藤田覚「幕末の天皇」を読む

和気清麻呂像 幕末について考えるときに、いつも不思議に思うことが2つある。
 その1つは天皇の条約勅許問題である。時の大老井伊直弼は、天皇の勅許なしに日米通商条約を締結した。この朝廷を無視した行為に尊皇攘夷運動は盛り上がり、井伊は条約反対派を弾圧した。いわゆる安政の大獄である。このために、井伊は歴史上たいへん評判が悪い。
 しかし考えてみるに、なぜ条約を締結するのに、幕府は朝廷の許可を受けなければならなかったのか。それは決まりであったのか、それとも突然そのように決まったのか。もし、国と国との関係に関することに関して天皇の許可が必要というなら、豊臣秀吉が朝鮮出兵するとき天皇の許可をもらったのであろうか、また、徳川家光が鎖国を打ち出したとき天皇の許可をもらったのであろうか。あきらかに幕末になって、天皇の勅許がクローズアップされた感がある。
 2つ目は薩摩・長州藩の尊王攘夷運動である。特に、長州藩は飛びぬけた尊皇攘夷派で、開国など絶対許さない立場であった。若き伊藤博文たちは国学者の塙保己一の息子を殺害したり、品川御殿山のイギリス領事館を襲撃している。このゴリゴリの尊王攘夷派であった長州藩は、幕府を倒すや幕府以上の開国派になってしまった。長州藩にとって攘夷とは何であったのか。とてもでないが、少なくとも思想といえるものではなかったはずだ。
 司馬遼太郎によると薩長にとって攘夷とは梃みたいなもので、攘夷という梃を利用して大きな力を生み出し、その力でもって幕府を倒したというのだ。もしそうなら攘夷とは薩長にとって単なる手段でしかなかったのか。それでは尊王もそうであったのであろうか。長州藩の幕末の動きをみるに、尊王も確かに手段でしかなかったように思われてならない。いずれにしても幕末の動きは天皇の存在を抜きには語れないのである。

 藤田覚の「幕末の天皇」は、幕末になぜ天皇の存在が大きくなったかを朝廷と幕府の関係から詳しく説き明かした歴史書である。私にはたいへん新鮮であった。幕末の天皇と幕府関係については、公武合体を中心とした紋切型の論が多いが、この「幕末の天皇」は幕末から遡ること18世紀の末からの朝廷と幕府の関係も論じている。
 この「幕末の天皇」の第一の特色というよりは、この本で初めて公に問われたと思われるのは、幕末の中心となった江戸時代最後の天皇である孝明天皇は、その祖父の光格天皇が残した朝廷と幕府の関係の影響を強く受けているということである。光格天皇とは、それまでの朝廷と幕府の関係を覆すようなことをやった天皇だと著者の藤田は指摘する。
 それまでの朝廷と幕府の関係は、国の支配は幕府がやることになっており、朝廷が幕府のやり方に口を出すようなことはなかった。朝廷の動きはきめ細かく幕府に規制された。朝廷は単なるお飾りであった。それでも幕府は朝廷を崇め奉り、官位・官職を与える権限を一応天皇に与えた。一応といったのは、幕府の推薦・同意が必要であった。幕府は朝廷とのつながりを強めるために天皇家とは結婚を通じて姻戚関係を築いた。内親王が将軍の正室になったりした。
 光格天皇は閑院宮家から天皇家の養子となって皇統を嗣いだので、公家たちからは亜流のように見られた。そのためか強い自立心をもって天皇の力を誇示するようになった。
 それまでの天皇は幕府に対して自己主張をすることなどなかったが、光格天皇は幕府に物を申したのである。光格天皇は貧しい庶民の救済を幕府に願い出たりした。
 光格天皇の一番の業績は大政(日本全土の統治権)が朝廷にあることを明確にしたことである。江戸幕府はただ、大政を借りているだけであった。幕末の大政奉還の動きはこのときに芽を出したのかもしれない。朝廷と幕府の関係は光格天皇から変わり、幕府は朝廷に伺いをたてることになったのである。
 孝明天皇は光格天皇の孫である。孝明天皇が即位したのが1846(弘化3)年で、15歳の若さであった。即位してから7年後にアメリカのペリーが艦隊を引き連れて日本に来た。
 幕府は、条約を締結するか朝廷に伺いをたてたが、孝明天皇は猛反対した。孝明天皇は攘夷ではあったが、討幕の意図はなかった。孝明天皇は公武合体を進めた。
 ペリー以後の孝明天皇の朝廷での立場はまさに攘夷派公家と公武合体派の公家に挟まれ、まさにサンドイッチ状態にあった。長州藩は攘夷派公家を抱き込み、薩摩藩は公武合体派の公家を抱き込んだ。主流派はあくまでも公武合体派である。孝明天皇は妹の皇女和宮を将軍徳川家茂に嫁がせた。しかし、この結婚は尊皇攘夷運動を激化させた。
 孝明天皇は条約に関しては頑なに幕府に勅許を出さなかったが、いつしか他の政策に勅許を出すようになった。孝明天皇は朝廷内で完全に孤立してしまった。そして、1866(慶応2)年、35歳の若さで薨去した。

 孝明天皇は毒殺されたという説もある。私は「幕末の歴史」を読んで、やはり孝明天皇は毒殺されたのではないかと思った。孝明天皇は朝廷と幕府とのよい関係を望んだのであろう。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


