江藤淳「南洲残影(なんしゅうざんえい)」を読む

田原坂 1877年の西南戦争は哀しい戦争であった。なぜ哀しいのか。この戦争はやる前から勝敗がわかっていたからである。戦費・戦力において西郷隆盛率いる薩軍は官軍とは較べものにならないくらいに劣っていた。それでも薩軍は挙兵し、そして熊本へと向かった。それは滅亡への行軍であった。
 江藤淳の「南洲残影」は西郷隆盛への痛切なる鎮魂の書である。江藤は負けるとわかっていてもやらなければならない戦争があるといっている。日露戦争しかり太平洋戦争しかりである。西郷も負けるとわかっていても立ち上がらなければならなかったのである。西郷は自ら亡びることによって何かを訴えたかった。その何かを江藤は執拗に追い求めている。

 「南洲残影」の中で、西南戦争を通して、江藤は西郷への思いを綴っている。西郷が死へと赴く状況が哀しい調べでもって描かれている。私は何度も何度も胸を打たれた。はたして西郷は何のために死のうとしていたのかと私自身も何度も心の中で問うた。
 この書を哀愁に満ちたものにしている1つの理由はいくつかの音楽が合わせもって語られているからである。その音楽とは、勝海舟が作ったといわれる薩摩琵琶の伴奏で歌われる「城山」、落合直文作詞「孝女白菊の歌」、外山正一作詞「抜刀隊」、そして西郷隆盛を偲んだ童唄などである。これらの音楽が基調をなして薩軍の姿を哀しく髣髴とさせる。
 薩軍が鹿児島を出立するのが2月15日である。そのときの軍資金が25万円であった。対する官軍のそれは4000万円近くあった。兵士の数、軍艦の数などを考慮すると戦力はまさに段違いであった。
 「南洲残影」は『西南記伝』に則って、薩軍の挙兵から、田原坂での敗退、それからの鹿児島までの退却、そして城山での西郷の死を時系列にたどっている。
 薩軍が鹿児島にもどったときには当初の兵士3万人が300人近くまで減っていた。9月24日未明、官軍は薩軍のこもる城山に一斉攻撃をしかける。嵐のように弾が飛んできた。西郷は流れ弾が股と腹に当たったとき自らの最後を悟った。
 西郷はその場に跪坐(きざ)し、そして東天を拝した。西郷は「賊」として追討を命じた天子に、最後の衷情(ちゅうじょう)を尽くしたのである。その後、別府晋介の一刀のもと西郷の首は落ちた。

 西郷は挙兵する前に<今般政府へ尋問の廉有之(これあり)>で始まる照会書を熊本鎮台に送っている。西郷の挙兵の表向きの理由は政府に対して諫言することであった。薩軍は九州を横断し、小倉に向かいそして東京へと向かおうとした。官軍より少ない戦力で挙兵に踏み切ったのにはそれなりの勝算があったのかもしれない。西郷が立つということで、全国の不平士族が薩軍に連座することを期待したのか。
 西郷とともに江戸城無血開城を成し遂げた勝海舟は、西郷が挙兵するや旧幕臣たちに西郷に与(くみ)するなと動きまわった。勝はこの戦争の無謀さを知っていたのである。だが、勝は後年、「城山」で西郷を偲んでいる。西郷の気持は勝だけが知っていたのかもしれない。

 西郷は自ら亡ぶことで、行く末、日本も亡ぶということを暗示していると江藤は見る。実際それから68年後日本は亡びた。
 西南戦争におけるある少女を歌った「孝女白菊の歌」が愛誦された明治20・30年代の日本人は「西郷とともに何ものか大きなものが亡びた」ことを知っていた。
 江藤淳は西郷とともに亡びたものの存在を私たち日本人に知らしめようとして「南洲残影」を書いたのかもしれない。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


大久保利通哀悼碑 写真上は、西南戦争の激戦地の田原坂です。
 写真下は、東京都千代田区紀尾井町にある大久保利通哀悼碑です。大久保利通(文政13(1830)年 - 明治11(1878)年)は西南戦争のもう一方の主役です。戦争時は京都にて政府軍を指揮しました。この地で、明治11年に石川県士族島田一郎らによって暗殺(紀尾井坂の変)されました。享年数え年49歳。

南洲残影 (文春文庫)南洲残影 (文春文庫)
(2001/03)
江藤 淳
商品詳細を見る

テーマ : 文明・文化&思想 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 南洲残影

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)