ドナルド・キーン 篠田一士訳「日本との出会い」を読む

採荼庵跡にある松尾芭蕉像 吉行淳之介が日本文学を英語に翻訳しているサイデンステッカーから電話をもらったときのことである。サイデンステッカーは吉行の「暗室」を翻訳をしたいといった。吉行はいささか驚いた。サイデンステッカーの日本語が日本人と変わらなかったからだ。サイデンステッカーと名乗らなければ、吉行はアメリカ人とは思わなかったという。
 日本文学は2人のアメリカ人の偉大な翻訳家をもつことで、世界に知られるようになった。2人とはサイデンステッカーとドナルド・キーンである。2人の前にも日本文学を英語に翻訳したアメリカ人がいたが、2人の業績は群を抜いている。2人は日本文学の恩人といえるような人たちである。
 サイデンステッカーが「雪国」を翻訳しなければ、川端康成のノーベル賞受賞は絶対になかったであろう。事実、川端はサイデンステッカーと2人で受賞したといい、賞金の半分をサイデンステッカーに渡したといわれている。
 私が日本の古典を読むきっかけになったのは、学生の頃、はからずもアメリカ人のドナルド・キーンの本に出会ったことである。また、私が三島由紀夫に興味をもったのもドナルド・キーンの影響である。
 ドナルド・キーンの本を読んで驚いたのは、アメリカ人のドナルド・キーンが異常なほど日本の古典が好きだということである。その頃、私は四苦八苦して谷﨑潤一郎訳の「源氏物語」を読んでいたのであるが、私にはたいへん難解なものであった。しかし、アメリカ人でも「源氏物語」を原文で読み、深く味わうことができると思って、なんとか「源氏物語」を読了した。
 三島由紀夫にいたっては、ドナルド・キーンが翻訳をした「近代能楽集」を初めとして、三島文学をほとんど読破した。ある意味、ドナルド・キーンは私にとって、日本文学の先生である。
 その先生が2012年に日本人になった。もともとドナルド・キーンは日本人以上に日本人的だと私は思っていたのだが、現実に、日本人になったという報道に接したとき、私は胸に迫るものを感じた。本当に日本が好きだと私は感極まった。

 私が初めて読んだドナルド・キーンの本は「日本との出会い」である。この本はいわゆる何故自分が日本文学そして日本という国に強く惹かれるようになったかを中心に述べた自叙伝風の本である。
 ドナルド・キーンは1922年にニューヨークで生まれた。三島由紀夫より3歳年上である。父親は貿易商であった。だからといって、ドナルドを日本に連れていったというわけではない。ドナルドの子供時代は日本は全くの小国で、日本に興味をもつアメリカ人はほとんどいなかった。
 ドナルドが日本に興味をもったのはコロンビア大学に在学中のことである。たまたま講義で隣り合った学生が中国人で、その中国人と友人になり、漢字そして日本に興味をもち、日本語を勉強するようになった。日本語を深くマスターしたいという希望と生活の資を稼ぐ必要から大学を卒業すると、ドナルドは海軍の日本語学校に入学した。
 日本語学校を終了すると、ドナルドは日米開戦に伴って、戦地に赴くことになった。ドナルドの仕事は戦死した日本兵の残した手紙を英語に翻訳することである。ガダルカナル島で戦死した日本兵の手紙を読んで、ドナルドは日本人そして日本に強く興味をもった。それらの手紙には、切々と国を思う内容が記されていた。普通、アメリカ兵の故郷に送る手紙には、早く故郷に帰りたいとういことが書かれていたという。
 戦争を通じ、沖縄にも行ったドナルドは日本に対する興味をどんどん強めていった。戦争が終わって、イギリスのケンブリッジ大学で安定した研究生活を送れるのを振り切って、日本の京都大学に留学した。京都はドナルドにとって第二の故郷になった。ドナルドは京都において、一般の日本人が体験しない日本の古典芸能を満喫した。ドナルドは謡もやるのである。
 ドナルドは日本文学を研究する傍ら、日本文学そして日本の文化を世界に紹介することも行った。ドナルドは、日本で文学関係者の間で有名になるにつれて、著名の日本の作家たちに会うようになった。川端康成・谷﨑潤一郎・三島由紀夫・安部公房・大江健三郎など、日本文学を代表する作家たちと友好を深めた。
 「日本との出会い」の中で、最も印象に残ったのは、三島由紀夫と大江健三郎のことである。思想的にこの2人は真逆の関係にあると思われるのだが、大江は三島の作品に深く敬意を表している。特に、「奔馬」を高く評価したという。大江が「奔馬」が好きであることに私は少なからず驚いたが、やはり、文学は思想を超えたものであると再認識した。文学を思想と絡めて論じる人がいるけれど、邪道だと思う。

 2011年3月11日に東北で大地震が起こった。ドナルドの心は傷ついた。東北はドナルドの大好きな松尾芭蕉が旅した土地である。
 大地震の後、ドナルドは日本人になることを決心したという。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : ドナルド・キーン

