クララ・ホイットニー「勝海舟の嫁 クララの明治日記 上」を読む

東京都墨田区に建っている勝海舟生誕の地碑 明治維新は薩摩・長州藩が幕府を倒した構図になっているが、実際には、薩長と幕府が共同で国の形を変えたといっていいかもしれない。
 明治維新は西郷隆盛と勝海舟という2人の傑物がいなかったら間違いなく失敗に終わっていただろう。もしいなかったら、江戸で内乱が起こり、援助という名目で外国軍が乱入し、日本は外国人に食い荒らされ、独立国家としての道を歩むことはできなかったであろう。西郷と勝は日本の将来を見据えて協力したのであった。
 明治になり薩長が政権を担っても、政府は旧幕臣を重要な地位に登用した。何よりも徳川家は大事にした。勝は明治の世になっても活躍し、政府の中枢にいて伯爵を叙された。 勝は政治家として偉大であったが、また、女性関係も華やかであり、多くの妾をもち、子供もたくさんできた。
 勝が一番愛した妾は、長崎海軍伝習所時代に知り合った梶くまである。この梶くまは子母沢寛の名作「勝海舟」にお久という名で登場する。
 梶くまとの間にできた子が梅太郎である。梅太郎は勝の三男にあたる。梅太郎を生んでまもなくして梶くまは早世した。勝の正妻は度量の大きい人で、梅太郎を引き取ってわが子のように育てた。
 梅太郎は成長して結婚した。その相手は、日本人ではなく、何とアメリカ人であった。名前をクララ・ホイットニーという。2人が結婚したとき、クララが26歳、梅太郎が22歳であった。クララと梅太郎の間には1男5女が生まれている。勝には青い目をした孫がいたのであった。
 クララ・ホイットニーは明治8(1875)年に来日した。来日した理由は、クララの父が東京に開設された商法学校の教授をするためであった。商法学校は近代的な商業を本格的に教える学校で、のちに、商法講習所・東京高等商業・東京商業大学・一橋大学と成長していく。初代の文部大臣になる森有礼がアメリカに行ったときにクララの父を商法学校の教授にスカウトしたのである。
 クララは日本に来てから克明に日記をつけていた。

東京都港区赤坂六丁目に建っている勝海舟邸跡 「勝海舟の嫁 クララの明治日記 上」はクララの一家が横浜へ到着した明治8年8月3日から明治11年7月18日までの日記である。この日記は、明治初めの江戸のことがリアルに描かれているので、さしずめ民俗学の一級資料になるかと思われる。
 この日記に登場する人物たちはまことに豪華である。勝海舟・福沢諭吉・森有礼・大鳥圭介・富田鉄之助・津田仙・徳川家達がおり、また、ヘボン式ローマ字のヘボン博士などがいる。いかにクララの一家が当時の日本で重んじられていたかがわかる。
 私はこの日記を読んで、長年疑問に思っていたことが氷解した。それは徳川慶喜の「慶喜」の読み方である。教科書でもテレビドラマでもすべて「慶喜」は「ヨシノブ」と読まれているが、私は昔、ある本で、「慶喜」が「ケイキ」と読むことを知った。その本には、江戸時代まで高貴な人の本名を言うことなどありえないと書いてあった。だから、実際には「慶喜」は何て読まれるか正確なところはわからないが、読むとしたら「ケイキ」だというのである。
 クララの家に将軍ではないが、第16代徳川家達の一家が訪れてきた。その家達の一家では「慶喜」のことを「ケイキサマ」と呼んでいたのである。私は胸のつかえがとれたような気持になった。
 また、この日記を読むと江戸の町(クララがいた東京の町は江戸の町とほとんど変わらない)には本当に川が多かったことが実感させられる。江戸の町を動くのに、頻繁に船が使われている。江戸時代に関しての本などを読むと、船が交通の主な手段であることが書かれているが、クララの日記はそれを実証している。
 クララは江戸の町を美しいと褒めているが、日本人に対しては毀誉褒貶がある。特に、日本人の男性が公で女性を大事にしないことに憤っている。ファーストレディの国の女性から見たら日本は異様の国であったのだろう。
 クララは横浜にいるヘボン博士のところへよく行っている。ヘボン博士はクララを孫のように可愛がった。横浜まではすでに汽車が通っていた。
 クララは福沢諭吉の家もよく訪れている。福沢はクララが日本人の中で最も尊敬している人の1人である。福沢はクララに日本のことをいろいろとくわしく教えてくれた。当然、福沢は英語が堪能であった。
 クララの一家が最も親密に交流していたのが勝海舟の一家であった。勝の三女の逸子とクララは同い年で大の仲良しであった。

 クララの日記を読んでいると江戸時代の姿が髣髴としてくる。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


