近藤富枝「本郷菊富士ホテル」を読む

本郷 本郷菊富士ホテル跡地の石碑


 私は坂口安吾と宇野浩二の大ファンである。安吾の作品は太宰治の作品と同様に、大学生の頃、貪り読んだ。安吾の何者をも怖れず忌憚のない毒舌の評論が大好きだった。「不連続殺人事件」は世界最高峰の推理小説だと今でも思っている。
 太宰・安吾の次に読んだのが宇野浩二である。「苦の世界」「蔵の中」「子を貸し屋」は惚れ惚れとする作品である。何度も読み返した。
 私は長らく、坂口安吾と宇野浩二は、生き方も作風も違うので別々の世界に住んでいたと思っていたが、意外にも時間は違うが二人が共通な空間に住んでいたことを知っていささか驚いた。二人とも本郷菊坂ホテルの住人であったのである。
 本郷菊坂ホテルは明治に作られた下宿屋が近代的なホテルに成長したものである。ただホテルになっても下宿屋を兼ねた。文学史にはたまにこのホテルの名が出て、有名な文学者たちが泊まったことが記されているが、私はほとんどこのホテルのことは気に留めることはなかった。


 今回、初めて近藤富枝の「本郷菊富士ホテル」を読んだ。すばらしい本である。もっと若い頃、この本を読んでいたらと悔やんだ。読んでいたら明治・大正・昭和の時代にさらに興味を持っただろうと思う。
 近藤富枝は著名な文芸評論家である。だからといって、この本は単なる文学史の本ではない。多くの著名な作家が登場してくるが、この本の本質は時代の雰囲気をするどく醸し出すことにある。さながらたくみに人間模様を描いた歴史小説のような趣きがある。表の歴史には現れない生きた歴史が描かれている。
 本郷菊富士ホテルとは名前の通り本郷にあったホテルである。現在はない。本郷とはいわずと知れた東京大学がでんと構えている町である。江戸時代は「本郷もかねやすまでは江戸の内」といわれたほど田舎であった。東大が建った旧加賀屋敷は江戸の内ではなかった。明治になり、東大ができるや本郷は大学の町として飛躍的に発展し、日本中から秀才たちが本郷に押しかけた。そのため、本郷では下宿屋が立ち並んだ。
 菊坂ホテルの創業者は羽根田幸之助である。羽根田は現在の岐阜県大垣の近くの村に、安政六年に生まれた。その村で育ったが、村にいるのがいやで、明治二十八年に妻を伴って一旗揚げようと東京に出た。新橋駅に降り立ったとき、その夜泊まるあてもなく、ようやく駅裏の仕舞屋(しもたや)を発見して、そこに泊まった。その仕舞屋の女主人に下宿屋になることを勧められるのである。
 羽根田は努力家であると同時に経営の才能がかなりあり、本郷に下宿屋をつくると、それを大きくしていった。そして、いよいよ大正の初めに菊富士ホテルを新装開業するのである。地下一階、地上三階、南端屋上に塔の部屋をもつ近代的なホテルである。眺めはよく帝国ホテル以上といわれた。
 このホテルは外国の要人たちが大挙して押し寄せ大繁盛した。近代的ホテルがほとんどなかったからだ。日本人でも、著名な学者・作家・文化人などが泊まった。なかにはマルキストもいた。大杉栄とその愛人の伊藤野枝も宿泊し、プロレタリア文学の宮本百合子も泊まった。
 おもしろいのはやはり宇野浩二と坂口安吾である。宇野はある部屋を仕事場兼住居として借りた。宇野はその部屋に布団を敷くと、布団に腹ばいになったまま原稿を書いた。
 安吾は屋上の塔の三畳の部屋に住んだ。風が吹くと揺れたそうである。この部屋で、安吾は恋人の矢田津世子に会った。結局、安吾と矢田は別れることになり、安吾は失意のまま、ホテルを出て京都に去った。

 菊富士ホテルに泊まった人たちのことを調べるとそれこそ大正・昭和の激動の時代の歴史の裏面をまざまざと見ることができるのではないか。「本郷菊富士ホテル」は何ともぞくぞくさせてくれる名著である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


 なお、宇野浩二、坂口安吾の作品の読書感想文は、数学道場・作文道場に掲載していますのでクリックしてください。
◆ 宇野浩二 「苦の世界」「蔵の中」
◆ 坂口安吾 「二流の人」「直江山城守」「日本文化私観」

続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 近藤富枝 本郷菊富士ホテル 本郷 坂口安吾 宇野浩二 鬼の栖