松永安左エ門「電力の鬼 松永安左エ門自伝」を読む

松永安左エ門旧邸宅 現在の電力会社は地域独占企業である。株式会社である電力会社がなぜ独占禁止法に違反しないのかと常々私は不思議に思っている。
 今回の福島原発事故の一番の原因は東京電力の思い上がりである。その思い上がりを作ったのが地域独占である。地域独占が悪の根本であることが明らかになった今、これを許してきた政府の責任は重い。
 地域独占に自由競争の原理が全く働かないのは明白であるが、昔から、電力会社が地域独占であったかというとそうではない。何と、戦前は電力販売は自由競争であったのだ。 昭和14年、来たる戦争のために、軍部傀儡政府は電力の国家管理を推し進めた。それまで、電力事業は自由競争であった。このとき、創立されたのが日本発送電株式会社(略称:日発)という半官半民の会社であるが、実態は、完全なる国営で国全体を独占する会社であった。軍部と官僚の癒着でできた会社でもある。
 日本が戦争にやぶれて、日発が解体され、現在に続く9電力会社の体制(当時、沖縄は日本の管轄外であった。現在は10電力会社である)ができた。
 日発が創立されたとき、そして日発が解体されて9電力会社に分割されるときに、大活躍したのが「電力の鬼」と呼ばれた松永安左エ門である。
 松永は日発が設立されるときには、設立に猛反対し、解体されるときには、9電力会社体制を築くために尽力した。松永は、根っからの自由主義経済論者であった。自由主義経済だからこそ、国は栄え、豊かになるとの信念をもっていた。

 「電力の鬼」は、松永が90歳になって書いた自伝である。内容は第一部・第二部に分かれ、第一部は生まれてからの90年間を回顧したものであり、第二部は松永自身の人生観を述べたものである。
 大実業家松永安左エ門を語るにおいて、はずしてならないのは福沢諭吉である。松永は福沢門下の一人で、終生、福沢を師として仰いだ。松永は慶応義塾を中退するさい、福沢に進路について相談した。福沢は「役人、銀行員、会社員にはなるな。月給取りはつまらぬから、うどん屋でも、風呂屋の三助でもよいから、独立した実業人になれ」と勧めたという。私はこの福沢の言葉に接したとき、福沢の思想並びに慶応の教育理念を悟った気がした。国を豊かにするには、すぐれた実業家が世に出なければならず、慶応はすぐれた実業家を養成するところであると福沢は思っていたに違いない。
 松永は福沢の意に反して、福沢桃介の紹介で日本銀行に勤めたが、1年でやめてしまった。それからの松永の人生は破天荒といってもよいほど、浮き沈みのはげしいものであった。いろいろな商売に手をだし、大儲けしたり、破産したりしたが、結果的に石炭・コークス事業、鉄道事業、電気事業などを通して、強力な人脈と莫大な資産を築いた。
 東邦電力を経営し、東京に進出するために東京電力を設立した。この東京電力は現在の東京電力とは違う。現在の東京電力は当時、東京電燈といった。東京電燈は独占企業に近く、当時も現在と同様に親方商売で傲岸不遜であった。松永は電力料金を下げ、サービスをよくするなどして、東京電燈のシェアを奪った。徐々に、東京電燈を追い詰め、とうとう東京電燈の役員になり、東京電燈の経営をするまでになった。

 松永は電力は自由に売り買いされるべきものだと信念として思っていた。また、ヨーロッパで原子力発電の事故が起こるや、原発事故はすべて電力会社の責任だと主張した。現在の電力会社の経営陣はこの松永の主張にどう思うのであろうか。
 それにしても、松永の人生はすごいの一語につきる。わずか、二十代で現在の金額にして、何百億・何千億の金を動かし、すこしも動じない。まさに、松永の辞書に失敗の文字はない。失敗は成功するためのステップにすぎないのだ。松永のような実業家が、今の日本に本当に求められるのではないか。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


老欅荘の茶室 写真上は、箱根への登り口にあたる小田原市板橋の地に建っている松永安左エ門旧邸宅です。庭園は四季おりおりの様子を見せ、江戸の面影も感じられます。
 写真下は、松永安左エ門旧邸宅内にある老欅荘(ろうきょそう)です。老欅荘については、
<・・・松永安左エ門は60歳を境に茶を趣味とするようになり「耳庵(じあん)」と号しました。「耳庵」の名は「論語」の「五十にして天命を知り、六十にして耳に順(したが)う」から付けられたそうです。
 安左エ門は1946(昭和21)年12月にここに移ります。当初15坪ほどであった新居は、その後増築が重ねられ現在の姿になりました。老欅荘の名は、現在もそびえたつ大きなケヤキにちなんでなづけられたものです。
 老欅荘では政財界の重鎮を招いた茶室が開かれるとともに、時間が空くと小田原やその周辺の人々に招かれ茶会が開かれていた。・・・>と案内板に書かれています。
 安左エ門にお茶を勧めたのは小説家夢野久作の実父である杉山茂丸です。杉山が自動車一台分の茶道具を耳庵に送りつけたのが茶人としての始まりです。
 安左エ門は慶應義塾に学ぶも「生きた学問は、世間に出て身につけねばならぬ」と、卒業を待たずして社会に出ました。そんな安左エ門ですが、慶應義塾志木高等学校は安左エ門が寄贈した土地に建っています。
 ブログ「名著を読む」には、宗徧流の八世宗家を継承する山田寅次郎を描いた山田邦紀・坂本俊夫共著「明治の快男児トルコへ跳ぶ」の読書感想文も掲載しています。

電力の鬼―松永安左エ門自伝電力の鬼―松永安左エ門自伝
(2011/09)
松永 安左エ門

商品詳細を見る

テーマ : ビジネス・起業・経営に役立つ本 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 電力の鬼 松永安左エ門自伝

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【松永安左エ門「電力の】

 現在の電力会社は地域独占企業である。株式会社である電力会社がなぜ独占禁止法に違反しないのかと常々