クララ・ホイットニー「勝海舟の嫁 クララの明治日記 下」を読む

東京都墨田区アサヒビール本社前に建っている勝海舟像 考えてみれば、日本が1854年に開国してから、1889年に明治憲法を発布するまでわずか35年しかたっていない。明治維新から数えればほんの22年である。この短い期間に、日本は野蛮人の国から西洋と対等に付き合える国になったのである。
 封建社会から四民平等の近代社会に向かって歩み始めてからわずか22年で憲法ができたことを、当時の中国と較べると、日本の急速な進歩がよくわかる。日本よりも早く西洋と交流したにもかかわらず、中国が封建社会から近代社会に移行したのは20世紀になってからである。憲法は制定されなかった。
 近代国家を目指した日本が急速に、国の形を西洋から認められる形へと変えた原動力はたくさん考えられるが、その一つは勝海舟のように、日本の国益を考えた上での西洋の国との付き合い方をよく認識していた人物がいたからである。
 もう一つは、西洋、特にアメリカから来日した宣教師たちの貢献であった。すなわち、キリスト教が日本を近代国家に押し上げる大きな力になったのである。もし、日本人がキリスト教を受け入れなかったら、日本は近代国家にはならなかったろうと思われる。日本人はキリスト教を理解することによって、西洋の底に流れている思想並びに文化を肌で感じた。

 「勝海舟の嫁 クララの明治日記 下」は、1878(明治11)年7月19日から1880(明治13年)1月26日までの日記と、クララ一家がアメリカに帰りそして再来日した1882(明治15)年11月25日から1884(明治17)年11月12日までの日記と、さらに時間をおいた1887(明治20)年4月17日のみの日記が収められている。
 この日記が書かれた期間に、クララは両親を亡くし、そして、勝海舟の三男の梅太郎と結婚している。
 1887年4月17日の日記には、母親になったクララが梅太郎との間にできた男の赤ん坊を連れて母親が眠る青山墓地に墓参りをしたことが書かれている。4月17日はクララの最愛の母親の命日であった。
 クララは身近に起こったことのみを日記に書いた。政治的なことはほとんど書かれていないが、竹橋事件のことは書かれている。竹橋事件は明治11年24日に起こった。当時、永田町に住んでいたクララ一家は夜の11時頃、5発の銃声で目を覚ました。竹橋は永田町と目と鼻の先である。クララは恐怖の夜であったと記している。竹橋事件は、西南戦争に参加しても恩賞をもらえなかった近衛兵たちの反乱であった。クララの日記は歴史的資料として貴重である。

東京都銀座にある商法講習所発祥の石碑 日記全般に対していえることだが、勝海舟の一家に対して、クララは感謝と愛情を込めて記している。クララはよほど勝一家が気に入ったようである。だからこそ梅太郎と結婚したのであるが。
 実際、勝はクララ一家に対して、経済的にも至れり尽くせりの援助をしている。逆に、勝一家もクララ一家から多大なる恩恵を蒙った。クララとクララの母親は勝一家の人たちの先生で、英語やキリスト教を教えたし、何よりも勝一家のよき相談相手であった。勝一家とクララ一家は親戚以上の付き合いをしていたのである。
 勝一家の人たちのほとんどがクリスチャンになり、梅太郎は将来宣教師になるとまで言った。勝も洗礼は受けなかったがクリスチャンになる寸前であった。勝はキリスト教を深く理解していた。
 もともとクララの母親は宣教師で、日本にキリスト教を布教したくて、夫の日本行きに賛成したのである。クララ一家は日本人にキリスト教を教えたが、日本の文化・宗教を否定することなくそれらを受け入れた。

 明治時代、日本人のキリスト教徒たちも一生懸命日本にキリスト教を広めようと努力した。その代表的な人物である新島襄・内村鑑三もクララと話をしている。
 私はたいへん興味深くこの日記を読んだが、特に、印象深かったのは、勝海舟その人についての記述である。クララに言わせると勝はやさしく、紳士であった。
 勝海舟は幕末の偉人であり、幕末に何をしたかはよく知られているが、明治になって何をしたかはあまり知られていない。
 勝はつねに日本の未来を案じ、運命に翻弄されて貧しくなった幕臣たちの面倒をみた。明治政府が幕臣たちを要職に取り立てたのは勝の動きがあったからであろう。勝に面倒を見られ、政府の中心人物になった人は数知れない。

 とにかくこの日記を読んで、勝海舟という人間の大きさを再認識した。まだ、攘夷思想が残る日本で、勝は日本にいる西洋人を大事にした。それが結局は、日本を近代国家へと向かわせたのである。勝に青い目の孫がいても何ら不思議はない。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


