佐藤雅美『大君の通貨 幕末の「円ドル」戦争』を読む

銀座発祥の地 銀座役所趾 幕末を論じるとき、守旧派の幕府対革新的な薩摩・長州藩という構図をとることが多い。しかし、実際には幕府の方が薩長よりはるかに革新的であった。幕府は朝廷の勅許をとらずに開国に動いた。この開国があったからこそ、日本は近代国家へと進むことになったのである。対する薩長、特に長州藩は開国には猛反対で、尊王攘夷の急先鋒であった。
 ところが薩長が天下を取るや、攘夷などどこ吹く風で、国を諸外国に対してどしどし開いていった。この方針の急回転はなぜ起こったのであろうか。小説やテレビドラマに出てくるのは英雄たちの動きばかりである。
 歴史は一部の英雄たちによって動くと思うと歴史の本質はまったくわからなくなる。なぜ幕府は潰れたのか。西郷隆盛や坂本龍馬たちだけを見ていてはわからない。おそらく、幕藩体制そのものがもはや日本という国を維持する力を失っていたのであろう。その第一の要因は経済的疲弊であろう。幕府も諸藩も借金漬けであった。幕府は貨幣を改鋳することでかろうじて財政を維持していた。
 なぜ戦争をするのか。好き好んで戦争をする国などあろうはずがない。それにはかならず経済的利害が絡んでいる。経済的利害を平和的に調整できないときに戦争は起こるのである。これは昔もそして現在も変わらない。経済的利害とは人間が存在する限りつねに存在するのであるから、世界はいつも戦争の危機に直面しているのである。これこそ、歴史が教えることである。
 ハリスといえば、日本史上たいへん有名である。アメリカでは歴史上の英雄の一人に数えられている。日米修好通商条約はアメリカが初めて外国と交わした本格的な条約である。幕府の人間が条約批准のためにアメリカに行ったとき、アメリカ人から盛大な歓迎を受けたことからもアメリカの喜びぶりがわかる。
 この日米修好通商条約を締結するにおいて、アメリカの全権は総領事のハリスであった。全権といっても交渉したアメリカ側の人間はハリス一人である。ハリスはたった一人で条約を勝ち取ったのである。当時、イギリスにしてもフランスにしても武力を用いて清と条約を交わしている。
 ハリスは唐人お吉とのラブロマンスで知られているが、日本人のほとんどはハリスに対して好印象を持っているはずだ。実際のハリスは、本当に歴史上の英雄であったのだろうか。

 佐藤雅美の『大君の通貨 幕末の「円ドル」戦争』は幕末を扱っている歴史小説であるが、一風変わっている。歴史小説というよりも経済小説といった方がよいかもしれない。薩長の英雄たちは登場しない。とにかく感銘したのは、今まで謎に思っていたことが、解明できたことである。それは、なぜ幕末に大量の小判が海外に流れたかである。この本は明確にその謎を解いている。
 主人公は幕府要人とハリスそしてイギリスのオールコックである。そして物語の中心をなすのは幕府とアメリカ・イギリスを中心とする西洋諸国との通貨戦争である。
 なぜ通貨戦争が起こったのか。それは日本において金と銀の交換比率が1:5であるのに対し、世界では1:15であったからだ。世界に較べて、日本では、銀でもって金を三分の一の値段で買うことができたのである。この仕組みを知っていると、難なく莫大な利益を得る錬金術が可能であった。
 たとえば、銀5グラムを日本で金1グラムに変えて、それを上海にもっていけば、銀15グラムになるのである。利益は銀10グラムである。これを繰り返せばいくらでも大金を手にすることができる。実際には当時の日本では、金でできた小判1両は銀でできた1分銀4個と等価であった。そして、為替は1ドル1分銀3個であった。これは、銀の含有量が同じだからだ。この仕組でいくと、4ドルは1分銀12個と等価であり、1分銀12個は小判3両と等価である。すなわち、4ドルを小判3両に両替し、上海にもっていくと、小判3両は12ドルに化けるのである。
 ハリスはこの仕組を知り、蓄財に励んだ。総領事としての特権を生かし、せっせとドルを小判に変えて、それを上海にもっていき莫大な利益を得たのである。ハリスだけではない。この仕組を知った外国人は我先にドルを小判に変えた。かくて小判は大量に海外に流れたのである。
 幕府もただ手をこまねいて見ていたのではない。1ドルを1分銀にしようとしたが、オールコックなどの反対に会い、なかなかうまくいかなかった。幕府と西洋は武力は使わないが、壮絶な戦いをしたのである。

