猪木正道「評伝吉田茂 (四) 山顚(さんてん)の巻」を読む

東京北の丸公園に建っている吉田茂像 旧憲法のもとでは、総理大臣は国会議員である必要はなかった。元老などが推薦した人を天皇が任命するのである。そのため、元老が退いてからは、総理大臣は軍人・官僚・政党人などがなった。
 吉田茂が初めて総理大臣になったのは、昭和21年5月であった。このとき、吉田は国会議員ではなかった。吉田が総理大臣になったのは鳩山一郎の強力な推薦があったからである。鳩山は自由党の総裁で、本来なら鳩山が総理大臣になるところであったが、鳩山が公職追放になったので、吉田にお鉢が回った格好になった。
 新憲法が制定され、総理大臣は国会議員でなければならなくなった。自由党総裁である吉田も総選挙に出て、衆議院議員になる必要に迫られた。吉田は選挙区をどこにしようかと迷った末、実父竹内綱の故郷の高知県から出馬することに決めた。吉田は、意外にも演説が苦手であったが、演説をするために選挙区を回った。演説をするとき、吉田は外套(がいとう)を着たままであった。そのとき、聴衆の一人が「外套を脱げ!」と怒鳴った。その言葉に対して、吉田は「これが本当の街頭(がいとう)演説です」と言ったそうである。
 歴代の総理大臣の中で、吉田ほどユーモア精神を持った人間はいない。単なる外交官である吉田が総理大臣となって、ワンマン宰相といわれるほどに、自由奔放に辣腕を振るったのは、もちろん吉田の個性がなせることであったが、ユーモア精神も大きく寄与していた。ユーモアのある人間は何となく憎めないのである。
 吉田は89歳まで長生きした。晩年、<長生きをするために、何を食べてきたのですか?>という質問に対して、<人を食ってきた>と答えている。私はこの言葉が吉田の全人生を象徴しているように思えてならない。吉田はまさに人を食って生きてきたのである。

 猪木正道の「評伝吉田茂④山顚の巻」は、吉田が初めて総理大臣に就任してから、昭和26年9月の講和条約の調印までを扱っている。この巻は「評伝吉田茂」の最終巻である。
 私はこの巻を読んで、日本は吉田茂という稀代の総理大臣を戴いて、本当に幸福だったとつくづく思った。戦後の混沌としたどさくさの状況で、吉田以外の誰が総理大臣になっても、日本は早期に復興することはできなかったであろう。
 戦後第一回の総選挙で、第一党は社会党になった。といっても、過半数に満たなかったので、社会党を首班とする連立内閣が成立した。総理大臣は社会党委員長の片山哲である。私はこの片山内閣についての記述を読んで、奇しくも、先の平成の民主党政権との大いなる類似性を感じて、興味深かった。やはり歴史は繰り返すようである。民主党も半ば社会党みたいなものである。これら二つの内閣は、国民に対して、耳に心地よい約束をしたが、何もできなかった。党利党略に走り、国民の生活はほっといて、内部闘争に明け暮れ、最後は、国民に見放された。第二回の総選挙で社会党は惨敗し、平成の民主党も総選挙で大がつくほど惨敗した。逆に、吉田率いる自由党は大勝利し、昭和22年10月に吉田第二次内閣が誕生した。
 吉田はそれこそ数え切れないくらいの政策を実行したが、最も力を入れたのは、日本の独立すなわち国家主権の回復であった。
 昭和20年8月15日に日本が連合国に降伏してから、昭和27年4月28日の国家主権の回復まで、日本は連合軍に占領された。連合軍といっても、実体はアメリカ軍である。日本は連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の管理下に置かれたのである。GHQの最高司令官がマッカーサー元帥である。GHQの本来の役目はポツダム宣言の執行であるが、実際には、日本の政治・経済を含めたほとんどすべてに口を出した。何をするにも、日本の政府には裁量権はなく、最後にGHQの承認を必要とした。新憲法の制定にしても、日本側が提出した憲法案にGHQはノーを出し続け、結局は占領軍が意図した現行憲法になった。吉田は一日も早く独立することを考え、あらゆる手を打って行動した。
 首相であった吉田は、マッカーサーと個人的な関係を作り、日本の主張を通してもらった。マッカーサーと個人的な関係を構築するにあたって、吉田のユーモア精神が非常に役立った。吉田は民間人の白洲次郎をアメリカとの交渉役に抜擢するなど、手を変え品を変えてアメリカを説得し、ついに、昭和26年9月、サンフランシスコで講和条約に調印し、翌年の4月28日に日本は独立した。

 「評伝吉田茂」全巻を通して深く感じたことは、歴史を動かすのは組織ではなく、結局は一人の人間だということである。
 著者猪木正道は戦争と革命が独裁体制を生むことを研究した。ロシアでは革命が起こりスターリンの独裁を生み、ドイツでは戦争でヒトラーの独裁を生み、日本では戦争で軍部独裁を生んだ。
 戦後まもなく、日本も革命状態になったが、革命は起きなかった。吉田が必死にくいとめたからである。吉田は、ワンマン・独裁者と揶揄されながらも、独裁体制は作らなかった。吉田総理以後、日本は民主国家になっている。
 吉田は健全な国家のシステムとはどのようなものであるかをよく知っていた大政治家であった。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


