岡倉天心「東洋の理想」を読む

東京藝術大学内の岡倉天心坐像 1868年の明治維新によって日本は本格的に西洋の文化・文明の吸収に邁進した。それまでの攘夷思想とは一体何であったのか。まして政府の一翼を荷う長州藩は攘夷運動の急先鋒ではなかったのか。薩摩藩も似たようなものであった。
 一旦振り子が右に振れると猫も杓子も右に振れる。日本人にはそんな気質があるのか。明治政府は学制を整え、大学を作り、さかんに西洋の学問を輸入しようとした。西洋人を新設された東京大学に御雇(おやとい)外国人教師として高額な報酬で招聘した。
 御雇外国人教師の1人にアメリカ人のフェノロサがいた。フェノロサは哲学の教師であったが、日本の美術品に興味をもち、日本美術を研究した。フェノロサが美術研究のために京都・奈良などの古都に行ったとき、通訳をしたのが東京大学での教え子であった岡倉天心であった。
 岡倉天心は横浜で生まれ、幼いときから英語を学んだ。18歳で東京大学を卒業した俊英である。卒業論文は「美術論」である。
 岡倉は大学を卒業すると文部省で勤務し、フェノロサの日本美術研究に協力する。1884年、岡倉とフェノロサがそれまで1000年以上秘仏とされていて人の目に触れさせなかった法隆寺の「夢殿観音」を検分したのは有名である。岡倉は明治23(1890)年、新設されて間もない東京美術学校(現在の東京芸術大学)の校長に就任する。

 「東洋の理想」は1903年、ロンドンで刊行されたものである。もちろん英語で書かれている。この本は当然、欧米の人たちに東洋とくに日本の文化の紹介を意図して書かれたものであるが、その裏では、無批判に西洋の文明を吸収している日本に対し警鐘する意図もあったように思える。
 「東洋の理想」は<アジアは一つ。>という文で始まっている。アジアが文化的・地理的に一つだというのでなく、インド・中国などアジアで発生した思想・宗教などが日本に一緒くたに流れ込み、それらが日本的なものに変化していったものだという意味である。 この本は過去から現在までをいくつかの時代に分けて、その時代ごとに文化・美術品のことに言及している。目次は次の通りである。

  序文
1 理想の範囲
2 日本の原始芸術
3 儒教──北方中国
4 老荘思想と道教──南方中国
5 仏教とインド芸術
6 飛鳥時代(550年─700年)
7 奈良時代(700年─800年)
8 平安時代(800年─900年)
9 藤原時代(900年─1200年)
10 鎌倉時代(1200年─1400年)
11 足利時代(1400年─1600年)
12 豊臣および初期徳川時代(1600年─1700年)
13 後期徳川時代(1700年─1850年)
14 明治時代(1850年─現在)
15 展望

 中国の思想(とくに儒教)とインドの仏教がいかに日本文化の基礎になっているかをまず考究している。そして、その基礎の上に日本独自の文化が作られそれに伴なって美術品が制作されてきたことに論が及ぶ。岡倉の論理展開は見事である。
 「東洋の理想」をつらぬく主題はタイトルが示すように理想である。日本芸術の基礎は理想であると言い切っている。この理想の前からすると浮世絵も通俗の域をでないと岡倉は力説する。

<かれらの唯一の表現であった浮世絵は、色彩と描画においては熟練の域に達したが、日本芸術の基礎である理想性を欠いている。歌麿、俊満、清信、春信、清長、豊国、北斎、などの、活気と変通に富むあの魅力的な色刷の木版画は、奈良時代以来連綿としてその進化をつづけてきている日本芸術の発展の主幹の経路からは外れているものである。印籠(いんろう)、根附(ねつけ)、刀の鍔(つば)、およびこの時代のたのしい漆器(しっき)類も、おもちゃであって、そういうものとして、そこにのみおよそ真の芸術が存在するところの、国民的熱誠の具現ではけっしてなかった。偉大な芸術とは、その前でわれわれが死にたいと願うところのものである。>(講談社学術文庫『東洋の理想』)

 岡倉は日本芸術の底に流れる理想を熱くかたる。岡倉にかかっては北斎もかたなしである。岡倉は日本の伝統ということをことのほか重要視する。
 日本とは何か、そして日本美術の理想とは何かを考える上で「東洋の理想」は最高の書である。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


東京藝術大学内の高村光雲像 写真上は、東京藝術大学内の岡倉天心坐像です。威厳のある坐像です。
 写真下は、東京藝術大学内の高村光雲像です。高村は、上野公園の西郷隆盛像や皇居前広場の楠木正成像などを制作しました。高村光太郎は息子です。

東洋の理想 (講談社学術文庫)東洋の理想 (講談社学術文庫)
(1986/02)
岡倉 天心
商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 東洋の理想

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)