 幕末以降、日本の貨幣とドルはつねに戦っているのだ。

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ



<名所・旧跡をめぐって>

 写真上は、東京銀座に建っている銀座発祥の地 銀座役所趾の石碑です。石碑には次のように彫られています。
< 慶長十七(1612)年徳川幕府此の地に銀貨幣鋳造の銀座役所を設置す当時町名を新両替町と称せしも通称を銀座町と呼称せられ明治二年遂に銀座を町名とする事に公示する>

横浜掃部山に建っている井伊直弼像 写真左は、横浜掃部山に建っている井伊直弼像です。「井伊掃部頭ゆかりの地」の案内板には次のように記されています。
 井伊は、安政の大獄の影響で、多くの日本人はよい評価を与えていませんが、こと横浜に限っては大恩人です。明治時代は、薩長閥が歴然とした力を持っていた時代です。銅像建立後、数回に渡って、井伊に恨みのあるものが銅像の首を跳ねたということです。安政の大獄で、長州人の吉田松陰を処刑したのは、井伊の一番の不覚であったかもしれません。
< 明治四二年七月、横浜開港五〇年記念に際して、旧彦根藩有志が藩主の開港功績の顕彰のため、大老井伊掃部頭直弼の銅像を戸部の丘に建立し、その地を掃部山と名付けて記念しました。銅像の左側にある水飲み施設はその時に子爵井伊安より寄付されたものです。
 当時の銅像は、藤田文蔵、岡崎雪声(せっせい)によって製作され、その姿は「正四位上左近衛権中将」の正装で、高さは約三・六メートルを測りました。しかし、当初の銅像は、昭和一八年に金属回収によって撤去され,現銅像は,昭和二九年,横浜市の依頼により慶寺丹長(けいじたんちょう)が製作したもので、その重量は約四トンあります。
 なお,台石は妻木頼黄(つまきよりなか)の設計で、高さは約六・七メートルあり、創建当時のものが残っています。>
 戦後、井伊の評価も変わり、横浜市自ら、恩人に対して報いるために、井伊の銅像を建立しました。

横浜 日米和親条約締結地の石碑 写真左は、神奈川県庁の隣にある公園に建っている日米和親条約締結の地の石碑です。案内板には次のように記されています。
< 安政元年(1854)年2月から3月にかけて、日米代表が横浜村の海岸で会見、和親条約を結んだ。これは、神奈川条約ともいわれ、日本の開国を促し、本市の誕生の遠因ともなった。歴史的舞台となった応接所のあとは、神奈川県庁の付近である。>


横浜本覚寺にある岩瀬忠震の石碑 写真左は、幕末アメリカ領事館になった横浜本覚寺に建っている幕府官吏岩瀬忠震の石碑です。岩瀬は井伊直弼が断行した安政の大獄でその任を解かれ失脚しました。本覚寺の案内には次のように記されています。
< 本覚寺は,臨済宗の開祖栄西によって、鎌倉時代に草創されたと伝えられる。もとは臨済宗に属していたが、戦国期の権現山の合戦で荒廃し、天文元年(1532)に陽廣和尚が再興し、曹洞宗に改めた。
 開港当時、ハリスは自ら見分け、渡船場に近く、丘陵上にあり、横浜を眼下に望み、さらには湾内を見通すことができる本覚寺をアメリカ領事館に決めたという。
 領事館時代に白ペンキを塗られた山門は、この地域に残る唯一の江戸時代に遡る建築である。>


