吉川利一「津田梅子」を読む

津田塾大学 近代になって、日本の女子高等教育に多大なる貢献をした代表的な人物は、日本女子大学を創立した成瀬仁蔵、東京女子医大を創立した吉岡弥生、そして津田塾大学を創立した津田梅子といわれている。
 津田梅子は異色の経歴をもつ人物である。1871(明治4)年、わずか7歳のときに開拓使留学生としてアメリカに留学した。津田梅子の他に、吉益亮子、上田貞子、山川捨松、永井繁子らの少女たちも留学した。
 幕末、日本は西洋の国々と条約を結んだ。その条約は日本にとって不利な不平等条約であった。明治になるとそろそろ条約の期限も切れる時期になるので、明治政府は、条約を結んだ諸外国と予備交渉をする必要に迫られた。と同時に、先進国である西洋の文明を調査したいという希望もあり、明治政府は岩倉具視を全権大使として、総勢100人を超す使節団を欧米に派遣した。
 ただ、使節団を送るだけでなく、日本の少女にアメリカの教育を受けさせようという黒田清隆の発案を受けて、アメリカ留学の少女を募集したのである。士族の津田仙の娘梅子がその留学生の1人に選ばれた。
 岩倉使節団は約2年間で、アメリカ、ヨーロッパの国々を回って日本に帰ってくるのだが、津田梅子はアメリカに留まり、10年間その地で過ごし、日本に帰国した。帰国したときには18歳になっていた。少女時代を丸々アメリカで教育を受けたので、梅子はアメリカ人そのもので、日本語もほとんど話せなかった。
 その梅子が、女子に高等教育を授ける英語塾を創立したのである。その英語塾が津田塾大学の始まりである。
 津田塾大学は創立100年を超え、日本の女子高等教育に大きな足跡を残した。現在も名門女子大学として教育界で重きをなしている。

 吉川利一著「津田梅子」はタイトルが示すように、津田梅子の評伝である。著者の吉川は女子英学塾の幹事をやり、長年、梅子の傍らで塾運営に参画してきた人である。
 津田梅子は1864(元治元)年、江戸牛込南町で生まれた。父は元幕臣の津田仙である。津田仙も教育者で、農業関係の学校を創立した。
 梅子はアメリカのワシントンで10年間生活した。ランメン夫妻の家に住みアメリカ人が通う学校に通った。梅子は聡明な子供ですぐに英語を覚え、英語で文章が書けるようになった。「津田梅子」には梅子が書いたたくさんの英文が掲載されている。英文だけでなく英詩も書いている。
 ランメン夫妻には子供がなく、夫妻は梅子のことを実の娘のように可愛がった。夫妻は梅子にキリスト教に入信するようすすめたことはなかったが、梅子は自らの意志でキリスト教に入信した。
 梅子は18歳のときに日本に帰国した。ところが梅子には仕事がなかった。それをききつけた参議伊藤博文が伊藤家の家庭教師にした。梅子は伊藤家から大事にされた。生涯に渡って、梅子は伊藤のことを尊敬した。
 伊藤家の家庭教師をやめると、梅子は華族女学校の教授となり英語を教えた。そして、再び、アメリカに留学し、大学で生物学を専攻した。大学を卒業すると日本に帰り、華族女学校の教授を続けたが梅子は悩んだ。
 このまま英語を教えるだけでいいのかと悩み、そして、本来の自分の果たす役割があることに気付き、華族女学校の教授の職を放棄して、女子の高等教育のための塾を麹町一番町に設立した。名前を女子英学塾をいった。塾といっても建物は普通の民家で、生徒の数は10名であった。
 女子英学塾は英語の教師になるための学校であった。梅子自身が教えた。梅子の授業は1人ひとりの個性を尊重するものであったが、たいへん厳しかった。退学するものもかなりいた。
 塾の評判がよくなり、生徒は急速に増えていった。生徒は増えていったが、塾運営はたいへんであった。梅子は長らく無報酬であった。他の先生も無報酬同然であった。塾の経営を支えたのはアメリカにいるアメリカ人が中心になっての寄付であった。
梅子はアメリカの教育界から高い評価をされており、梅子を助けようとするアメリカ人がたくさんいたのである。生徒が大幅に増え、どこか広い場所に移転する必要を感じ、大正11(1922)年に小平村に25000坪の土地を買った。この資金も寄付金であった。
 梅子は昭和4(1929)年に亡くなった。女子英学塾講堂において校葬を行った。

 津田梅子はキリスト教信者であると同時に武士道を重んじた人である。彼女の教育理念は、立派な日本人として独立心ある女性を育成することであった。
 津田梅子の生き方をみると、キリスト教と武士道とは相いれないものどころか、本質的に同じものに思えてくる。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


津田梅子 (中公文庫)津田梅子 (中公文庫)
(1990/08)
吉川 利一

商品詳細を見る
名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

 

続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 津田梅子