中村健之介訳「ニコライの見た幕末日本」を読む

お茶の水 ニコライ堂


 神田駿河台にあるニコライ堂はロシア正教の宣教師ニコライに由来するという。
 ニコライは1836年にロシアの田舎で生まれ、首都ペテルブルグの神学大学に進み、1861(文久元)年領事館付き司祭として日本の箱館に来た。極東の異教徒に宣教することを決意したのである。1869(明治2)年に一旦ロシアに帰るが、1871(明治4)年に再び箱館に戻ってきた。その後、ロシアに帰ることなく、日本に骨を埋めた。
 特筆すべきは、1904(明治37)年に始まった日露戦争のとき、ニコライは日本に留まることに決め、日本人正教徒たちに、日本人の義務として日本が勝つように祈ることを勧めたことである。
 ニコライは箱館の地に着くや、日本に関して猛勉強した。日本語をまず学び、日本の歴史・文化そして宗教を研究した。当時、箱館にはまだアメリカに密航しない新島襄がいて、ニコライは新島から「古事記」を教わり、逆に新島に英語と世界情勢について教えた。 ニコライは、1869年にロシアに戻るが、このとき、ロシア報知という新聞に日本についての論文を発表した。ロシア報知はドストエフスキーの「罪と罰」が掲載された新聞でもある。
 この論文が、中村健之介訳「ニコライの見た幕末日本」(講談社学術文庫)である。

函館 高田屋嘉兵衛像


 「ニコライの見た幕末日本」はニコライが自ら見た日本についての感想と、研究した日本の歴史・宗教などについて言及したものである。
 まず、ニコライが驚いたのが日本人の民度の高さである。極東の未開の野蛮人だと思っていた日本人が予想に反して、聡明で礼儀正しいことに正直驚いている。国自身も平和であった。
 ロシア正教を布教するニコライとしては当然、日本人の宗教に多大なる関心をもち、歴史的にそれを研究している。この論文の大半は日本の宗教に関するものである。
 ニコライは日本には、大きく四つの宗教があることを発見する。一つは、日本古来の神道であり、二つ目はインドから来た仏教であり、三つ目は中国から来た儒教であり、四つ目は西洋から来たキリスト教である。
 調べていくうちに最もニコライを悩ませたのは仏教である。まず、日本古来の神道の核心の存在である日本の神々と仏教の神々が融合していることが、ニコライにはわからなかったというか不思議そのものであった。また、仏教はたくさんの宗派に分かれており、教えも行動規範もまったく違うことに驚いた。僧侶は妻帯しないものだが、妻帯してもよい宗派もある。
 ニコライが驚きそして感動したのは、日本にキリスト教信者がいたことである。ニコライが来日したときはまだ江戸時代で、キリスト教は邪教として、信じてはいけないことになっていた。過去、日本で隠れキリシタンが迫害されたことをニコライは知っていたが、長崎にその隠れキリシタンが多数いることにニコライは感激した。
 ニコライは幕末から明治維新を経験し、そして明治という時代を生き抜いた。ニコライは明治45年、すなわち明治の最終年まで日本を見続けて没したのである。明治になって、日本は急速に過去の日本を捨て、西洋文明を貪欲に吸収した。ニコライはこの日本の姿に疑問をもちつつも、日本をこよなく愛した。ニコライにとって、日本はおそらく、母国ロシア以上のものだったに違いない。

 訳者の中村健之介は宗教家ではなく、比較文学者であり、ドストエフスキーの研究家でもある。中村がニコライに興味をもったのは、ニコライがロシア正教の宣教師であるからだ。ロシア正教とは、ドストエフスキーの世界を解明する上で重要なキーポイントである。実際、ドストエフスキーはニコライの書いた論文に興味をもったという。
 世界で一番ドストエフスキーが読まれるのは日本であるという。日本人とロシアはロシア正教でも繋がっているのである。



にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ



続きを読む »

