竹田恒泰 「天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか 変わらぬ皇統の重み」を読む

国会議事堂


 江戸時代、日本の数学(和算)はある分野では西洋と較べてもかなり進歩していた。和算家の建部賢弘は円周率を小数第十位まで求めていた。当時の西洋ではまだ円周率を小数第十位まで求められなかった。
 和算は庶民一般にまで広がったのだが、明治になるとともに衰退し西洋数学に取って代わられた。和算が衰退したのは、日本に自然科学が発達しなかったからだ。西洋数学は自然科学と協調して進歩した。
 西洋で自然科学が発展したのは、自然が人間の敵であり、それを解明しなければ人間が滅びてしまうからである。自然科学とは敵である自然を解明する手段である。対するに日本においては、人間と自然は共生の関係にあり、人間は自然を愛し、敵として認識することはなかった。
 なぜこのようなことを書くかというと、天皇陛下の譲位を前にして、歴史上、天皇とは日本人にとってどのような存在であったかを改めて考えているからである。
 現在でも日本人の中には、戦前の天皇が独裁者であると思っている人がおり、欧米にいたっては昭和天皇は先の太平洋戦争の最悪の戦争犯罪者だと断罪する人たちがいる。
 独裁者とは人民に対する対立概念である。西洋では、人間と自然が対立概念であるように、君と民とも対立概念である。だから、革命という概念が存在する。それに対して、日本では人間と自然が共生しているように、人民と天皇も共生しており、一心同体といってもよい。西洋の風土では、君が独裁者に豹変することがあるが、日本では、天皇が独裁者になり得ようがない。
 明治憲法によって、天皇は憲法で認められた独裁者ではなかったかという輩もいるが、この輩は帝国憲法第一条「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」をさして、天皇は何でも自由にでき、政府も軍隊も意のままに動かすことでできると思っているのであろう。太平洋戦争も天皇の意志で行ったと思っているに違いない。
 だが、もし本当に昭和天皇が独裁者であったら、あの太平洋戦争はなかったであろう。昭和天皇は平和をこよなく愛し、日米開戦を何とか回避しようとした。あの戦争は、合議の上、正式な手続きによって、日本政府が決めたのである。ただ、憲法上、天皇が宣戦布告したのだ。

皇居 二重橋


 帝国憲法のもとにおいて天皇ははたして独裁者であったのか、この疑問に対して明解に解答を与えてくれるのが、竹田恒泰著「天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか 変わらぬ皇統の重み」である。
  この本は本来学術論文であるが、わかりやすく書かれている。天皇とは何かを考える上でたいへん参考になるもので、帝国憲法・日本国憲法と古事記・日本書紀を併行して引用して天皇を論じており、このような憲法と古典が混交している憲法解説書は稀なのではないか。この本を読んで、竹田が優れた憲法学者であると同時に優れた文学者であると感心した。
 この本の主題は、戦後に唱えられた宮沢俊義教授の「八月革命説」が正しかったか否かを検証することである。八月革命説とは、1945(昭和20)年8月14日に日本が正式にポツダム宣言を受諾したことにより、法的な意味の革命によって、天皇主権から国民主権になり、日本国憲法は全く新しく国民が制定したと考える説のことである。
 宮沢がなぜこの説を提唱したかというと、帝国憲法から日本国憲法への変更は改正の限界を超えるものとしたからである。この説に則ると、帝国憲法と日本国憲法とは完全に別物で何ら連続性がなく、万世一系も無視され、昭和天皇は百二十四代天皇ではなく、象徴天皇として初代天皇になるということである。この説はかなり衝撃的であるが、さらに衝撃的なのは、この説が現在でも憲法学者の間で通説になっているということだ。
 竹田は現在の憲法学者が拠って立つ論理的土台を果敢にも、論理的に正しいかどうかを検証しているのである。
 竹田の検証の主な対象は次の三点である。
  1. 帝国憲法では、天皇主権ないし神勅主権がその根本建前であったのか。
  2. 帝国憲法のもとでは、天皇は自由に国政に参加でき、日本国憲法のもとでは、天皇は象徴天皇として全く国政に参加できないのか。
  3. ポツダム宣言は日本が国民主権になることを求めているのか。
 1~3のいずれにおいても、竹田は、幅広く資料に当たり深い考証を行っている。結果として論理的に八月革命説を見事に否定している。
 印象に残っているのは、帝国憲法のもとでは天皇は国務大臣の輔弼によってのみ国政に参加でき、自らの意志で政府を動かしたのは、二・二六事件の反乱軍の鎮圧と首謀者の処罰そしてポツダム宣言の受諾だといい、ただ、これも最終的には合議をもって決定したという。帝国憲法のもとでは、天皇は自らの意志で国政に参加することはほとんど不可能であったということだ。翻って、日本国憲法のもとでは、天皇は国事行為をする際、内閣の助言と承認を必要とされるが、実際には内閣総理大臣の任命権や衆議院の解散権を与えられているという。輔弼も内閣の助言・承認も本質的には同じで、結論として、帝国憲法でも日本国憲法でも天皇の立場はほとんど変わらないとしている。

