猪木正道「評伝吉田茂 (三) 雌伏の巻」を読む

東京北の丸公園に建っている吉田茂像 政治家の資質で最も大事なものは何か。私はそれは勇気だと思う。自分の信念に忠実に死をも怖れずに、一流の政治家は行動する。この意味では、原敬も浜口雄幸も一流の政治家である。逆の意味で、近衛文麿と広田弘毅は最低の政治家である。この二人はなるべくしてA級戦犯になったのである(近衛は罰せられる前に自殺してしまったが)。
 私は城山三郎の「落日燃ゆ」を読んで幻滅したことを覚えている。城山のこの小説の主人公の広田弘毅を見る目が余りにも軽薄のように思えたからである。広田が本当に「落日燃ゆ」のような振る舞いをしたならば、なぜA級戦犯になったのであろうか。GHQの目はそれこそ節穴だったのか。
 昭和に入ってから太平洋戦争が終結するまで、日本の政府は軍部の傀儡になっていたが、軍部だけが悪いのではなく、その軍部に媚びへつらう政治家たちがいたことを決して忘れてはいけない。犬養毅や鳩山一郎はときとして美化されることがあるが、この二人がどれだけ軍部と共謀して、政治を攪乱したかわからないほどだ。犬養が5・15事件で軍人将校に殺されたのは皮肉としか言いようがない。ロンドン軍縮会議で、日本政府が海軍の軍備力の縮小を決断したときに、統帥権干犯なるもので、政府を責めたのは当時野党の政治家であった鳩山一郎であった。この統帥権干犯を錦の御旗にして、軍部がやりたいことをして、日本が亡びたのである。鳩山一郎は党利党略のために国を潰した政治家であった。この男がA級戦犯にならなかったのは不思議だ。

 猪木正道著「評伝吉田茂③雌伏の巻」は、吉田茂が昭和11年に駐英大使になったときから、終戦直後、外務大臣になり、新憲法ができるまでを扱っている。昭和11年2月に2・26事件が起こってから、太平洋戦争が終結するまでは、政府は完全に軍部に牛耳られた。そのような状態にあっても、吉田は、太平洋戦争が始まるまでは、いかに、アメリカ・イギリスとの戦争を避けるかに苦心した。
 軍部そして軍部に操られていた政治家たちはアメリカを完全に甘く見ていた。軍部は満州を根城にして、中国全土を侵略し始めた。中国ばかりでなく、仏印インドシナ(今のベトナム)まで進駐した。これに対して、アメリカ・イギリスは日本を徹底的に非難した。吉田はイギリスに対して弁明を試みた。
 日本政府はナチスドイツとイタリアとの三国同盟を急いだ。ナチスドイツと組めばアメリカは怖れをなして、日本に戦争を仕掛けないと日本政府は高をくくったのである。
 しかし、日本政府の思惑はすべてはずれ、日本はアメリカとの戦争に突入した。戦争直前のアメリカからの和平案すなわちハル・ノートはとうてい日本政府は飲めなかった。
 日本は戦争を始めたが、戦争回避の道はいくつもあった。昭和天皇が戦争をしたくなかったからだ。何とか戦争を回避しようとしたが、広田弘毅・近衛文麿のような軍部の操り人形の首相たちが、軍部を恐れて、戦争回避のことを天皇に進言できなかったのである。勇気を奮って、天皇に進言していれば戦争は起こらなかったかもしれない。

国会議事堂 近衛大政翼賛会内閣が退陣したあと、大命は東条英機に降下された。昭和天皇は軍部に睨みのきく東条を首相にすることによって、戦争を回避しようとしたのであるが、東条は見事に期待を裏切った。
 戦争が始まる前から、吉田は浪人になっていたが、戦争が始まっても、吉田は和平の道を探るために暗躍した。その行動が軍部に嫌われ、吉田は憲兵に捕まり、監獄送りとなった。しかし、これが戦後、大いに幸いした。吉田は、和平に尽くしたという理由で、アメリカから信用され、たくさんの政治家が公職追放になる中、吉田は政府の中心人物になっていく。
 戦後、日本がアメリカを後見人として、急速に経済が発展し、豊かになったのは、吉田とアメリカとの信頼関係があったのは間違いないことである。もし、吉田がいなかったらと思うと、私はぞっとする。
 戦争直後の東久邇内閣で、吉田は外務大臣になった。吉田はまずマッカサーと信頼関係を結び、マッカサーと昭和天皇の会見も仲介した。マッカサーは昭和天皇の人格にいたく敬服した。かくして、日本は吉田茂と昭和天皇とアメリカとの信頼関係で、復興の道を歩むことになる。

 私は「評伝吉田茂③雌伏の巻」を読んで、日本が太平洋戦争終結まで、世界から無茶苦茶に嫌われていたことを認識した。時の政府はそれに気が付かなかった。それに一番気が付いていたのはやはり吉田茂であった。
 世界中を敵に回すことがいかに酷い結果を生むかを、戦争が終わって70年近くたつが、私たちは決して忘れてはいけないと痛切に私は思った。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