幕末の天皇 (講談社学術文庫)幕末の天皇 (講談社学術文庫)
(2013/02/13)
藤田 覚

商品詳細を見る
名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 幕末の天皇

山本一生「恋と伯爵と大正デモクラシー 有馬頼寧日記1919」を読む

大井競馬場に飾っているハイセイコー号 競馬ファンならずとも有馬記念はほとんどの人が知っている。有馬記念は中央競馬会の重賞(GⅠ)レースであるが、「有馬」が日本中央競馬会第2代理事長の有馬頼寧(よりやす)の名前に因んだものであることをどれほどの人が知っているであろうか。
 有馬頼寧の経歴は華麗そのものである。元久留米藩主有馬頼萬の長男として生まれ、東京帝国大学を卒業し、大学で教鞭をとり、その後衆議院議員になる。有馬家を継いで伯爵になると、貴族院議員に変わり、農林政務次官を務め、1937年に第1次近衛文麿内閣の農林大臣になった。近衛の側近として動き、1940年には、大政翼賛会事務総長に就任し、翌年辞任した。
 戦後、A級戦犯容疑者として、巣鴨プリズンに収容されるが、無罪になり釈放される。その後は引退生活を送ったが、1955年に日本中央競馬会第2代の理事長に就任した。
 以上あげた有馬の経歴だけを見れば、有馬頼寧とは日本を破滅に追い込んだ元凶の大政翼賛会の中心人物であり、A級戦犯容疑者として巣鴨プリズンに送られるのもむべなるかなと思われるが、それはあくまでも有馬の表の顔であって、有馬には温かい血の流れる人間味溢れる裏の顔があった。

 山本一生の「恋と伯爵と大正デモクラシー 有馬頼寧日記1919」(以下「恋と伯爵」と記す)は、有馬頼寧の日記を徹底的に分析して、有馬の心象風景に迫った評伝である。著者山本は競馬にたいへん造詣が深く、競馬を研究しているときに有馬に多大なる興味を持ったのかもしれない。
 評伝と書いたが、私は「恋と伯爵」を一流の文学者が書く人物論として読んだ。「恋と伯爵」の文章はいわゆる考証家の書く文章とは違って、作家が愛おしい人を思って書く美しい文章である。知らず知らずに本の世界に引き摺り込まれる。
 もともと有馬日記は膨大なものであるが、「恋と伯爵」では、1919年前後の数年間に書かれた日記を根拠にして話を進めている。
 1920年は大正9年で、有馬が39歳のときである。この年の11月有馬は東京帝国大学農科大学付属農業教員養成所助教授になる。有馬は皇族出身の妻をもち、このとき三男三女の父親であった。傍から見ると、有馬家は仰ぎ見る雲の上の一家であった。
 しかし、有馬にとって1920年はたいへん辛い年であった。有馬の心にはぽっかりと大きな穴が空いていた。有馬が一生添え遂げようと約束した最愛の愛人と別れた直後だったからである。
 有馬は1920年の8月に、御殿場にある神山復生病院に井深八重を見舞った。
 この「恋と伯爵」は著者の山本が井深八重が誰だかを突き止めるところから始まる。井深八重は「恋と伯爵」では重要な人物である。影の主人公といってもよい。井深八重は有馬の別れた愛人美登里の友人であった。
 山本は有馬日記を調べているうちに美登里の無二の親友である井深八重にぶつかった。ところが井深八重なる人物がどのような人かはわからなかった。そしてついにその素性があきらかになった。
 井深八重は難病中の難病といわれたハンセン病(日本ではらい病とよばれていた)の疑いで、御殿場の病院に隔離された。ハンセン病になることは当時、人間的な扱いを受けないということを意味していた。ハンセン病は伝染すると信じられて、ハンセン病患者は人間界から隔離されたのである。
 井深八重は美登里と女学校時代の同級生で大の仲良しであった。親戚も見放した井深八重を病院に見舞ったのは美登里だけであった。美登里は伝染するのを恐れずに愛する友人を見舞ったのである。
 有馬は井深八重を見舞ったあとの彼女の行く末がどうなったのかは死ぬまで知らなかった。ただただ有馬は井深八重に同情した。
 井深八重はハンセン病でないことがわかり、病院を退院すると看護婦になり、1961年に日本人として初めて赤十字国際委員会よりナイチンゲール記章を受賞した。
 「恋と伯爵」は有馬と美登里の交流を描いている。美登里は有馬家で勤務していた女性で、有馬が見初めたのである。美登里は美しく気品があった。2人は恋仲になった。有馬はどうしても美登里を離したくなかったが、妻子もあり、伯爵家の跡継ぎという立場上、回りが2人の仲を引き裂こうとした。
 有馬は美登里と一緒にアメリカに行き、そこで何年間か暮らそうとしたがそれも失敗に終わった。結局、2人は別れる運命にあった。

 有馬日記には女優松井須磨子のことが書かれている。愛人島村抱月の死後、その後を追うように自殺した女優と美登里を有馬は重ねたのかもしれない。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


恋と伯爵と大正デモクラシー 有馬頼寧日記1919恋と伯爵と大正デモクラシー 有馬頼寧日記1919
(2007/09)
山本 一生

商品詳細を見る
名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 恋と伯爵と大正デモクラシー 有馬頼寧日記1919