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 中村健之介 ニコライの見た幕末日本

ヨーゼフ・クライナー編「ケンペルのみたトクガワ・ジャパン」を読む

東京都中央区 日本橋


 鎖国という概念は日本が独自に作ったものではない。鎖国という言葉は、1801(享和元)年、志筑忠雄が西洋の本を翻訳する際に使った訳語である。原語は、<shut up the country>である。
 西洋の本というのは、ケンペルの書いた「廻国奇観」である。ケンペルはオランダの医師で長崎に三年間滞在した。オランダの医師ではあるが、オランダ人ではない。シーボルトと同じドイツ人である。
 ケンペルは表向きは医師であったが、本質は大博物学者といってよいほどの、いろいろなことに興味を示す探究家であった。日本の地理・歴史・風俗・植物・動物などを調べるだけ調べた。ケンペルは二度ほど江戸に行き、徳川将軍に謁見している。
 ケンペルは故郷のドイツに帰ると、日本のことについて詳細な著述をした。それが「廻国奇観」であり「日本誌」である。「日本誌」は題名の通り、日本について書かれた本である。
 「日本誌」は日本ではあまり有名ではないが、欧米では、日本を研究する上で欠かせないものである。18世紀以降、西洋人が日本を研究しようとすれば、かならず「日本誌」に目を通すといわれている。それにもまして、元禄期の日本を知る貴重な資料である。
 江戸時代の研究はかなり進んでいるが、庶民の生活など今でもわからないことがある。「日本誌」がたいへん参考になる。
 さて、「日本誌」には一体何が書かれているのであろうか。さぞや、日本のことを西洋の国に遅れた野蛮な国と書かれていると思いきや、意外なことが書かれている。次の「日本誌」の中の『鎖国論』を御一読あれ。

「この民は習俗、道徳、技芸、立ち居振舞の点で世界のどの国民にもたちまさり、国内交易は繁盛し、肥沃な田畑に恵まれ、頑健強壮な肉体と豪胆な気象を持ち、生活必需品はありあまるほどに豊富であり、国内には不断の平和が続き、かくて世界でも稀に見るほどの幸福な国民である。もし日本国民の一人が、彼の現在の境遇と昔の自由な時代とを比較してみた場合、あるいは祖国の歴史の太古の昔を顧みた場合、彼は、一人の君主の至高の意志によって統御され、海外の全世界との交通を一切断ち切られて完全な閉鎖状態に置かれている現在ほどに、国民の幸福がより良く実現している時代をば、ついに見出すことは出来ないであろう」(小堀圭一郎訳)

 これが当時の日本の本当の姿とは断定できないが、ケンペルの目には、日本は世界一の豊かで幸福な国と写ったようである。鎖国というものを、現代の私たちは否定的に見てしまうが、ケンペルは鎖国を礼賛し、そして、その政策を推進する君主(徳川将軍)を称賛している。
 実は、江戸時代の日本を誉めるのはケンペルだけではない。日本に来た西洋人のほとんど日本のことを激賞している。特に、日本人の徳を誉めている。日本人は正直であり、約束を守り、礼儀正しいとして、世界一の徳のある民族だとしている。
 ところが、この事実を無視して、日本史の教科書には日本人礼賛のことの記述はない。江戸時代を暗黒な封建社会として見る歴史学者がいることが問題なのである。

日本橋 長崎屋案内板

築地 あかつき公園 シーボルト像


 ヨーゼフ・クライナー編「ケンペルのみたトクガワ・ジャパン」は西洋と日本の研究者たちのケンペルに対する評価をまとめた論文集である。
 この本を一読するに、ケンペルの著作がいかに18世紀以降の知識人に影響を与えたかを知ることができる。あのニュートンまで読んでいたという。
 このことを逆に考えれば、日本という極東のはずれの国がいかに西洋の国から興味をもって見られていたかである。決して、自惚れてはいけないが、日本は西洋よりはるかに優れた国という見方もあったのである。
 この本を読むと、日本人学者による日本史研究に、その時代、世界が日本をどう見ていたかの視点が欠けているかがよくわかる。内向きの志向で日本の歴史は論じられない。世界から日本を見る視点を加えることによって、日本の歴史は相対化されるのである。
 まさに、歴史を見るというのは、現代の日本をどう見るかにも繋がるのである。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ



続きを読む »

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : ヨーゼフ・クライナー ケンペル トクガワ・ジャパン