重光葵「昭和の動乱 (上)(下)」を読む

巣鴨プリズン慰霊碑 中国・韓国からの太平洋戦争の日本の戦争責任に対する批判が喧しい。本来なら戦争責任の追及は日本が徹底的にやるべきではないか。
 日本の戦争責任は、戦後の極東軍事裁判で裁かれた。人道に対する罪という罪状で、戦争を主導したとされる軍人・政治家が断罪された。極東軍事裁判で決まったことが、その後の日本人の太平洋戦争史観を形作った。
 日本の戦争責任が裁かれただけでなく、戦後の世界は大戦に勝利した連合国によって秩序立てられた。国際連合は連合国に参加した国によって組織された。大戦に負けた日本・ドイツは当初は国際連合に加盟できなかった。加盟したあとでも、国際連合の規約では日本・ドイツは現在でも敵国と規定されている。
 戦後も間もなく70年になる。そろそろ極東裁判史観で太平洋戦争を見るのではなく、客観的・総合的・論理的に分析しなければならない時期にきているように思う。いつまでも「あの戦争は日本が悪い」だけでは何の教訓も得られないのではないか。
 昭和天皇は極東軍事裁判では、戦争責任は問われなかった。しかし、東大法学部が「天皇に戦争責任はない」という立場であるにもかかわらず、いまだに天皇に戦争責任があるという人たちが少なからずいる。私は学校時代、天皇に戦争責任があると教わった。
 死刑にならなかったA級戦犯は巣鴨プリズンに永らく収容された。その1人に重光葵がいた。重光は巣鴨プリズンから釈放されるまで、毎日手記を書いた。それは太平洋戦争がなぜ起こり、なぜ日本が無残な負け方をしたかの回想記であった。少なくとも重光は戦争をした側の当事者であった。この手記はその後、「昭和の動乱」として公になった。
 重光は戦争直後の東久邇内閣の外務大臣を務め、アメリカ軍のミズリー号で、日本の全権として降伏文書に署名をした人である。この署名から日本の戦後は始まったのである。
 私は「昭和の動乱」を読んで、天皇に全く戦争責任がないことを確信した。また、この本が戦前の昭和史を知る上での最高級の一級資料であると思った。

 「昭和の動乱」は満州事変からポツダム宣言を受諾して日本が正式に降伏したときまでを詳述している。この間、重光は外務省の人間として、大使・外務大臣などの要職に就き、つねに一線で活動してきた。自分の目で見、自分の肌で感じたことを、わかりやすく、かつ格調高い文章で述べている。
 重光の文章は冷静であるが、読み進むうちに、私は何度も軍部の横暴に腹が立った。戦前の昭和の時代は狂気そのものであるという風に私の目には映った。その狂気を演じたのは軍部であるが、協力したのは政党人という政治家である。軍部と政治家が自らの利権のために行動した結果が、米英との戦いであったのだ。
 なぜ軍部は暴走したのであろうか。政府は軍部の動きを止めることができなかったのであろうか。「昭和の動乱」はこの問いに対する明快な答えを示している。
 政府は軍事予算を決めることができるが、軍隊の統帥権はもっていなかった。軍部は統帥権を拡大解釈することで、軍部のすることに関して一切政府に文句をいわせなかった。明治憲法によると、統帥権は天皇がもっているから、天皇の命令は軍部はきくはずであった。 
 ところが、天皇は君臨すれど統治せずで、天皇自らが権力を行使することは慣例上できなかったのである。あくまでも天皇を輔弼する元老・大臣が代わって権力を行使するのである。天皇以外には統帥権をもたないから、結局、軍部はやりたい放題である。元老が元気なうちは、統帥権は問題なかったが、昭和になって元老がほとんどいなくなると、軍部を押さえるものがなくなったのである。
 例外的に、天皇が自ら統帥権を行使したことが2度あった。一度目は2・26事件のときで、二度目のときはポツダム宣言を受諾して降伏を決めたときである。
 重光は同じ外務省の吉田茂と同様に世界の情勢をよく知っていた。重光は何としても英米と協力して支那問題を解決したかった。重光は最後まで英米と干戈を交えることを阻止しようとしたが、すべて徒労に終わった。
 重光が東条内閣のときに外務大臣になったのは、重光の外交能力を東条が買ったからである。重光はいろいろと和平を模索した。
 
 重光は太平洋戦争を全面的に悪であると断罪しているわけでない。太平洋戦争のおかげでアジアの多くの植民地が独立したからである。特に、インドでは、現在でも、日本軍を救世主として崇めている。
 猪木正道の「評伝 吉田茂」を読んだときも違和感を覚えたのだが、今回「昭和の動乱」を読んでも違和感を覚えた。それは、張作霖を含めた清滅亡後の中国の軍閥のことである。当時は、中国北部は軍閥が割拠し、お互いに覇を競っていた。日露戦争後、日本は条約に則って満州に軍を置いた。その日本軍を軍閥とくに張作霖は騙すように利用した。中国のこの時代のことを偏見なく、分析することが今後必要なのではないか。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


昭和の動乱〈上〉 (中公文庫BIBLIO20世紀)昭和の動乱〈上〉 (中公文庫BIBLIO20世紀)
(2001/10)
重光 葵

商品詳細を見る
昭和の動乱〈下〉 (中公文庫BIBLIO20世紀)昭和の動乱〈下〉 (中公文庫BIBLIO20世紀)
(2001/10)
重光 葵

商品詳細を見る
名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 昭和の動乱