勝海舟の嫁 クララの明治日記〈下〉 (中公文庫)勝海舟の嫁 クララの明治日記〈下〉 (中公文庫)
(1996/06)
クララ・A.N. ホイットニー

商品詳細を見る

名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る


<ゆかりの地を訪ねて>

 文中の写真上は、東京都墨田区アサヒビール本社前に建っている勝海舟の像です。写真下は、東京銀座松屋前に建っている一橋大学の前身である商法講習所発祥の石碑です。

勝・西郷の会見地 写真左は、東京都港区田町に建っている「勝・西郷の会見地」です。案内板にはつぎのように記されています。
<この敷地は、明治維新前夜慶應4年3月14日幕府の陸軍総裁勝海舟が江戸100万市民を悲惨な火から守るため、西郷隆盛と会見し江戸無血開城を取り決めた「勝・西郷会談」の行われた薩摩藩屋敷跡の由緒ある場所です。
 この蔵屋敷の裏はすぐ海に面した砂浜で当時、薩摩藩国元より船で送られて来る米などは、ここで陸揚げされました。
 現在は、鉄道も敷かれ(明治5年)更に埋め立てられて海までは遠くなりましたが、この付近は最後まで残った江戸時代の海岸線です。また人情噺で有名な「芝浜の革財布」はこの土地が舞台です。>

東京商法会議所発祥の石碑 写真左は、銀座一丁目にある東京商工会議所発祥地の石碑です。当時は写真の左側がお濠で、新橋横浜間の鉄道開通によってそれまでの江戸の街並みは変貌しました。現在ではお濠が埋め立てられて首都高速が走り、写真奥には新橋演舞場があり、少し前までこの土地は日産自動車の本社がありました。
 銀座松屋前の商法講習所は仮住まいだったため半年後には、この石碑の土地に引っ越してきました。クララの父親は商法講習所で教えるために初代文部大臣になる森有礼に請われて来日しました。しばらくはこの土地で生活をしていました。
 石碑には次のように記されています。
< 明治維新の国是をふまえて、欧米諸国の制度文物を採り入れ、時の産業界の指導者が相携えて、明治11年3月12日商工業発展のための総合的団体として東京商法会議所(東京商工会議所の前身)を創立し、その事務所を置いたのがこの地である。
 ここには明治24年以来、農商務省、次いで商工省が昭和18年まで所在し、明治、大正、昭和の3世代にわって、日本産業発展のための官民協力の場というべきところとなった。・・・>

旧近衛師団司令部庁舎 写真左は、東京北の丸公園に建っている旧近衛師団司令部庁舎です。現在は東京国立近代美術館工芸館になっています。竹橋事件によって、53名が銃殺刑に処され、日本軍の思想統一を図る軍人勅諭発布や、軍部部の秩序を維持する憲兵創設にきっかけになりました。
 旧近衛師団司令部庁舎は明治40(1910)年に建設されました。竹橋事件とは直接関係はありませんが、東京でも数が少なくなった明治時代の荘厳な建造物です。
 ブログ「名著を読む」には、竹橋事件をあつかった澤地久枝「火はわが胸中にありー忘れられた近衛兵士の叛乱 竹橋事件」の感想文を掲載しています。よろしかったらアクセスしてください。

<数学道場・作文道場からのお知らせ>

作文添削指導 4回10,500円 送料無料

 社会で成功する法則はありませんが、失敗する法則はあります。人と上手に交わることこそチャンスに巡り会うことが出来ます。成功の鍵はコミュニケーション力であり、伝える言葉であり、相手の意見に耳を傾けることです。コミュニケーションとは要領よく立ち居振る舞いすることとは全く違います。話す言葉で相手はあなたの力量をはかり判断します。
 資格試験を修得すればそれだけで事が進むということはありません。資格試験を賢く用いるためにはソフトスキルが必要です。ソフトスキルとは、コミュニケーション力、語学力などを指します。
 ソフトスキルを鍛えるためには、文章を書くことが必要です。文章が書けない人が人前で論理的に話すことはできません。文章を書く上での正しい形を覚えるにはやはりいい文章を読んでみることです。いい文章をたくさん読むと自然にいい文章の形が頭に残ります。
 古典といわれる「名作」ほど私たちにいい文章を提供してくれるものはありません。「名作」をじっくりと読み、そしてそれの読後感を書くことで、読解力、表現力、思考力が身に付いてきます。書くことにより、話すことばが洗練され大きく変化していることに実感することになります。


名作を読むiOSアプリ名作を読むiOSアプリ
 日本文学・世界文学の中からたいへん有名な名作の感想文を載せました。まず、感想文を読んでから、名作そのものを読むことをおすすめします。名作というのは長きに渡って読む継がれたもので、人類の財産といってもよいものです。名作を読むと教養が身に付くだけでなく、心を豊かにしてくれます。名作は未来永劫光り輝き続けます。この世に生をうけて、名作を読まないのは寂しいことです。
 「名作を読む」は今回が第一弾ですが、これからも継続していきます。



テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 勝海舟の嫁 クララの明治日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)