山田邦紀・坂本俊夫共著「明治の快男児トルコへ跳ぶ」を読む

 1984年3月、イラン・イラク戦争は真只中であった。両国間で締結された住民居住地域への攻撃停止合意は破棄され、お互いの都市にミサイルが飛び交う事態になった。イランがイラクの首都バクダッドを攻撃すると、イラクはイランの首都テヘランを攻撃した。
 3月16日、イランの日本大使館は、テヘランに居住する日本人に国外へ脱出することを勧告した。そんな折、あの悪名高いイラクのフセインがとんでもないことを言い出した。3月19日午後8時30分を期して、イラン上空を飛行する航空機は民間機も含めてすべて無差別に攻撃すると言ったのである。
 時間は残り少なかった。テヘランの日本人たちは争って国外へ逃げ出そうとしたが、たび重なる攻撃で飛行機の便は少なくなり、また、外国の航空会社は自国民を最優先するために、多くの日本人は飛行機のチケットを手にいれることができなかった。
 日航機が救援に来られず、自衛隊機も来られないことがわかると、イランの日本大使館員たちは絶望の淵に立たされた。死を覚悟したものもいた。200人以上の日本人がテヘランに取り残されようとしていた。
 このとき、救世主が現れた。トルコ航空である。友人である日本商社のイスタンブール駐在員から相談を受けたトルコの首相がトルコ航空にテヘランに特別機を飛ばさせることを決断したのである。トルコ航空で、特別機を操縦するパイロットを募集したところ、全員が手を挙げたそうである。テヘランにいた日本人たちはトルコのおかげで死地を脱出することができた。
 私はNHKの番組で上に述べた場面を見て、涙が出そうになった。そして、情(なさけ)は人のためならずという諺をつくづく実感した。
 トルコ人は義理堅い人たちである。日本人から受けた昔の恩を永遠に忘れないでいてくれる。1890年、トルコの軍艦エルトゥールル号が日本訪問の帰途、紀州沖で遭難した。たくさんの乗組員が死亡したが、生き残った人たちもいた。生存者たちは紀州大島村に命からがら泳ぎ着いた。大島村の人たちはほぼ全員が遭難者の救出と生存者の介抱に全力をつくした。 
 日本は国を挙げて犠牲者を弔い、生存者の面倒を献身的にみた。各団体が義捐金を募集し、トルコに送った。トルコ政府並びにトルコ人は日本人のこれらの行為に深く感謝し、現在に至るまで感謝の気持を忘れないでいる。
 この遭難事故をきっかけに日本とトルコの交流の太いパイプになったユニークな男がいる。山田寅次郎である。

 山田邦紀・坂本俊夫共著「明治の快男児トルコへ跳ぶ」は山田寅次郎の生涯を描いた評伝である。日本とトルコとのつながりが詳しく書かれており、特に、エルトゥールル号の遭難事故は微に入り細を穿って書かれている。
 寅次郎は1866(慶応2)年、沼田藩士の次男として生まれた。16歳で茶道・宗徧流七世山田宗寿の養子となり山田姓になる。
 寅次郎は幸田露伴の友人であっただけに、幅広い教養をもっていた。若い頃は主に出版関係の仕事をした。寅次郎の人生の方向を決定づけたのはエルトゥールル号の遭難事故である。義侠心に富む寅次郎は義捐金を集めそれをわざわざトルコまで持っていった。当時、日本とトルコは国交があったわけではないが、寅次郎は義捐金をトルコ政府に渡したあと、トルコに住みついた。
 寅次郎はトルコの商品を日本に紹介したり、逆に、日本の商品をトルコに紹介したりする貿易業を営んだ。寅次郎はトルコの社会に深く馴染み、トルコという国を愛した。
 寅次郎はトルコ政府とのパイプが太く、大使のような役割もした。日本から政治家や徳富蘇峰のような要人がくると、寅次郎が案内役を勤めた。日本とトルコの関係は寅次郎抜きには考えられなかった。それほど寅次郎はトルコにおいて大きな存在であった。

 寅次郎は日本とトルコを何度も往復し、日本とトルコの架け橋になった。現在の日本とトルコの友好関係は寅次郎がその土台を作ったといっても過言ではない。寅次郎の生涯はまさに痛快であった。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


旧山王草堂に建っている徳富蘇峰像 写真は、東京都大田区にある旧山王草堂邸に建っている徳富蘇峰像です。主は徳富蘇峰です。案内板を要約すると、蘇峰は、1924(大正13)年に山王草堂を建て、1943(昭和18)年に熱海伊豆山に移るまで起居し、邸内には蘇峰の収集した和漢書十万冊に及ぶ書籍類を所蔵していた成簣堂文庫(せいきどうぶんこ)や「近世日本国民史」などを執筆した一枝庵(いっしあん)と蘇峰の次男である徳富萬熊(とくとみまんくま)の住居として建てられた木造二階建の建築牛後庵(ぎゅうごあん)が、現在は存在していませんが、当時建てられていたと推測される地点に旧跡として標柱が建ててあると書いてありました。
 山王草堂の近くには「人生劇場」でお馴染みの尾崎士郎邸があります。

明治の快男児トルコへ跳ぶ―山田寅次郎伝明治の快男児トルコへ跳ぶ―山田寅次郎伝
(2009/01/10)
山田 邦紀、坂本 俊夫 他

商品詳細を見る

テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 明治の快男児トルコへ跳ぶ

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)