍はこれを無視した。吉田は国際連盟で、日本の立場を理解してもらうために努力するのだが、陸軍が吉田の足を引っ張った。
 吉田の軍人嫌いは有名であった。軍部は嫌われて当然のことをしていたのである。上意下達の徹底した組織であるべき陸海軍では、規律が緩み、一部の中堅将校たちが軍を指揮していた。満州国建設は陸軍の板垣征四郎・石原莞爾という将校によって計画され、2・26事件は陸軍の青年将校たちによって起こされた。軍の上層部は将校たちの暴走を抑えることができなかった。それどころか、青年将校たちの動きを認める上層部の人間も少なからずいた。
 青年将校たちはまぎれもなく、理想主義者たちであった。論理的な思考力を持たず、自分たちの描く社会が日本人を幸福にすると狂信的に思っていた。彼らは目的のためには手段を選ばなかった。このような青年将校を抱えている軍部を吉田が好むはずもなかった。 2・26事件後、岡田啓介内閣は倒れ、広田弘毅に大命が降った。広田は吉田を外務大臣にしようとしたが、軍部は吉田の大臣就任を徹底的に反対した。結局、吉田は大臣になれなかったが、これは吉田にとっても日本にとっても幸いだった。もし、このとき、大臣に就任していれば、戦後、吉田は総理大臣になれなかったからである。
 2・26事件以降、軍部の横暴は激化し、政府は完全に軍部の傀儡になった。

 関東軍とは満州における悪名高い陸軍の軍隊の名であるが、この関東軍は中国の軍閥とも手を組んでいた。1912年の辛亥革命以後、中国は各地に軍閥が割拠し、さながら戦国時代の様相を呈していた。張作霖をリーダーとする軍閥は関東軍に助けを求めた。関東軍は中国からも必要とされたのである。満州問題は日本がただ侵略したということだけでは片付かない複雑な要素が絡みあった問題であるのだ。その渦中で吉田は大政治家としての腕を磨いていくのである。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




評伝吉田茂 (1) (ちくま学芸文庫)評伝吉田茂 (1) (ちくま学芸文庫)
(1995/01)
猪木 正道

商品詳細を見る

名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 評伝吉田茂