勝海舟の嫁 クララの明治日記〈上〉 (中公文庫)勝海舟の嫁 クララの明治日記〈上〉 (中公文庫)
(1996/05)
クララ ホイットニー

商品詳細を見る
名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 勝海舟の嫁 クララの明治日記

猪木正道「評伝吉田茂 (四) 山顚(さんてん)の巻」を読む

東京北の丸公園に建っている吉田茂像 旧憲法のもとでは、総理大臣は国会議員である必要はなかった。元老などが推薦した人を天皇が任命するのである。そのため、元老が退いてからは、総理大臣は軍人・官僚・政党人などがなった。
 吉田茂が初めて総理大臣になったのは、昭和21年5月であった。このとき、吉田は国会議員ではなかった。吉田が総理大臣になったのは鳩山一郎の強力な推薦があったからである。鳩山は自由党の総裁で、本来なら鳩山が総理大臣になるところであったが、鳩山が公職追放になったので、吉田にお鉢が回った格好になった。
 新憲法が制定され、総理大臣は国会議員でなければならなくなった。自由党総裁である吉田も総選挙に出て、衆議院議員になる必要に迫られた。吉田は選挙区をどこにしようかと迷った末、実父竹内綱の故郷の高知県から出馬することに決めた。吉田は、意外にも演説が苦手であったが、演説をするために選挙区を回った。演説をするとき、吉田は外套(がいとう)を着たままであった。そのとき、聴衆の一人が「外套を脱げ!」と怒鳴った。その言葉に対して、吉田は「これが本当の街頭(がいとう)演説です」と言ったそうである。
 歴代の総理大臣の中で、吉田ほどユーモア精神を持った人間はいない。単なる外交官である吉田が総理大臣となって、ワンマン宰相といわれるほどに、自由奔放に辣腕を振るったのは、もちろん吉田の個性がなせることであったが、ユーモア精神も大きく寄与していた。ユーモアのある人間は何となく憎めないのである。
 吉田は89歳まで長生きした。晩年、<長生きをするために、何を食べてきたのですか?>という質問に対して、<人を食ってきた>と答えている。私はこの言葉が吉田の全人生を象徴しているように思えてならない。吉田はまさに人を食って生きてきたのである。

 猪木正道の「評伝吉田茂④山顚の巻」は、吉田が初めて総理大臣に就任してから、昭和26年9月の講和条約の調印までを扱っている。この巻は「評伝吉田茂」の最終巻である。
 私はこの巻を読んで、日本は吉田茂という稀代の総理大臣を戴いて、本当に幸福だったとつくづく思った。戦後の混沌としたどさくさの状況で、吉田以外の誰が総理大臣になっても、日本は早期に復興することはできなかったであろう。
 戦後第一回の総選挙で、第一党は社会党になった。といっても、過半数に満たなかったので、社会党を首班とする連立内閣が成立した。総理大臣は社会党委員長の片山哲である。私はこの片山内閣についての記述を読んで、奇しくも、先の平成の民主党政権との大いなる類似性を感じて、興味深かった。やはり歴史は繰り返すようである。民主党も半ば社会党みたいなものである。これら二つの内閣は、国民に対して、耳に心地よい約束をしたが、何もできなかった。党利党略に走り、国民の生活はほっといて、内部闘争に明け暮れ、最後は、国民に見放された。第二回の総選挙で社会党は惨敗し、平成の民主党も総選挙で大がつくほど惨敗した。逆に、吉田率いる自由党は大勝利し、昭和22年10月に吉田第二次内閣が誕生した。
 吉田はそれこそ数え切れないくらいの政策を実行したが、最も力を入れたのは、日本の独立すなわち国家主権の回復であった。
 昭和20年8月15日に日本が連合国に降伏してから、昭和27年4月28日の国家主権の回復まで、日本は連合軍に占領された。連合軍といっても、実体はアメリカ軍である。日本は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の管理下に置かれたのである。GHQの最高司令官がマッカーサー元帥である。GHQの本来の役目はポツダム宣言の執行であるが、実際には、日本の政治・経済を含めたほとんどすべてに口を出した。何をするにも、日本の政府には裁量権はなく、最後にGHQの承認を必要とした。新憲法の制定にしても、日本側が提出した憲法案にGHQはノーを出し続け、結局は占領軍が意図した現行憲法になった。吉田は一日も早く独立することを考え、あらゆる手を打って行動した。
 首相であった吉田は、マッカーサーと個人的な関係を作り、日本の主張を通してもらった。マッカーサーと個人的な関係を構築するにあたって、吉田のユーモア精神が非常に役立った。吉田は民間人の白洲次郎をアメリカとの交渉役に抜擢するなど、手を変え品を変えてアメリカを説得し、ついに、昭和26年9月、サンフランシスコで講和条約に調印し、翌年の4月28日に日本は独立した。

 「評伝吉田茂」全巻を通して深く感じたことは、歴史を動かすのは組織ではなく、結局は一人の人間だということである。
 著者猪木正道は戦争と革命が独裁体制を生むことを研究した。ロシアでは革命が起こりスターリンの独裁を生み、ドイツでは戦争でヒトラーの独裁を生み、日本では戦争で軍部独裁を生んだ。
 戦後まもなく、日本も革命状態になったが、革命は起きなかった。吉田が必死にくいとめたからである。吉田は、ワンマン・独裁者と揶揄されながらも、独裁体制は作らなかった。吉田総理以後、日本は民主国家になっている。
 吉田は健全な国家のシステムとはどのようなものであるかをよく知っていた大政治家であった。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


評伝吉田茂〈4〉山顛の巻 (ちくま学芸文庫)評伝吉田茂〈4〉山顛の巻 (ちくま学芸文庫)
(1995/02)
猪木 正道

商品詳細を見る

名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 評伝吉田茂