麻布 アメリカ公使館があった善福寺 写真左は、東京麻布善福寺に建っている最初のアメリカ公使宿館跡の石碑です。案内板には次のように記されています。
< 安政五年(1858)六月に締結された日米修好通商条約により、それまで下田にいた総領事ハリスを公使に昇格させ、安政六年(1859)善福寺をアメリカ公使館として八月に赴任します。当時の宿館としては,奥書院や客殿の一部を使用していましたが、文久三年(1863)の水戸浪士の焼き討ちで書院などを消失したため、本堂、開山堂なども使用しました。明治八年(1875)に築地の外国居留地へ移転します。当時の建物は戦災で焼失しています。
 寺には「亜米利加ミニストル旅宿記」(港区指定文化財)が残されており,外国公使館には使用された寺の実態がよく伝えられています。>


横浜ヘボン博士邸跡の石碑 写真左は、旧横浜居留地にあったヘボン博士邸跡の石碑です。ヘボン博士はこの地で塾を開き、塾出身者には、総理大臣、大蔵大臣を歴任した高橋是清をはじめ明治~大正時代に活躍した名士がたくさんいます。案内には次のように記されています。
< 開港とともに来日した宣教師の1人で神奈川成仏寺に3年仮寓、文久2年(1862)冬、横浜居留地39番地に移転、幕末明治初期の日本文化の開拓に力をつくした。聖書のほんやく、和英辞典のへんさん、医術の普及などがそれである。昭和24年(1949)10月記念碑が邸跡に建てられた。>

 
神奈川宿 ヘボン博士が施療所を開いた宗興寺 写真左は、ヘボン博士が施療所を開いた宗興寺にあるヘボン博士の石碑です。宗興寺は神奈川宿にあり、寺の周りには、住まいだった成仏寺、イギリス領事館、フランス領事館がありました。
 文久2年に起こった生麦事件の時には、博士が本覚寺のアメリカ領事館から呼ばれ、薩摩藩士に切られ、深手を負った者の手当てをしました。なお有名なリチャードソンは、薩摩藩士の一太刀、とどめを刺され、落馬して絶命しました。
 宗興寺の案内には次のように記されています。
< 開港当時、アメリカ人宣教師で医者であったヘボン博士がここに施療所を開いた。これを記念する石碑が境内にたてられている。
 このヘボン博士は、「ヘボン式ローマ字」でよく知られ、日本で最初の和英辞典を完成し、聖書の翻訳なども行った。後に、明治学院を創設するなど、我国の教育にも尽力した人である。> 写真下は、成仏寺です。
神奈川宿 成仏寺




南麻布光林寺に眠るシュースケンの墓 写真左は、東京南麻布の光林寺に眠るヒュースケンの墓所です。案内には次のように説明されています。
< アメリカ総領事ハリスの通訳兼書記官として、安政三年(1856)七月に下田に到着したオランダ人ヒュースケンは、その後安政六年江戸麻布善福寺にアメリカ仮公使館が設けられるに及び江戸に入り、ハリスの片腕となって、困難な日米間の折衝に活躍し、日米修好通商条約を調印にいたらしめ、また、日本と諸外国との条約締結にも尽力した人物である。
 万延元年(1860)十二月、ヒュースケンは日本とプロシアとの修好条約の協議の斡旋のため、会場であった赤羽接遇所と宿舎の間を騎馬で往復していたが、五日午後九時ごろ、宿舎への帰路、中ノ橋付近で一団の浪士に襲われ、刀で腹部等を深く切られて死亡した。
 墓はカトリック教徒のため土葬が必要であったが、当時御府内では土葬が禁止されていたため、江戸府外であった光林寺に葬られた。>

