上念司「経済で読み解く明治維新」を読む

旧江戸城天守閣跡


 明治維新とは何だったのか。明治維新についての真面目な議論の一つに、明治維新はブルジョア革命なのか、プロレタリア革命かというものがある。この議論はピンとこないが、真面目だというのは、少なくとも経済というものを考えているからだ。
 明治維新というとすぐに、尊王攘夷・薩長同盟・新撰組や下級武士たちの活躍が出てくるが、明治維新がなぜ起こったかという本質めいた話はなかなかでてこない。西郷隆盛も勝海舟も大久保利通も環境が整ったから活躍できたのであり、元禄時代に生まれても活躍できなかったのは当然である。
 明治維新は起こるべくして起こったのであり、薩長の志士たちはそれを先導しただけである。江戸幕府は潰れるべくして潰れたのである。本当の維新史とはなぜ江戸幕府が潰れたのかを解明しなければならない。
 学校で習う歴史教科書にはなぜ江戸幕府が潰れたかという正確な記述はない。江戸時代は武士が百姓(農民を含めた武士以外の人たち)から搾取したとか、武士階級が贅沢三昧に暮らしていたとかの推測で、江戸幕府の崩壊を語っている。米騒動・百姓一揆は日常茶飯事で、江戸時代は暗黒な世界であったらしい。しかし、暗黒の江戸時代がなぜ二百六十年も続いたかということは一切語られていない。本当に暗黒な時代であったら長く続くわけはないのである。
 歴史を動かすのは一体何であるのか。やはり、司馬遼太郎がいっているように、「歴史を動かすのは利害である」というのが大正解であろう。徳川幕府の存続が大多数の人の得になるのなら、徳川幕府は生き延びたはずである。
 利害をトータルに集めたものが経済である。結局、歴史の本質とは経済の動きそのものである。数々の維新史を読んでいて、腑に落ちないのは経済学的な視点が欠けているからだ。なぜか日本の歴史は政治を中心に語られる。おそらく、大多数の歴史家といわれている人たちが大学の文学部で歴史を学んだことと関係しているのかもしれない。経済学的な視点のない歴史などはっきりいって、私は邪道だと思う。

上野 西郷隆盛像


 上念司の「経済で読み解く明治維新」は目から鱗の歴史書である。明治維新とは銘打っているけれども、内容は江戸時代の統治システムの解明とそのシステムがなぜ崩壊していったのかの分析についてである。薩長の志士たちの話はほとんど出てこない。やはり、江戸時代の本質を書くことが、本来の維新史を書くことなのであろう。幕末の動乱が本当に始まるのはペリー艦隊が来日してからのことであるが、維新の本質を述べるのに、ペリー艦隊から書き起こすのはやはりほとんど意味がないであろう。江戸時代二百六十年の蓄積が明治維新を起こしたと見るべきである。
 上念は江戸時代の統治システムをマクロ経済学的な視点で見ている。非常に説得力があり、思わずなるほどと頷いてしまう。教科書では絶対に見られない合理的な歴史解釈である。
 上念にいわせると、江戸幕府の統治システムの大きな欠陥の一つは、全国の藩に徴税権を与えたことである。この視点は教科書ではないがしろにされるが、非常に重要なことである。
 幕府は自らの領地(天領)からしか年貢は取れないのである。全国で約二千五百万石あるのに、天領は約四百万石である。藩の財政は各藩でみるにしても、四百万石で二千五百万石の土地の面倒をみなければならない。幕府が財政的に破綻するのは必然だったのである。
 この本には、その他にあっと思わせる視点が次々と出てくる。結局、明治維新は起こるべくして起こったと納得するのである。

 上念は、江戸幕府の悪い点だけをあげているわけではない。優れた点もたくさんあげている。上念は、明治になって日本が急速に発展するのは、江戸時代の資産があったと力説している。これもなるほどと納得してしまう。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




 

続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 上念司 経済で読み解く明治維新

原民喜「夏の花・心願の国」を読む

原爆ドーム 原民喜詩碑


 自殺した作家は多い。芥川龍之介・太宰治・三島由紀夫・川端康成を挙げるまでもない。私はこれらの作家たちの自殺は芸術家の死としてどこか認めているところがある。ところが原民喜の自殺を思うとき、つらく悲しくそして切ない気持に襲われる。
 私は原民喜の小説を読み、そして原のことを知るに及んで恐怖感とともにいたたまらない気持ちになった。太宰の死は許せる。それは太宰が望んだことだからだ。原の死は自殺とはいえ、殺されたような死だ。逃げ場を失ったものがたどりついたところが死であった感がする。今回、原の「夏の花・心願の国」を読んでも私の原に対する気持は変わらない。
 原民喜について私は<狂気に耐えられなくて鉄道自殺をとげたユーモア作家>と思い続けてきた。原民喜を考えることはとりもなおさず彼の自殺の原因になった<狂気>について考えることである。
 原の狂気はそのまま1945年8月6日の広島で原爆に被災することにつながる。原はその夏東京から実家のある広島に疎開していた。原爆が投下されたとき、偶然、原は実家の便所にいたため命拾いした。
 「夏の花」は原爆投下からその直後の広島の町の様子を感情を殺した冷静な目でもって描写した小説である。原爆が落とされた瞬間の状況は次のように描かれている。