 この本の中で心を打つのは、やはり歴代の天皇が人民に寄り添い、つねに人民の幸福を祈っているという件である。このことを最もよくわかっているのは、他ならぬ人民ではないのか。だからこそ二千年近くも皇統は続いているのである。日本で、西洋流の革命が一度も起こったことがないことは歴史が証明している。

 ふと、私は西洋の思想を土台として作られた憲法典で天皇の動きを縛るようなことが、はたして日本の長い伝統に馴染むのだろうかと疑問に思った。日本人にとって天皇は内面的に強く親密に繋がった存在で、それは言葉を超えている。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

 



 写真上から、国会議事堂、皇居の二重橋です。

憲政記念館 「憲政の神様」と呼ばれた尾崎行雄の銅像

国会議事堂 井伊家(旧加藤清正邸)旧邸の案内板

国会議事堂 「櫻の井」は名水井戸として知られ、江戸の名所として安藤広重の絵にも描かれました。

 写真上は、国会議事堂の周辺で撮影したものです。上から、憲政記念館入口に「憲政の神様」と呼ばれた尾崎行雄の銅像、井伊掃部守邸宅跡の案内板、「櫻の井」は名水井戸として知られ、江戸の名所として安藤広重の絵にも描かれました。



テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 竹田恒泰 天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか 変わらぬ皇統の重み

篠田英朗 「ほんとうの憲法 ─ 戦後日本憲法学批判」を読む

法務省


 憲法改正はすべきか。法律の専門家ではない私は、憲法は一通り読んだことはあるが、真剣に考えたことはない。しかし、いよいよ安倍首相が憲法改正を口にしてから、俄然、公に憲法改正が議論されるようになり、いやがうえにも憲法に注目するようになった。
 国会議員の憲法についての発言が多く紹介されるようになったが、中には唖然とするようなものもある。とりわけ私にとって理解不能な発言は、野党党首の「憲法とは政府の権力を制限するものだ」「憲法があったから、戦後70年以上も日本は平和でいられた」というものである。この野党党首が率いる党が政権をとったときのことを考えると暗澹たる気持になる。
 常識的に考えて、憲法は日本人の生命・財産を守るためにあり、何も政府の権力を制限するためにあるのではないだろう。そもそも政府を動かす国会議員は主権者たる国民が選ぶもので、もし、政府が権力を乱用して国が不幸に陥ったとき、その責任は国民が負うべきである。
 また、戦後の日本が平和であったのは憲法があったからではなく、明らかに日米安保条約があったからである。逆に、憲法があるからこそ、現在、北朝鮮がミサイルを日本近海に飛ばし、中国の潜水艦が日本の領海を侵すのではないのか。憲法上、攻撃を受けない限り、日本は何もできないのである。北朝鮮も中国も日本のことをよく知っている。
 憲法論議がさかんになるにつれ、憲法学者なるものが一躍脚光を浴びるようになり、テレビによく出るようになった。さも高説を述べるかと思いきや、あにはからんや、憲法学者とは一体何者なのかと不思議に思うばかりである。ある憲法学者の述べたことに、私は耳を疑った。何と、法律が合憲か否かは最高裁判所ではなく、憲法学者によって決められるというものである。まるで、憲法とは憲法学者のためにあるかのような物言いである。憲法は国民のためにあるのではないのか。最高裁判所が合憲と認めているのに、多くの憲法学者は未だに自衛隊を違憲だとしている。
 日本の憲法は一体どうなっているのか。私は憲法について詳しく知りたいと思った。

