三宅勇三「噫 偉なる哉 磯野長蔵翁」を読む

一橋大学 時計台


 明治時代の大学卒といえばすごかった。今では、大学を卒業した学士様はごちゃまんといるが、明治時代の学士様といえば、まさに神様に等しいものであった。なにしろ、大学といえば、東京帝国大学・京都帝国大学など、数えるほどしかなかった。
 明治いや戦前の大学卒は初任給からして、他とは違っている。当然、東京帝国大学卒の初任給は高額であった。しかし、これと同じ初任給をもらえる学校があった。それは、東京高等商業学校である。東京高等商業学校は大学ではなく、専門学校である。この学校が後に、東京商科大学を経て、戦後、一橋大学となる。
 一橋大学は、現在でもいわずと知れた名門大学である。この学校は創立したときから超名門である。
 東京高等商業学校の始まりは、初代文部大臣森有礼が開設した私塾商法講習所である。この商法講習所は財界の大立者渋沢栄一などのバックアップにより、東京商業学校へと成長するのである。
 明治新政府は国を豊かにするために、国を欧米並みに近代化することを決めた。その中心になるのが、産業の育成である。旧態依然とした農業を改革し、新たな産業を興さなければならない。そのためには、広く商業・経済の理論を学ぶ必要がある。商法講習所はその要請に応えたのである。
 商法講習所が成長した東京高等商業学校は各産業界に有能な人材を送り込んだ。彼らのほとんどは、経営者となり、会社を拡大していった。一橋大学の歴史を無視して、日本の産業史を語ることはできない。

キリンビール横浜工場

 「ああ 偉なる哉 磯野長蔵翁」は、キリンビールの元常務三宅勇三が、長らく仕えたキリンビールの経営者磯野長蔵についての思い出をまとめたものである。タイトルからして、単なるたのしい思いでを語ったものではないことがわかる。実際、読んでみると、かなり辛辣な内容である。磯野は東京高等商業学校、三宅は東京商科大学の出身である。先輩後輩の関係である。
 キリンビールは現在では、ビール業界の最大手であるが、戦前は中堅という立場であった。戦後、急拡大して現在にいたった。
 磯野は半世紀以上もキリンビールに携わり、つねにキリンビールの経営者として君臨してきた。まさに君臨しているといっていい。磯野は筆頭株主であった。磯野はキリンビールの土台を築き、戦後、会社を成長軌道に乗せた。磯野はキリンビールの大功労者である。磯野の銅像が、横浜工場に建てられている。
 三宅は学生時代、優秀であった。卒業後、大学の先生になろうかと迷ったが、キリンビールに入社した。
 三宅は入社早々から、磯野に目をかけられ、磯野の直近の部下として動いた。三宅は会計学の専門家である。その会計学を応用し、経理畑を歩き、経理担当常務になった。この本は、三宅が経理担当常務であったときの話がほとんどである。
 三宅が過去を懐かしんでいるという雰囲気はない。会社内の軋轢・対立などを中心に書かれている。所詮、組織内の上層部の話になるのだから、甘い話などはない。
 三宅は磯野とたびたび意見が違った。その一つが増資に関してのものである。三宅は銀行の信頼を得るために増資に賛成であったが、磯野は断固として反対した。磯野は増資をすれば、自分の持ち株比率が下がることを懸念したのである。三宅は会社の財務を安定にするためにはどうしても増資が必要であることを、会計学も交えて論駁する。さながら、会計学の講義を受けているようである。
 この本は、会計学を熟知しているものの立場から、経営者磯野を論評したもので、経営者にはすこぶるためになると思う。

 磯野はキリンビールの株を売って、一橋大学に莫大な寄付をした。大学はそれで研究棟等などの研究設備を整えた。現在の学生もそれらの設備を使っている。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 磯野長蔵 一橋大学 麒麟麦酒 明治屋