田中彰「北海道と明治維新」を読む

港区芝にある開拓使仮学校跡の石碑

 学生時代、ソ連(今のロシア)に旅行したことがある。モスクワ・レニングラード(今のサンクトペテルブルグ)を回るものであるが、出発時、一路飛行機で成田空港からモスクワに向かうという行程ではなかった。
 船で敦賀から1泊かけてナホトカに行き、そこからさらに1泊かけて大陸横断鉄道でハバロフスクに向かい、そしてハバロフスクからは空路モスクワに向かうのである。ハバロフスクからモスクワまで8時間もかかった。やはりロシアは広大であった。
 初めての外国だという浮き浮きした気分で、船から大陸の隅の町であるナホトカに上陸したとき、なつかしい匂いが鼻をつき、少し驚いた。その匂いが、初めて北海道の土地を踏んだときの匂いと同じであったからだ。私は思わず、大昔は北海道と大陸は陸続きであったのだと悟った。
 北海道というと人はどのようなイメージを持っているのだろうか。青年時代の私は、北海道に対して暗いイメージを持っていた。地の果てというイメージである。志賀直哉の「網走まで」を高校の教科書で読んだときは暗い気持になったし、また、これも教科書に載っていたのだが、有島武郎の「生まれ出づる悩み」を読んだときも暗い気持になった。極め付きは水上勉の「飢餓海峡」である。どうしようもなく暗い気分になった。飢餓海峡とは津軽海峡のことである。同じ日本でも、本州と北海道は狭い海峡を隔てて深く断絶されているのではないかと思った。
 仕事でたびたび北海道を訪れるようになって、私の北海道に対する印象もだいぶ改善されたが、いまだに心の隅で暗いイメージを持ち続けている。
 北海道の人の言葉は標準語に近くかなり親しみやすいが、彼らが本州を指すのに内地というのには違和感を覚えた。
 北海道は暗いイメージばかりではない。歴史を少し学べば、北海道が日本の近代化にあたり大変な貢献をしていることがわかる。その筆頭はやはり札幌農学校であろう。日本の近代史に燦然と輝く世界的な教養人新渡戸稲造はこの学校の出身であり、他に内村鑑三、有島武郎など近代史に残る人は枚挙に暇がない。北海道なくして、日本の近代を語ることは不可能である。

多磨霊園に座っている新渡戸稲造像


 田中彰「北海道と明治維新」は、明治維新から明治初期における北海道の実情を感情を込めて記述した歴史書である。
 この本の底に流れている主題は、本の最後に書かれた次の文章に集約されている。

 だが、〝北海道共和国〟の想念は、いまなお人びとの胸のなかに、ひそやかな形でさまざまな思いを込めて生き続けている。いや、生き続けさせなければならないのだ。それは沖縄の闘いの歴史と、いまなお続く日々の痛みを共有し、共感するためにも─。

 私は現在問題となっている沖縄の独立論と相まって、北海道の独立論を主張する著者の希望に同調はしないが、北海道に長く住み、北海道の歴史を熟知している著者の思いは理解できる。北海道共和国は著者にとって理想社会なのであろう。
 この本を名著にする理由は、著者の北海道共和国に対する思いというより、著者の北海道に対する愛情のためであると思う。
 内容は、やはり箱館戦争に力点が置かれている。旧幕臣の榎本武揚をリーダーとする反政府軍が北海道共和国の建国に動いたというものである。実際、反政府軍の幹部を決めるに選挙を行っている。共和国への第一歩である。北海道共和国に言及した当時の海外の文献の紹介もしている。北海道共和国はかなり現実的なものであったらしい。

 明治維新の本質に迫るに、この本は貴重である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ



続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 田中彰 北海道と明治維新 榎本武揚 新渡戸稲造 札幌農学校 内村鑑三