東京大学正門


 篠田英朗著「ほんとうの憲法──戦後日本憲法学批判」はタイトル通り、本当の憲法の姿を教えてくれる。テレビに出てくる憲法学者が決して口にしない内容が随所に書かれており、憲法の通説に馴らされた私にはかなり衝撃的な本である。
 著者の篠田は憲法学者ではなく、国際関係を研究する学者である。そのためか、憲法を成立過程から客観的に国際的な視点で、明解な論理で論じている。

 私はこの本を読んでまず感じたのは、これは、東大法学部出身の憲法学者たちが独特の共同体を形成して憲法を自家薬籠中のものとし、独善的な憲法解釈を国民に押し付けている実態を告発した書だということだ。この本を読む限り、憲法学者は偏見に満ちた教義に固執する中世の神職者のようだ。

 篠田は第1章で立憲主義を扱い、通説を覆す説を述べている。国民主権・基本的人権の尊重・平和主義は憲法の三大原理ではなく、憲法には一大原理しかなく、それは憲法の前文に述べられている「国政は、国民の厳粛な信託による」というものであり、これが立憲主義の本質だと篠田はいう。私たちが教え込まれた憲法の三大原理は憲法学者の作った空論だといっているようだ。
 篠田の説で、憲法学者と決定的に違うところは、憲法は国際協調主義に則って作られたということである。憲法と国際協調主義は篠田の主張する最重要テーマで、この本の大半はこのテーマについて書かれている。
 そもそも憲法は、日本が再びアメリカと戦争をしないために作られたもので、それはとりもなおさず、日本を平和国家にすることである。憲法の前文にある「平和を愛する諸国民の公正と信義を信頼」の諸国民とはアメリカを中心とする周辺諸国の国民をさしているという。

 国際協調主義によって作成された憲法は、国際法の影響下にあるといってよく、国際法が認める自衛権は憲法も認めていると篠田は力説する。憲法学者たちは、憲法は国際法より優越しているとし、憲法は自衛権を認めていないと主張している。
 篠田は、日本の平和国家化を規定した憲法9条はアメリカの軍事力を背景に作られ、必然的に日米安保条約を準備するものだといい、実際、1951(昭和56)年に日本が独立をはたしたとき、日米安保条約は結ばれた。以後、日本の国体は、表の支柱を憲法9条とし、裏の支柱を日米安保条約としたものとなり、現在にいたっている。このことは、憲法9条だけでは日本は平和国家になれないということだ。

 この本の全体を通して、篠田の筆の矛先はつねに憲法学者たちに向かい、彼らの説を徹底的に批判する。

 憲法学者の決定的な誤謬は、本来英米法を基に作られた憲法をドイツ国法学的に解釈したことであり、これは、明治以来、東大法学部の伝統であると、篠田は指摘する。
 憲法を作ったのがアメリカ人だという厳然とした事実を前にしても、憲法学者はアメリカという国を無視し、憲法はアメリカの押し付けだという論にも与しない。これは、学者的態度というよりも政治的態度であり、ある目的をもって憲法を解釈しているのだという。その目的とは、国家権力すなわち政府に抵抗することだと篠田は結論付けている。

 篠田は憲法改正について、自衛隊は国際法を遵守する限り合憲であり、9条を改正するならば、9条3項を創設して次の規定を入れるならば、憲法改正は認めてもいいといっている。
「前2項の規定は、本条の目的にそった軍隊を含む組織の活動を禁止しない。」

 私はこの本を読んで、憲法とは一体誰のもので、誰のためにあるかを国民が真剣に考える時期にきているのだと、痛切に思った。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

 





 写真は、上から霞が関の法務省と下は東京大学正門です。

法務省 旧米沢上杉江戸藩邸跡の石碑

 写真は、法務省の花壇に建っている旧米沢上杉藩邸の江戸屋敷跡の石碑です。

最高裁判所

最高裁判所 渡辺崋山生誕地の説明板

 写真上から、旧江戸城半蔵門近くにある最高裁判所と最高裁判所の前に建っている「蛮社の獄」の渡辺崋山誕生地の説明版です。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

Tag : 篠田英朗 ほんとうの憲法 戦後日本憲法学批判 東京大学法学部