原爆死没者慰霊碑 安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから


<私は厠(かわや)にいたため一命を拾った。八月六日の朝、私は八時頃床を離れた。前の晩二回も空襲警報が出、何事もなかったので、夜明前には服を全部脱いで、久し振りに寝間着に着替えて睡(ねむ)った。それで、起き出した時もパンツ一つであった。妹はこの姿をみると、朝寝したことをぶつぶつ難じていたが、私は黙って便所へ這入(はい)った。
 それから何秒後のことかはっきりしないが、突然、私の頭上に一撃が加えられ、眼の前に暗闇がすべり堕(お)ちた。私は思わずうわあと喚(わめ)き、頭に手をやって立上がった。嵐のようなものの墜落する音のほかは真暗でなにもわからない。手探りで扉を開けると、縁側があった。その時まで、私はうわあという自分の声を、ざあーというもの音の中にはっきり耳にきき、眼が見えないので悶(もだ)えていた。しかし、縁側に出ると、間もなく薄らあかりの中に破壊された家屋が浮び出し、気持もはっきりして来た。>

 その後、原は家の倒壊を恐れ、広島の町をさまよい歩く。原民喜は童話も書いていた作家である。その文章は心象風景を素直に表出したどこか甘美なものである。私は原の文章が大好きである。最高の文章だと思っている。原の書くような文章を私も書けたらと今でも願っている。一見メルヘンの世界にいるようでも「夏の花」が描く世界はこの世の生き地獄・阿鼻叫喚の世界である。
 原は広島の町を歩いているとき、たくさんの瀕死の負傷者から声をかけられた。彼らは異口同音に「水をください」といった。彼らのほとんどは水を飲むと満足したように死んでいった。この「水をください」が終生原の耳に残ることになる。

平和記念公園案内図


 戦後、原は東京に戻り、作品を書いて細々と暮らしていく。彼の書く作品のテーマは1944年に死んだ妻と原爆のことであった。新潮文庫「夏の花・心願の国」は原の作品を大江健三郎が編集した作品集である。この作品集に載っている作品はすべて戦後に書かれたもので、3部からなっている。第Ⅰ部は妻のことを偲んだ作品から構成されている。第Ⅱ部は「夏の花」と題され、広島での原爆体験を中心に書かれた作品から構成されている。第Ⅲ部は「心願の国」と題され、亡き妻そして原爆への思いを綴った作品から構成されている。
 「心願の国」では原爆に対する思いがすでに原にとって狂気にまで高まっているのがわかる。原はその狂気を詩にした。

<水ヲ下サイ
 アア 水ヲ下サイ
 ノマシテ下サイ 
 死ンダホウガ マシデ
 死ンダホウガ
 アア
 タスケテ タスケテ
 水ヲ
 水ヲ
 ドウカ
 ドナタカ
   オーオーオーオー
   オーオーオーオー
 天ガ裂ケ
 街ガナクナリ
 川ガ
 ナガレテイル
   オーオーオーオー
   オーオーオーオー
 夜ガクル
 夜ガクル
 ヒカラビタ眼ニ
 タダレタ唇ニ
 ヒリヒリ灼ケテ
 フラフラノ
 コノ メチャクチャノ
 顔ノ
 ニンゲンノウメキ
 ニンゲンノ     >

 私はこの詩に接するたびに恐怖を感ずる。原爆は人類が生み出した最悪の狂気である。理性ある人間はその狂気に耐えられないのである。原は身を賭してそれを訴えてくれる。
 原は慶応文学部出身で、戦後夜間中学で英語を教えたりした。やさしい先生だったに違いない。また、原は慶応の後輩の面倒をよくみた。その後輩の1人が遠藤周作である。遠藤の人類の狂気を原罪として追及する真摯な文学的姿勢とユーモア作家の2面性はどこかその先輩の原を髣髴とさしてくれる。
 私は原爆について論じる人には<あなたは原民喜の「心願の国」を読んだことがありますか。あの狂気にあなたは耐えられますか>と尋ねることにしている。
 原の「夏の花・心願の国」は永遠に原爆という人類最悪の兵器の狂気を私達人類に与え続ける鎮魂歌である。
 ぜひとも世界中の人に読んでほしい作品である。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ





続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 原民喜 夏の花・心願の国 原爆死没者慰霊碑 原爆ドーム