評伝吉田茂〈3〉雌伏の巻 (ちくま学芸文庫)評伝吉田茂〈3〉雌伏の巻 (ちくま学芸文庫)
(1995/02)
猪木 正道

商品詳細を見る

名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

<ゆかりの地を訪ねて>

 写真上は、東京北の丸公園に建っている吉田茂像です。写真下は国会議事堂です。占領下の日本の政治の舵取りを行っていました。ついでながら、ジャーナリストの田原聡一朗は吉田茂について「弱者の恫喝」によって、アメリカからの援助を引き出し日本を復興させたと述べていました。猪木正道の意見はどうのようなものなのか次回が楽しみです。

島崎藤村旧宅 前回のブログで大磯の町について書きましたが、今回も大磯の町について少し書き加えます。写真左は、詩集「若菜集」、小説「春」「破戒」「夜明け前」などの名作を残した島崎藤村の旧宅です。四季の移り変わりが楽しめ、温暖であることが大磯に移り住んだ理由であると案内書に書いてありました。貸家のために庭は広くありませんが、凝ったつくりの建物で気品がありました。
 陸軍大臣東条英機の示達により「戦陣訓」の文案作成にも参画しましたが、日本の敗色が色濃くなった昭和18(1943)年8月22日、大磯の自宅で脳溢血のために死去しました。最後の言葉は「涼しい風だね」でした。墓所は自宅から近い地福寺にあります。

新島襄終焉の地碑 写真左は、同志社大学創立者の新島襄終焉の地の石碑です。明治22(1889)年11月、群馬県の前橋で同志社大学設立運動中に倒れ、その年の暮れに大磯の百足屋の別館愛松園に移り、静養しましたが、翌年1月に生涯を閉じました。石碑は、新島襄の門下生である徳富蘇峰の筆によるものです。新島襄は当時の政財界に同志社設立のための理解者、協力者を募っていました。その縁で早稲田大学創立者の大隈重信と親交を深め、現在でも同志社大学と早稲田大学は学生交流があります。

DNタワー21(旧第一生命館) 写真左は、桜田門から写したDNタワー21(旧第一生命館)です。案内板には次のように記されています。
<・・・技術的には、我が国最初の潜函(せんかん)工法で地下4階まで掘り下げられ、都市防空の上でも十分爆撃に耐える建築と言われた。戦争中は屋上に高射砲陣地が築かれ、戦後は連合国総司令部(GHQ)がおかれ、マッカーサー総司令官の執務室が残されるなど、日本の昭和史を彩る建築とも言える。>
 設計者は、渡辺仁・松木興作で建築年は昭和13(1938)年です。
 余談ですが、第一生命創業者の矢野恒太(つねた)は、日本を代表する実業家です。りそな銀行の前身の第一相互貯蓄銀行の設立、明治安田生命保険の前身である共済生命保険の設立に参画、東急東横線・目蒲線の前身である東京横浜電鉄・目黒蒲田線の社長を歴任しました。
 また、現在でも多くの人に読まれ重宝されている日本国勢図会は矢野恒太によって発案され発行しました。矢野は統計学を重視しており、もし、矢野に戦争について意見を聞いていれば統計に基づいて絶対に反対したと思います。実業界で世界を相手にしている人に、戦争を行うことに賛成していた人などは皆無だったのです。

<数学道場・作文道場からのお知らせ>

作文添削指導 4回10,500円 送料無料

 社会で成功する法則はありませんが、失敗する法則はあります。人と上手に交わることこそチャンスに巡り会うことが出来ます。成功の鍵はコミュニケーション力であり、伝える言葉であり、相手の意見に耳を傾けることです。コミュニケーションとは要領よく立ち居振る舞いすることとは全く違います。話す言葉で相手はあなたの力量をはかり判断します。
 資格試験を修得すればそれだけで事が進むということはありません。資格試験を賢く用いるためにはソフトスキルが必要です。ソフトスキルとは、コミュニケーション力、語学力などを指します。
 ソフトスキルを鍛えるためには、文章を書くことが必要です。文章が書けない人が人前で論理的に話すことはできません。文章を書く上での正しい形を覚えるにはやはりいい文章を読んでみることです。いい文章をたくさん読むと自然にいい文章の形が頭に残ります。
 古典といわれる「名作」ほど私たちにいい文章を提供してくれるものはありません。「名作」をじっくりと読み、そしてそれの読後感を書くことで、読解力、表現力、思考力が身に付いてきます。書くことにより、話すことばが洗練され大きく変化していることに実感することになります。


名作を読むiOSアプリ名作を読むiOSアプリ
 日本文学・世界文学の中からたいへん有名な名作の感想文を載せました。まず、感想文を読んでから、名作そのものを読むことをおすすめします。名作というのは長きに渡って読む継がれたもので、人類の財産といってもよいものです。名作を読むと教養が身に付くだけでなく、心を豊かにしてくれます。名作は未来永劫光り輝き続けます。この世に生をうけて、名作を読まないのは寂しいことです。
 「名作を読む」は今回が第一弾ですが、これからも継続していきます。

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)