三好徹「叛骨の人 大江卓」を読む

神奈川県庁屋上から写した大桟橋


 近頃、やたらと人権という言葉が飛び交う。何かというと人権蹂躙だとか人権無視だと言って非難する。特に、マスコミや国会議員が政府を攻撃するときに使う。中には、日本は人権国家ではないという輩もいる。
 国会議員が人権を口にするとき、私はかならずといってよいほど、大江卓のことを思い浮かべる。大江卓は歴史上有名な人ではないが、知る人ぞ知る正義の人である。
 大江が正義の人と評判をとったのは、ある事件を人権の見地から解決したことである。 大江が神奈川県権令のとき、ペルーの船が横浜の港に停泊した。そのとき、ペルーの船から一人の中国人が抜け出し、港の役所に助けを求めた。大江が聞いてみると、その中国人は奴隷として売られてペルーに連れて行かれるという。大江は早速ペルーの船の船長を呼びつけ事情を聞いた。船長は当然、中国人の言っていることを否定した。大江は中国人を船長に返した。
 ところが、それから船の中から人が虐待されているような声が聞こえるという訴えが役所にあった。大江は船に乗り込み、詳しく調べ、船には二百人以上の中国人がおり、彼らはまさに前に大江に会った中国人同様に奴隷として売られ、ペルーに連れて行かれるところであった。
 大江はすべての事情を察し、中国人を解放しようとした。船長は猛然と拒否した。それで、大江は裁判を開いて、自らが裁判長となり、日本の法律に則って中国人を解放しようとした。
 それから、大江は獅子奮迅の活躍をして、結局、裁判に勝ち、中国人を解放した。中国人は喜び、当時の清の国は国をあげて、大江に感謝した。
 この事件をマリア・ルス号事件という。この事件を解決するにあたって、大きな障害がいくつもあった。その一つが、日本政府の反対である。ペルーとは条約を結んでいないから、日本の法律は適用できないので、かかわるなと政府は大江を脅した。しかし、大江は頑としてこれに抵抗した。
 二つ目はペルー側の弁護士が、日本にも娼婦や芸者が売り買いされ、人身売買が合法的に行われているというものである。大江がさすがに困ったが、これもうまくのりきった。 裁判で買っても大江は実利を得ることにはならないが、大江はただ正義のために戦ったのである。
 この事件にはおまけがついた。事件後、日本では娼婦や芸者の人身売買が禁じられたのである。

横浜山下公園に係留されている氷川丸

横浜山下公園に建っている『赤い靴はいてた女の子の像』


 三好徹の「叛骨の人 大江卓」は大江の伝記小説である。内容の大半は、上に述べたマリア・ルス号について割かれている。
 大江は土佐出身である。土佐藩には上士・下士という藩士があり、下士は上士よりはるかに身分が低かった。坂本龍馬は下士であった。大江の家は下士どころではなく、下士の家来である。ほとんど人間扱いされなかった。
 大江は脱藩した坂本龍馬にあこがれ、海援隊に入るべく土佐を出た。この小説は、大江が龍馬の妻のお龍と馬関(下関)で会うところから始まる。この最中に、龍馬が京都で殺される。
 その後、大江は陸援隊の一員となり、幕末を過ごし、明治になって、龍馬の弟子である陸奥宗光の助けによって、神奈川県権令になり、明治五年にマリア・ルス号事件を解決することになる。
 明治十年の西南戦争では、大江は陸奥宗光などと謀って、西郷隆盛率いる薩摩軍に呼応しようとするが、それが政府に知られて、大江は十年間獄中の人となった。
 獄から出ると、代議士などをしたり、社会運動家のようなことをした。

 大江はマリア・ルス号事件と娼婦と芸者の人身売買の廃止で有名であるが、もう一つ有名なことがある。それは、穢多・非人の呼称を廃止させたことである。穢多・非人は非人道的の最たるもので、大江はこれを見逃すことができなかったのである。
 大江の人生はまさに正義で貫かれていた。

横浜関内 吉田橋関門跡の石碑

高島嘉右衛門旧邸宅跡に建っている案内板


にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




 上の写真は、横浜にて写したものです。上から3枚は、県庁の屋上から写した大桟橋、横浜山下公園に係留されている氷川丸と同じ公園に建っている野口雨情作詞、本居長世作曲の『赤い靴はいてた女の子』をイメージして製作した『赤い靴はいてた女の子の像』です。
 下の2枚の写真は、JR関内駅そばに建っている吉田橋関門跡と現在のJR横浜駅を埋め立てて整備した横浜の功労者のひとりである高島嘉右衛門の旧邸宅に建っている案内板です。明治時代には、旧邸宅からは、横浜港が一望できました。

