松方冬子「オランダ風説書 『鎖国』日本に語られた『世界』」を読む

築地の公園に建ってるシーボルト像 1853(嘉永6)年のペリー艦隊の突然の来航は日本にとって驚天動地の出来事であった。以来、幕府に対する信頼は揺らぎ、結局1868(慶応4)年に幕府は瓦解した。
 一般には、ペリー艦隊は何の前触れもなく、日本を訪れたようにいわれているが、実は、時の老中阿部正弘はペリー艦隊の来日を前もって知っていた。遡ること1年前の1852年のオランダ風説書に、アメリカの艦隊が大挙して近い将来、日本を訪れると書いてあったのである。阿部は英邁(えいまい)な老中であり、じたばたせずに、アメリカ艦隊を日本に入れない措置をとるより、アメリカ艦隊の要望を直に聞いてから対策を講じようと腹をくくった。
 江戸時代、日本は鎖国をしていたといわれているが、実際には、オランダ・清・朝鮮とは交易していた。幕府が鎖国令を出すまでの日本は、西洋の国と活発に貿易をしていた。オランダの他に、ポルトガル・スペイン・イギリスなどである。ところが、幕府がキリスト教を禁止するや、オランダ以外の国との交易はやめた。オランダにはキリスト教を一切持ち込まないという条件で貿易を許した。
 生活必需品などを貿易していたが、オランダの商人たちは貿易の他に重要な役割を担っていた。それは、海外の情報を幕府に提供するということである。その情報は文書化された。それはオランダ風説書と呼ばれた。

 松方冬子著「オランダ風説書」は、オランダ風説書の成り立ち・形態・内容についてわかりやすく書かれた歴史書である。国内のことだけに目を向けているとばかり思っていた幕府が、海外のことにも目を光らせていたことがわかって、私は幕府もなかなかやるなと思った。
 オランダの貿易は、最初はオランダ東インド会社が一手に引き受けていたが、後に、東インド会社が解散してからは、東インド政庁が取り仕切った。
 オランダ風説書は初めは、ポルトガル・イギリスなどキリスト教を日本に持ち込もうとする国の動向に関する情報であったが、時代が下るにつれてキリスト教の情報というよりも、政治・戦争などの一般の情報が多くなっていった。
 オランダ風説書の形態は2種類ある。1つは長崎に来航した商人から日本の通詞(つうじ)たちが直接聞きだし、それを日本語に翻訳して文書にする「通常の風説書」とバタフィア(現在のジャカルタ)の東インド会社ないし東インド政庁の本部でオランダ語で書かれたものを日本に持ってきて、それを日本語に翻訳した「別段風説書」である。江戸中期以降はほとんどが別段風説書の形態をとった。阿部正弘は別段風説書でアメリカの艦隊の情報を知ったのである。
 日本とオランダにとって、貿易は両国の利害が一致した。日本はキリスト教が入る心配もなく生活必需品を輸入できるし、おまけに海外の情報も得ることができた。対するオランダは日本の貿易を西洋の国としては独占できた。
 オランダ風説書には真実が記されているかといえばそれはあやしい。おそらく、オランダにとっても日本にとっても都合のよいように記された可能性がある。特に、17世紀から国力を増して、世界を股にかけ始めたイギリスを牽制するためにというより、イギリスと日本を絶対に交易させないために、かなりのうそが風説書に書かれたようである。フランスに対しても同様である。
 オランダはイギリスとフランスに徹底的に痛めつけられていた。オランダはイギリスとフランスが日本に近づくのを極度に恐れていた。ヨーロッパの弱小国に成り下がっていたオランダは日本との貿易は重要な生命線であった。
 18世紀後半から19世紀になると広範な情報が風説書に載せられた。アメリカの独立もフランス革命も幕府は知っていた。極め付きはアヘン戦争に関してだった。イギリスがアヘン戦争に勝利して、清を植民地化すると、次は日本だと、幕府は恐れおののいた。幕府は異国船打払令を廃止するなどして、西洋の国々を刺激しないようにした。
 ぺりー以後、日本は西洋の国々と国交を開いた。オランダとも正式に条約を結んだ。これをもってオランダ風説書の役割は終わった。

 西洋の情報はぺりー以後に日本に押し寄せたと思っていたが、ペリー以前にもかなり世界の情報はきていたことが、この本を読んでわかった。幕府が「世界」を見ていたからこそ、日本はまがりなりにも幕末・明治を通じて独立国家として生き延びることができたのであろう。
 江戸時代の日本では、蘭学もあり、かなり西洋の研究が進んでいた。風説書の存在といい、蘭学の存在といい、江戸時代を鎖国であったというのには無理があると、私には思える。

↓更新の励みになりますので、記事に共感する部分がありましたら応援クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