評伝吉田茂〈4〉山顛の巻 (ちくま学芸文庫)評伝吉田茂〈4〉山顛の巻 (ちくま学芸文庫)
(1995/02)
猪木 正道

商品詳細を見る

名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

<ゆかりの地を訪ねて>

 写真上は、東京北の丸公園に建っている吉田茂像です。写真下は国会議事堂です。

東京都町田市にある武相荘  写真上は、千代田区北の丸公園に建っている吉田茂像です。
 写真左は、東京都町田市に建っている本文中に出てくる白洲次郎邸と愛車の1916年型ペイジ Six-38 フリートウッド製5座席ツーリングカーです。
 案内板に次のように記されています。

< 戦後の新憲法制定に深く関わり、東北電力会長としても活躍された白洲次郎と、美術評論家・随筆家として読売文学賞二回受賞、町田市名誉市民第一号の白洲正子のご夫妻が、能ケ谷のこの地に農家を買い取り移住されたのは、昭和十七年(1942年)であった。
 寄せ棟造りで東側妻面兜造りの重厚な茅葺屋根の主屋とカキ、シラカシ、などを配した広い庭のたたずまいは、多摩地域の養蚕農業の面影をいまに伝える貴重な文化遺産である。整型四間取りの間取や材料・構造から見て十九世紀以降のもので、明治初期の建築と推定できる。養蚕農家として明治・大正・昭和と使われてきた「家・屋敷」が原型に近いかたちで今日に残されたのは、古い民族などに限りない価値を見出した、白洲ご夫妻の独特なライフ・スタイルの賜であろう。
 冠せられた「武相荘(ぶあいそう)」という愛称も、古い農家に具わる”静謐な美”に寄せるご夫妻の、慎み深い敬称と読みとれる。>

 白洲次郎のことは、ドラマ化されテレビで放映されたのでご存知な人も多いと思います。終戦の混乱時に日本を占領していたGHQ要人をして「従順ならざる唯一の日本人」と言わしめたり、昭和天皇から連合国軍最高司令官であるダグラス・マッカーサーにクリスマスプレゼントを届けたときに「その辺にでも置いてくれ」とプレゼントが軽く扱われたのに激怒して「仮にも天皇陛下からの贈り物をその辺に置けとは何事か」と怒鳴りつけ、マッカーサーを慌てさせたなどエピソードにことを欠かない人でありました。ドラマでは「日本のプリンシパル」という言葉が盛んに使われていましたが、GHQからも日本でも敵の多い一人でした。
 白洲次郎は、1948年に商工省に設立された貿易庁の初代長官に就任し、汚職根絶などに辣腕を振るい、通商産業省(現経済産業省)を設立しました。


元帥山本五十六墓所 写真左には、東京多磨霊園に眠る元帥海軍大将山本五十六墓所です。太平洋戦争勃発時の連合艦隊総司令長官です。太平洋戦争のさなかに戦死しました。墓所は、7番特別区に埋葬され、右には東郷平八郎元帥の墓、左には古賀大将の墓が並び、墓石の文字は海軍大臣、内閣総理大臣を歴任した米内光正が揮毫しました。

<数学道場・作文道場からのお知らせ>

作文添削指導 4回10,500円 送料無料

 社会で成功する法則はありませんが、失敗する法則はあります。人と上手に交わることこそチャンスに巡り会うことが出来ます。成功の鍵はコミュニケーション力であり、伝える言葉であり、相手の意見に耳を傾けることです。コミュニケーションとは要領よく立ち居振る舞いすることとは全く違います。話す言葉で相手はあなたの力量をはかり判断します。
 資格試験を修得すればそれだけで事が進むということはありません。資格試験を賢く用いるためにはソフトスキルが必要です。ソフトスキルとは、コミュニケーション力、語学力などを指します。
 ソフトスキルを鍛えるためには、文章を書くことが必要です。文章が書けない人が人前で論理的に話すことはできません。文章を書く上での正しい形を覚えるにはやはりいい文章を読んでみることです。いい文章をたくさん読むと自然にいい文章の形が頭に残ります。
 古典といわれる「名作」ほど私たちにいい文章を提供してくれるものはありません。「名作」をじっくりと読み、そしてそれの読後感を書くことで、読解力、表現力、思考力が身に付いてきます。書くことにより、話すことばが洗練され大きく変化していることに実感することになります。


名作を読むiOSアプリ名作を読むiOSアプリ
 日本文学・世界文学の中からたいへん有名な名作の感想文を載せました。まず、感想文を読んでから、名作そのものを読むことをおすすめします。名作というのは長きに渡って読む継がれたもので、人類の財産といってもよいものです。名作を読むと教養が身に付くだけでなく、心を豊かにしてくれます。名作は未来永劫光り輝き続けます。この世に生をうけて、名作を読まないのは寂しいことです。
 「名作を読む」は今回が第一弾ですが、これからも継続していきます。


テーマ : 読書感想 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 評伝吉田茂

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)