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 三好徹 叛骨の人 大江卓

石平「韓民族こそ歴史の加害者である」を読む

上野公園 征韓論 西郷隆盛像


 昨今の中国・韓国の歴史問題における日本非難がすさまじい。日本は歴史を直視せよとの大合唱である。特に、韓国は慰安婦問題を取り上げ、日本・韓国両国政府での合意を無視して恥じることがなく、あろうことかさらに日本を責めている。
 韓国の国際常識無視を糾弾するのは簡単であるが、まず、考えなければならないことは、何故、慰安婦問題がこれほどまでに大きくこじれることになったかである。
 そもそも、慰安婦問題は韓国から提起されたものではない。朝日新聞の捏造記事によって、突然歴史に登場したのである。朝日新聞は三十年以上もこの記事が誤報であることを認めなかった。私が問題視するのは、日本国民が三十年以上も朝日新聞に誤報を認めさせることができなかったことである。
 これは、国民が心の底で、「日本は過去、韓国に対して非道なことをしたのではないか」と思っているからでないか。日本人は、戦後、当たり前のように、戦前の日本は諸外国に多大なる被害を与えたと教わってきた。学校の日本史の授業では日本の悪口のオンパレードであった。テレビでは現在でも戦前の日本を否定的に堂々と報じている。いわば、生まれ落ちたときから、私たちは、戦前の日本は悪だと刷り込みされて育ってきたのである。歴史問題の根本は日本人の歴史認識にあるのではないかと、私は思う。
 はたして、戦前の日本は本当に悪であったのか。ぜひとも、日本人は自ら学習して確かめなければならない。とりもなおさず、歴史問題は日本人が歴史に対して無知であるという問題でもある。中国人・韓国人の問題ではない。

品川 伊藤博文霊廟


 韓国の歴史は現在それこそ数え切れないほど出版されているが、韓国の全歴史を通じて本質的かつ論理的かつわかりやすく述べている本の一つとして石平氏の「韓民族こそ歴史の加害者である」を上げる。
 この本は非常にわかりやすくそして説得力がある。おそらく、この本一冊で、韓国という国がどのようにして諸外国(中国・日本・ロシア・アメリカ)と通じていたのかがわかる。そして、韓国という国の他の国とは全く違う性格がよくわかる。
 結論からいうと、韓国は自らがいうような、被害者であることは歴史上一度たりともなく、つねに、諸外国を自国の紛争に巻き込む加害者であったことである。中国も日本もアメリカも被害国であったのだ。
 時代を、三国(高句麗・新羅・百済)時代・高麗時代(元寇の時代)・朝鮮王朝(近代化の時代)・朝鮮戦争の時代(戦後)の四つの時代に分けて、詳しく述べている。
 たとえば、一番新しい歴史である朝鮮戦争のことである。この戦争では、五百万人以上の人が死んでいる。中国軍もアメリカ軍も多大なる戦死者をだした。しかし、本来なら、この戦争は三か月で終了し、被害もごくわずかであった。それを韓国初代の大統領である李承晩が、何の戦略も知恵もなく、ただ自らの願望のために、いたずらに戦線を拡大していった。結局、朝鮮は統一されず、五百万の死者をだしながら、三十八度線はなくならなかった。これなら、金日成の北朝鮮軍が攻めて来てから三か月でやめてもよかったのである。李承晩の野望のために三年以上も戦争を継続した。中国とアメリカは多大なる被害を蒙ったのである。
 韓国は自分の国の始末を自分の国の力で行うことができないのである。つねに外国にたよる。そして、かならずその協力してくれる外国を裏切る。これは韓国の歴史を通して一貫している。現在も同じような状況である。

常盤橋 渋沢栄一像

ホテルオークラ 大倉喜八郎像


 この本を読むと、日本人の独立の精神がいかにすばらしかったのかをしみじみと思いだす。なぜ、勝海舟が江戸城の無血開城を許したのか。大きな理由は外国が日本の内乱に介入することを防ぐためだ。韓国は同じ韓国人の政敵を排除するために、外国の力を借りた。韓国には根本的に自主独立の精神がないのである。このような国が本当に北朝鮮と統一できるのであろうか。ドイツとは全く似ても似つかない国である。
 韓国に関する本を揶揄して嫌韓本というらしいが、石平氏のこの本は韓国を卑下したものではない。まさに、歴史的事実を述べているだけである。ぜひとも、韓国を批判する前に読んでほしい。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ




 上の写真は、明治時代に朝鮮半島に関係した人たちです。日本では尊敬されている偉人ばかりです。上から上野公園に建っている征韓論の西郷隆盛像、大井町にある初代朝鮮統監の伊藤博文霊廟、朝鮮人を雇用してインフラを整備し、学校を設立して人材を育てた常盤橋に建っている渋沢栄一像とホテルオークラ大倉集古館にある大倉喜八郎像です。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 石平 韓民族こそ歴史の加害者である