オランダ風説書―「鎖国」日本に語られた「世界」 (中公新書)オランダ風説書―「鎖国」日本に語られた「世界」 (中公新書)
(2010/03)
松方 冬子

商品詳細を見る

名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

<ゆかりの地を訪ねて>

築地にある慶應義塾の発祥地の碑  写真上は、東京都中央区築地の公園に建っているシーボルト像です。シーボルトの娘である楠本イネが、明治時代に築地で産科医院を開業しました。明治時代に入ると、新橋横浜間が鉄道で結ばれて、アメリカ公使館も麻布の善福寺から移転し、築地には現在の立教大学、明治学院大学、青山学院大学、工学院大学、女子学院などの前身の学校が創立されました。
 幕末には築地に中津藩邸があったので、福沢諭吉は慶應義塾(写真左)を開校しました。福沢諭吉は大坂にあった緒方洪庵の適塾ではオランダ語を習得しています。楠本イネは福沢諭吉の紹介で宮内省御用掛にもなりました。また、杉田玄白、中川淳庵とともに解体新書、オランダ語訳「ターヘル・アナトミア」を翻訳したひとりである前野良沢も中津藩医で蘭学者でした。解体新書の碑も慶應義塾発祥の碑と並んで建っています。ちなみに、福沢諭吉の墓所は善福寺です。
 シーボルトの案内板には次のように説明されています。
< フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトは、オランダの商館医員として文政六年(1823)七月、長崎に到着し、診療の傍ら長崎の鳴滝に塾を開くなどして活躍した。
 同九年正月、商館長と共に江戸へ向かい、三月四日、日本橋の長崎屋に止宿し、四月十二日出発するまでの間、江戸の蘭学者に面接指導し大きな影響を与えた。しかし、同十一年シーボルト事件が発生し、十二月に日本から追放された。後に安政六年(1859)幕府顧問として再来日したが、まもなく帰国しミュンヘンで没した。
 彼の江戸における指導は、江戸蘭学発展のために貢献するところが大きかった。この地が江戸蘭学発祥の地であり、且つ彼が長崎でもうけた娘いねが築地に産院を開業したこともあり、また明治初期から中期にかけてこの一帯に外国人居留地が設けられていたことから、ここに彼の胸像を建て、日本への理解と日蘭の橋渡し役としての功績に報いるものである。>

中央区室町に建っている長崎屋跡地の案内板  写真左は、東京都中央区室町に建っている長崎屋跡の案内板です。向かいには現在の三越の前身である越後屋があり、徒歩数分のところには日本橋魚河岸がありました。この界隈は、江戸一番の繁華街で、一日千両落ちる場所として、また、日本一地価の高い場所でした。
 長崎屋の案内板には次のように案内されています。
< 江戸時代、ここには長崎屋という薬種屋があり、長崎に駐在したオランダ商館長の江戸参府時における定宿でした。諸外国のうち、鎖国政策のため外国貿易を独占していたオランダは、幕府に謝意を表すために江戸へ参府し、将軍に謁見して献上品を贈りました。
 江戸参府は江戸前期から毎年行われており、商館長の他、通訳、医師などが長崎からにぎやかに行列して江戸に来ました。しかし、経費の問題もあり、江戸中期からは四年一回となっています。
 随行したオランダ人の中には、ケンペルやツンベルク、シーボルトなどの医師がいたため、蘭学に興味を持つ青木昆陽・杉田玄白・中川淳庵・桂川甫周・平賀源内をはじめとした日本人の蘭学者、医師などが訪問し、江戸における外国文化の交流の場として、あるいは、先進的な外国の知識を吸収する場として有名になりました。・・・>

 ブログ「名著を読む」には、幕府の奥医師である桂川甫周の娘である今泉みね「なごりの夢 蘭医桂川家に生まれて」の読書感想文を掲載しています。

<数学道場・作文道場からのお知らせ>

作文添削指導 4回10,500円 送料無料

 社会で成功する法則はありませんが、失敗する法則はあります。人と上手に交わることこそチャンスに巡り会うことが出来ます。成功の鍵はコミュニケーション力であり、伝える言葉であり、相手の意見に耳を傾けることです。コミュニケーションとは要領よく立ち居振る舞いすることとは全く違います。話す言葉で相手はあなたの力量をはかり判断します。
 資格試験を修得すればそれだけで事が進むということはありません。資格試験を賢く用いるためにはソフトスキルが必要です。ソフトスキルとは、コミュニケーション力、語学力などを指します。
 ソフトスキルを鍛えるためには、文章を書くことが必要です。文章が書けない人が人前で論理的に話すことはできません。文章を書く上での正しい形を覚えるにはやはりいい文章を読んでみることです。いい文章をたくさん読むと自然にいい文章の形が頭に残ります。
 古典といわれる「名作」ほど私たちにいい文章を提供してくれるものはありません。「名作」をじっくりと読み、そしてそれの読後感を書くことで、読解力、表現力、思考力が身に付いてきます。書くことにより、話すことばが洗練され大きく変化していることに実感することになります。


名作を読むiOSアプリ名作を読むiOSアプリ
 日本文学・世界文学の中からたいへん有名な名作の感想文を載せました。まず、感想文を読んでから、名作そのものを読むことをおすすめします。名作というのは長きに渡って読む継がれたもので、人類の財産といってもよいものです。名作を読むと教養が身に付くだけでなく、心を豊かにしてくれます。名作は未来永劫光り輝き続けます。この世に生をうけて、名作を読まないのは寂しいことです。
 「名作を読む」は今回が第一弾ですが、これからも継続していきます。



テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : オランダ風説書

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)