蛎殻銀座の案内板 写真左は、東京人形町に建っている蛎殻銀座跡の案内板です。案内板には次のように案内されています。
< 銀座とは江戸時代の銀貨の製造工場である銀座会所と、通用銀貨の検査や銀地金の購入などを扱う銀座役所を総称した組織でした。そしてその経営は幕府の直営ではなく、御用達町人に委託しました。
 江戸の銀座は慶長十七年(1612)に今の銀座二丁目の場所に置かれ、その百八十八年後の寛政十二年(1800)六月に,寛政改革の一つである銀座制度の大改正のため一旦廃止されました。
 その年の十一月、改めてこの人形町の場所に幕府直営の度合いを強めた銀座が再発足しました。
 当時この付近の地名が蛎殻町だったため、この銀座は人々から「蛎殻銀座」と呼ばれ、明治二年(1869)に新政府の造幣局が設置されるまでの六十九年間存続しました。>
 写真下は、現在の中央区本石町にある日本銀行本店です。この土地は、江戸時代、金座がありました。小判の製造はこの地で行われていました。今でも、金座通りとして名前を残しています。
江戸時代金座があった現日本銀行本店


高輪 イギリス公使宿館があった東禅寺 写真左は、東京高輪にある、イギリス公使宿館になった東禅寺とです。この寺も浪人から何回も襲われています。幕末、芝、高輪、品川あたりは外国人を狙った浪人が跋扈していました。この状況は、明治初期も変わりませんでした。新橋横浜間の鉄道敷設は日本人と外国人の交わりを極力少なくするためのものでした。
 このように事件を起こすことで、幕府の力が衰えていきました。

 写真下は、神奈川宿にあったイギリス領事館になった浄瀧寺です。
神奈川宿浄瀧寺にあったイギリス領事館の石碑


併せて読むと、幕末がよく理解できます。
エメェ・アンベール「絵で見る幕末日本」を読む
藤田覚「幕末の天皇」を読む
H.シュリーマン「シュリーマン旅行記 清国・日本」を読む
アーネスト・サトウ「一外交官の見た明治維新」を読む
渡辺京二「逝(ゆ)きし世の面影」を読む
宮本常一の「イザベラ・バードの『日本奥地紀行』を読む」を読む

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ


大君の通貨―幕末「円ドル」戦争 (文春文庫)大君の通貨―幕末「円ドル」戦争 (文春文庫)
(2003/03)
佐藤 雅美

商品詳細を見る
名作を読む一 日本を語れる日本人になる名作を読む一 日本を語れる日本人になる
(2013/03/12)
数学道場・作文道場

商品詳細を見る

<数学道場・作文道場からのお知らせ>

作文添削指導 4回10,800円 送料無料

 社会で成功する法則はありませんが、失敗する法則はあります。人と上手に交わることこそチャンスに巡り会うことが出来ます。成功の鍵はコミュニケーション力であり、伝える言葉であり、相手の意見に耳を傾けることです。コミュニケーションとは要領よく立ち居振る舞いすることとは全く違います。話す言葉で相手はあなたの力量をはかり判断します。
 資格試験を修得すればそれだけで事が進むということはありません。資格試験を賢く用いるためにはソフトスキルが必要です。ソフトスキルとは、コミュニケーション力、語学力などを指します。
 ソフトスキルを鍛えるためには、文章を書くことが必要です。文章が書けない人が人前で論理的に話すことはできません。文章を書く上での正しい形を覚えるにはやはりいい文章を読んでみることです。いい文章をたくさん読むと自然にいい文章の形が頭に残ります。
 古典といわれる「名作」ほど私たちにいい文章を提供してくれるものはありません。「名作」をじっくりと読み、そしてそれの読後感を書くことで、読解力、表現力、思考力が身に付いてきます。書くことにより、話すことばが洗練され大きく変化していることに実感することになります。


名作を読むiOSアプリ名作を読むiOSアプリ
 日本文学・世界文学の中からたいへん有名な名作の感想文を載せました。まず、感想文を読んでから、名作そのものを読むことをおすすめします。名作というのは長きに渡って読む継がれたもので、人類の財産といってもよいものです。名作を読むと教養が身に付くだけでなく、心を豊かにしてくれます。名作は未来永劫光り輝き続けます。この世に生をうけて、名作を読まないのは寂しいことです。
 「名作を読む」は今回が第一弾ですが、これからも継続していきます。


テーマ : 歴史・時代小説 - ジャンル : 本・雑誌

Tag : 佐藤雅美 大君の通貨 円ドル戦争

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)